春を迎えて


→pixivで見る

先月より、7年ぶりの抑うつに襲われています。
原因は人的環境から来ているものなので、自分一人の力で解決できる問題でもありません。
病院や福祉施設に足を運びつつ、今にも崩れそうな積み木を少しずつ補強している毎日です。

久々の本格的な抑うつなのですが、今回は不思議と冷静です。
以前のような不安や焦りが無いのです。
セルトラリン(抗うつ薬)を処方されているおかげでもあるのですが、ここ7年ばかりの間に積み上げて来た知識や経験が活きていることを実感しています。

抑うつの診断名しか出ていなかった頃は、とにかく自分自身を責め続けていました。
コミュニケーションの問題も、降りかかるトラブルへの対処も、全て自分自身の力で乗り越えないといけないと思っていました。
「健常者」を演じ続けることにエネルギーの大部分を注いでいました。
至らぬ自分を責めては、周囲の人とのトラブルに怯えて暮らす毎日でした。

7年前の抑うつの時に、ほっとハウスの職員さんに連れられて診てもらった病院で、「広汎性発達障害」と診断されたことから、それまでの生活は大きく変わることになりました。
それは、今までの苦労がゴールしたという意味ではありません。
ようやくスタートラインに立てたのです。

都合が良い時だけ「健常者」を演じれば良いと割り切って、自分自身の特性を受け入れる覚悟を決めました。
そして、社会に馴染めないでいる自身の特性について必死に勉強しました。
ここ5年ばかりの間に発達障害を取り巻く環境は飛躍的に改善しました。
そのことも追い風になり、自分自身の特性を少しずつ理解し、受け入れることができるようになりました。

今は一種の「発達障害ブーム」のような時代です。
発達障害という診断名を求めて精神科医を訪れる人も少なくありません。
でもこれだけは言いたいです。
診断名が出ることがゴールではありません。
むしろ、そこからがスタートなのです。

発達障害という診断名さえあれば、世間が配慮してくれるという発想は間違いです。
どんな診断名が付こうとも、どんな支援が得られようとも、日々の生活と闘うのは結局は自分自身です。
自身の特性を冷静に理解し、社会とすり合わせていく努力をしない限り、いずれは社会から締め出されてしまいます。
もちろん、社会から離れて一人で生きていくというのも、一つの選択です。
でも、自分一人の力だけで自給自足で生きていけるほど強くないということも自覚しています。

必要な助けは求めたら良いのです。
でもそれは、与えてもらうばかりではないはず。
自分の気づかないところで何かを返しているはずなのです。
それは一体何なのか。
社会の中で生きていくということは、きっとそういうことだと思うのです。

今も毎日が勉強です。
でもそれは周りから強いられてする勉強ではなく、自らが望んで自らのためにする勉強です。
そして、日々少しずつ「成長」している自分に誇りを持っています。
今自分が冷静に抑うつを対処できているのは、そんな見通しが立っているからだと思います。

人生、死ぬまでが勉強と申します。
その言葉の意味を実感している毎日です。

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

新年のうごき


→pixivで見る

ミスティア・ローレライ
「静かな湖畔の森の陰から♪ 夜雀の歌う声がする♪
  いらっしゃいませ♪ 焼き八目鰻はいかがですか〜♪」




夜雀の屋台を発見した!
何をオーダーしますか?

→焼き八目鰻
→煮込み田楽
→伝説の雀酒

ちなみに我が家のおでんには鶏肉が入っています。
よく味の染みた玉子と一緒にご飯に載せて食べると、
普通の親子丼とはまた違った味わいで、ウマいです。



     * * *



20170108_001a.jpg

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

教会の庭先に出現した真新しいコンテナ。
今週から教会の会堂が改築工事に入るため、工事の間パイプオルガンを退避させるための仮設倉庫です。
少しの衝撃で壊れてしまうような代物だけに、移動距離に比例してリスクもコストも跳ね上がるので、安全かつ低コストな方法を選んだら、こうなりました

JRコンテナとも海上コンテナとも違います。
緊締装置がないので輸送用でないことがわかります。
フォークリフトで運ぶためのスリットはあるので、多少の移動は可能なようです。

業者さんが来て10分で設置して帰ったそうです。
道路とは高低差があり、斜面には電動車いすがギリギリ登れる程度のスロープがあるのみ。
クレーン車を使って運び込んだそうですが、わずか10分とはまさにこれぞプロの技というやつですね。(`・ω・′)



     * * *



20161228_001a.jpg

ほっとハウスの中にこっそり立ち上げた自称当事者活動スペース「河繰厨」。
年末の大掃除の時に、本棚を置く話から始まって、大規模な模様替えと相成りました。

文句や反対を唱えるのは簡単ですが、決して建設的な話にはなりません。
かと言って「長いものには巻かれとけ」では、僕たちマイノリティは決して幸せにはなれません。
強引な変革は後に続かないし、必ず反動が来るものです。
草の根のごとく、地の中に根を伸ばしていくことが肝要です。

僕たちがしないといけないことは二つ。
まずは、自分の考えや思いを心の中に仕舞い込まず、言語化すること。
そして、無理のない範囲の中で、自分にできることを実行してみることです。
仲間だとか成果だとかは、年単位の時間を経てようやく得ることができるものです。

本棚を置きたいと思ったのは、現在のほっとハウスに対する「提案と試み」です。
押し合いへし合い食事をしている利用者の現状を考えれば、供食スペースを改善するという試みは間違っていないと思います。
ところが食事対応に特化した結果、必要最低限の備品の他はすべて撤去されてしまい、食事以外の活動には完全に不向きな空間になってしまいました。
食事と喫煙のスペースこそ確保されていますが、それ以外は何もなくなりました。

何もしたくない人が相手なのだから、何も用意する必要はないという発想はあまりにも短絡的です。
食事以外の時間、一体何をして過ごせば良いというのでしょうか。
人間、暇を持て余すとロクなことをしないと申します。
妄想を膨らませて攻撃的になる人も居れば、暇つぶしに他人をからかって遊ぶ人も出てきましょう。

これらのことを指摘するのは簡単です。
職員さんだってとうに気づいています。
ではどうすれば解決できるのか。
そこで皆迷っているのです。
非難や中傷は憎しみ以外の何も産みません。
必要なのは、解決に向けて具体的に取り組む動きです。

そこで本棚を置いて自由に本を読める場所を「復活」させてみました。
少しでも時間を有意義に過ごせるようにという試みです。
もともと方向性としては間違っていないので、職員さんの賛同を得ることもできました。
自腹を切るつもりだった本棚も、備品として購入してもらうことができました。

しかも大掃除のついでにとばかり、模様替えすることになりました。
他に置き場所が無くて鎮座していたマッサージチェアが隣室へ移動し、
その代わりに隣室にあったソファーや座椅子が移動してきました。
物置代わりになっていた部屋が一挙にサロンルームに昇格した瞬間です。

KYOKAI喫茶を店じまいし、河繰厨として再スタートして約半年。
本当にありがたい話であります。( ;∀;) ウルル…



     * * *


20170101_3.jpg

今回のおまけ画像。
今年の年賀状はこんな感じになりました。(´・ノω・`)コッソリ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

入稿しました!


→pixivで見る

比那名居天子「まあ、コミケとは全く関係ない話なんだけどね。そもそも同人誌じゃないし。くすくす。」

天子タソが挑発してきました。
どうしますか?

→無視する
→無視する
→無視する



天子:(´;ω;`)ブワッ



     * * *



20161202_001.jpg

同人誌じゃないけど、入稿してきました。
ほっとハウスが年2回発行している「とうがらし通信」です。
前回、担当スタッフの急な退職でピンチヒッターを引き受けた訳なのですが、今回は応援から代用に昇格した模様です。

前回の突然の丸投げとは違い、今回は企画段階から引き受けることになりました。
ごく限られた常連さんからしか投稿を受け取ることができなかった前回を反省として、より多くの利用者から投稿が集まるように特集企画を立案する等の工夫をしました。
利用者の大半は相変わらずの無関心ではあったものの、職員さん側の新しい担当スタッフの尽力もあって、投稿者を大幅に増やすことができたのは何よりの成果です。

ただ、慣れない者同士が集まってやってることなので、不慣れや不手際もあって入稿時のドタバタぶりも相当なもの。
師走のクソ忙しい時期にアポなしで印刷屋さんへ突入して納期対応に泣きついたり、ページ数の確認ができていなくて刷取見本を受け取って大慌てしたりする等の場面もありましたが、どうにか無事に印刷に入ることができました。
印刷屋さんからの納品が無事に完了したとしても、今度は発送準備で一週間ばかり蟹工船するのは確定済みなのではありますが、どうにかクリスマスまでに発送が完了できますよう今はただただ祈るばかりです。

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

東九条マダン

20161103_003a.jpg

最近11月第一日曜日の開催が続いていた東九条マダンですが、今年は久しぶりに11月3日の開催となりました。
http://www.h-madang.com/

ほっとハウスは祝日も通常開所が原則です。
日常的に職員さんの手が足りない中、通常開所とマダン出店の両立は難しいですから、一度は出店見合わせの方向で話が進んでいました。
しかし間もなく25周年を迎えるほっとハウスは、開設当初から東九条とは非常に深い縁があります。
職員さんの手を借りずにでも出店をしたいという強い要望がメンバー(登録利用者)側から上がりましたので、有志を募って出店することになりました。



結局のところ、東九条マダンへの参加を希望するメンバーが多く、ほっとハウスの昼食を仕出し弁当で代替することで職員さんの数を確保することができましたので、いつものように職員さん支援のもとでの出店という形に落ち着きました。
ただ、一連の経緯で申し込みが遅れたために飲食物販売の許可を得ることができず、今回は手芸品等の物品販売のみとなりました。

夏季と冬季の端境期にあることから、寒い日になるか暑い日になるかの判断が難しく、特に飲料販売では難しい判断を迫られるのが常の東九条マダン。
今年は晴天にこそ恵まれたものの、冬型の天候の影響を受けることになりました。
晴天のおかげで清涼飲料もそこそこ売れていましたが、日が陰ると風が冷たく、温かい飲食物のニーズは大きかったです。
ホットコーヒーの販売を望む声が内外からあり、来年こそは飲料販売を復活させたいと皆で画策しているところです。

20161103_006a.jpg

おまけ画像その1。
すじ肉の串焼きです。( ̄¬ ̄*)じゅるぅ

20161103_007a.jpg

おまけ画像その2。
チヂミとサービスで添えられた豚キムチです。ヾ(*´∀`*)ノ

20161103_008a.jpg

おまけ画像その3。
韓国風の巻き寿司、キンパです。(*´ω`*)

20161103_009a.jpg

おまけ画像その4。
ホルモン味噌焼きうどんです。○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

麦酒が欲しくなる料理のオンパレードですが、会場内は禁酒&禁煙です。
店の売り子もありますから、もちろん我慢の子です。
ここは素直に本場の味わいを堪能することに専念するに限ります(涙)

ごちそうさまでした。(ー人ー)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

大きなコミュニティの中の小さなコミュニティ



16日(日)の午後、西小倉めぐみ教会・研修センターにて、
学習会「ほっとハウスの仕事 ~精神障害者が必須とする介護とケースワークとは~」
(主催:西小倉めぐみ教会・研修センター、共催:フリースペース「おやすみ」)
が開かれ、ほっとハウス所長からの発題がありました。

精神科病院に40年間入院し続け、東日本大震災を契機に60歳にして地域の中での暮らしを始めた男性の半生と今の姿を15分程度にまとめたビデオを視聴した後、ほっとハウス所長からの発題に移りました。
この国では、隔離収容主義から地域で暮らす方向へと舵が切られるようにはなったものの、いわゆる先進国と呼ばれる国々の中では大きく後れをとっており、病院から出ようにも地域に受け皿となる施設や制度が十分に整っていない日本の精神科医療の現状についての説明がありました。
そして、ほっとハウスを利用する当事者の現状と、地域の中で暮らすことを支援するための様々な取り組み、今後の課題や展望などについて話されました。

ほっとハウスからも3名の出席がありました。
普段、なかなか教会の方々と話をすることがなかったこともあって、お互いの立場を越えて思いを交わし、積極的な話し合いができた貴重な時間となりました。

http://hottotougarashi.wixsite.com/main/single-post/2016/10/17/%E5%AD%A6%E7%BF%92%E4%BC%9A%E3%80%8C%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%80%8D


     * * *


上のリンクをクリックするとモザイクが外れる仕様となっております。(゜゜)☆\(ーー;バキッ

喧嘩を売りに行った訳ではありません。
表面的な活動の方向性の違いで摩擦が大きくなっていた矢先だったので、ここ最近の急激な動きの背景にあるものを知る良い機会だと思い、純粋に話を聞かせてもらうつもりで出席させてもらった次第です。
質疑応答の時間も、会の趣旨を尊重すべく沈黙を決め込むつもりでいたのですが、ほっとハウス側からの参加者のコメントに触発されて、結局いっぱい喋っちゃいました。

結局のところ、これは全て正解だったのです。
ほっとハウスとしては、全員が一つの方向を目指して同じことをするというのは、ほっとハウスの「やり方」ではないこと。
教会としては、障害を持つ当事者が自主的に「憩いの場」を開設するという趣旨にこそ賛同していたこと。
そして、ほっとハウス内から自発的にコミュニティが誕生し、当事者主体の伝統が引き継がれていることを表明できたこと。
さらには、教会員の方々にも精神的な障害を持つ家族が居り、ほっとハウスの存在が大きな支えとなっていること。
これらを意見交換することができて、双方にとって非常に貴重な機会となりました。

ほっとハウスを一つのコミュニティと限定して考えてしまうから、内包する衝突を回避することができなかったのです。
一人ひとり違う疾患を抱え、一人ひとりが違う問題を抱えている者同士なのだから、一つの大きなコミュニティにまとめ上げて、全員が同じ方向を目指すことにこそ無理があったのです。
たくさんの小さなコミュニティがあって良いのです。
ほっとハウスという大きな枠の中に存在する、いくつかのコミュニティの中を、その時その時に合わせて自由に行き来できるのが、一番の理想なのです。
(本来は、そういうコミュニティが地域の中に無数にあるべきなのです!)
所長が提示している話を、ほっとハウス全体の話と捉えるか、特定のコミュニティの話と捉えるか、実はメンバーである僕ら一人ひとりにフィードバックされる話だったとも言えるのです。

もし自立したコミュニティを当事者自身の手で維持継続できるのであれば、それは所長の計画に追随する必要がないことを意味します。
むしろ、それが当事者運動の一番あるべき姿なのです。
その機会を与えられているということを確認できたことは、僕にとって一番の収穫でした。
そして、それは僕個人の要望ではなく、それに賛同して参加する人が現実に集まっているということを再確認できた貴重な場となりました。


     * * *


20161016_001.jpg

今回のおまけ画像。
学習会の前に頂いたお昼ご飯です。

この日、自分の教会の礼拝に出席してから学習会に参加するのは時間的にシビアだったので、朝から西小倉めぐみ教会に伺わせて頂き、主日礼拝から参加させて頂いたのです。
ほっとハウス創設にも関わったT牧師の話を聴かせて頂く貴重な機会にもなりました。

うちの教会では、教会員全体の高齢化への配慮から昼食は省略もしくは市販の弁当に置き換わって久しく、教会で頂くうどんは本当に久しぶりです。
デザートにコーヒーゼリーも頂きました。
どちらもとても美味しかったです。
ごちそうさまでした。(ー人ー)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク