Merry Christmas !



今年は、1/7の確率で巡ってくる貴重なクリスマスを迎えました。
なんとクリスマス当日に、クリスマス礼拝が持てるのですから!
http://budounoki.blog67.fc2.com/blog-entry-508.html

普段は12月25日の直前に当たる日曜日に、クリスマス礼拝を済ませてしまいます。
専属の教師が居る教会などまだ良い方で、当番で巡回する教会なんかでは、もっと早い週にクリスマス礼拝が終わってしまうなんて話も…。

20161225_003.jpg

クリスマスこそはメジャーな存在となりましたが、肝心のキリスト教の方は、この国ではやっぱりマイナーな存在。
この国では比較的メジャーな存在である仏教であっても、集落に溶け込むように建つ小さなお寺は、存続すら危ういご時世です。

無神論を否定するつもりはありませんし、むしろ哲学として非常に興味があります。
でも、本当の意味での無神論を理解している人が、なんと少ないことか。
信仰の対象が「目に見えないもの」から「目に見えるもの」に変わっただけで、実はお金やモノ、あるいは周囲の人間にすがって生きていることに気づいていない。
本来の無神論はもっと禁欲的であり、人間としてのイエスやブッダの生き様に近いものがあります。

人はもともと何かに依存しないと生きていけない存在です。
ストイックな生き様には憧れますが、そんな強い人間になれる自信は少なくとも僕にはありません。
だからこそ、何かに依存して生きていることを告白し、日々の暮らしの中で堂々と依存すれば良いと思うのです。
その自覚があればこそ人は自らの過ちに気づくことができるし、他人の過ちもまた許すことができるようになると思うのです。

20161225_006a.jpg

クリスマス礼拝に続いて持たれる愛餐会で、うちの教会では伝統的にカレーライスを頂きます。
それはきっと、大きな一つの鍋から取り分けることに意味があると思うのです。
鍋の中身はみんなの持ち寄りです。
現物での持ち寄りは難しいので現実には会費という形を取りますが、基本は持ち寄りの精神です。

ブラック企業がはびこり、福島や沖縄に象徴される「国家による搾取」が横行するような時代にあって、一つの鍋に材料を持ち寄り、分け合って食べることの意味は大きいと思います。
願わくば、これが教会の中だけでなく、広く社会の隅々にまで行き渡ることを願います。

20161225_007a.jpg

これも最近定番化しつつある塩バニラのロールケーキです。
そして添えられたバニラアイス。
口の中に広がる甘美な味わいを堪能した後、コーヒーが良い仕事をしてくれます。

どこの業界も高齢化が深刻なテーマになっていますが、うちの教会もまた同様です。
「来年もクリスマスが迎えられるかなぁ。」という言葉がリアルすぎます。
見えざるもの、言葉で言い表すことのできないものが司る領域に口出しをするつもりはありませんが、願わくば来年も無事にクリスマスを迎えられたらと願います。

皆さま一人ひとりの上に、大きな癒しと恵みが行き渡ることを切に祈ります。
Merry Christmas !

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

教会バザー



13日(日)は、今回で12回目になる被災地復興支援バザーでした。
年2回開催なので、6年目ということになります。
秋のバザーは、以前は保育園保護者会が主体となり保育園と教会が共催という形をとっていたので「三者合同バーザー」という名称で呼ばれていたものです。
新会堂建設で教会と保育園が完全に分離したので、今は個別での開催となっていますが、同時開催になるように日程を調整しているので、相互に行き来できるスタイルで伝統が引き継がれています。

20161113_006a.jpg

今回も食券売りをやらせて頂きましたが、前回の反省から今回は体制に変更がありました。
前回までは食券売りに併せて、各テーブル上で販売していたケーキ類の代金徴収も担っていたのですが、お客さんを部屋中歩き回らせることになりますし、代金の徴収漏れも発生していました。
そこで、今回からケーキ類の販売コーナーを別に設けて様子をみることになりました。

また、これまで単券で用意していた食券をミシン目線で切り離せる綴り券に変更して、慌てずに正確な枚数を渡せるように工夫しました。
これらの変更のおかげで、僕自身は事前の準備こそは手間でしたが、当日は随分と落ち着いて仕事することができました。
ただ、ケーキ類の販売コーナーを担当をされていた方が予想以上に大変だったと話していたので、次回以降の再検討の余地はありそうです。

20161113_009a.jpg

被災地復興支援バザー名物、福島のお米を使ったチキンカレーです。
中辛と甘口が用意されていたので、僕は迷わず中辛をチョイス。
販売終了間際の落ち着いている時間帯に、まったりと味あわせて頂きました。
レシピを調整した上で持ち寄りで作り最後に大鍋で合体させるカレーは、お店で食べるカレーとも家で作るカレーとも違って、奥深い優しい味わいです。
ごちそうさまでした。(ー人ー)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

被災地復興支援バザー

20160612_001.jpg

昨日11日(日)は、教会の被災地復興支援バザーでした。
今回の天気予報も「夕方から雨」の予報。
なんともデジャブな条件設定でございます。

午前中だけでも晴れてくれれば、売り上げはそれなりに確保できる訳でありますが、やはりバザー終了まで降らずにいてくれる方が嬉しいです。
参加者一同の「日頃の行い」と、主なる神さまの「御旨と導き」に期待するばかりであります。

20160612_004a.jpg

粛々と準備を進め、バザー開始の時刻を待つばかりとなりました。
にっこりフェスタの時と違い、気温の割には湿気たっぷり。
それでも雨が降らないのは幸いです。

午前11時の定刻を迎え、いよいよバザー開始。
蒸し暑さのおかげか、冷たいドリンクが比較的よく出ます。
大きな波もなく、客足は割とコンスタント。
販売する側としては、随分と助かります。
からりとした晴天は気分的にも嬉しいものですが、こういうのも有りなのかもしれません。

どうにか天気は持ちこたえ、午後2時のバザー終了を待っていたかのように雨が降り出しました。
いよいよもって、先日のにっこりフェスタと同じようなシチュエーションです。
なんとも不思議な展開でございます。(;´∀`)

20160612_005a.jpg

本日のお昼ごはん。
当バザーの定番メニューであるチキンカレー(300円)を頂きました。
今回も食券売りに専念していたので、昼食は客足が引いたバザー終了間際となりました。
普通に食べても美味しいのですが、一仕事終わった後なので味わいも格別でした。
ごちそうさまでした。(ー人ー)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

ホワイトなクリスマス



今日、教会のクリスマス礼拝がありました。
もちろんクリスマスそのものは12月25日ですが、直近の日曜日にクリスマス礼拝を守る教会が主流です。
クリスマス休暇の制度がない以上、しかも年末の繁忙期にそうそう勝手に休めませんからね。(;´∀`)

代わりに、12月24日の夜にキャロリングなどを実施する教会も多いです。
うちの教会でも、24日の夜にクリスマス祝会を予定しています。

20151220_008.jpg

今年は暖冬になるらしく、流石にホワイトクリスマスは無理だろうなんて言っていたのですが…。
なんとまあ、とってもホワイトな朝を迎えました。

主に霜的な意味で。

これはこれで爽やかな朝となりましたから、良しとしましょう。

20151220_009a.jpg

クリスマス礼拝の後は、愛餐会です。
恒例のカレーライスを頂きます。

バザーの時もカレーライスだったんじゃないかって?
あれはチキンカレー、今回はビーフカレーです。
そもそもカレーライスが好物な人なので問題ありません。(。-∀-) ニヒ♪

20151220_010a.jpg

突如、空から贈り物が舞い降りて来ました。
なぜかサラダが大盛りに化けました。((*ノ∀`))クスクス

野菜いっぱい食べないとね。
野菜いいですよね、野菜。
野菜好きなので、これは嬉しいプレゼントです。(・∀・)

これが本当のクリスマスプレゼント??

20151220_011a.jpg

食事の後には、やはり恒例の塩バターロールケーキです。
塩バター美味しいですよね、塩バター。ヾ(*´∀`*)ノ

20151220_012a.jpg

そしてやっぱり何か増えてるし(笑)

先週の子どものきょうかいのクリスマスで余ったアイスクリームのお裾分けです。
今年はクリスマスプレゼントがいっぱいです。○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

皆様も、どうぞ良いクリスマスをお迎えください。

Merry Christmas !

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

教会バザー

20151108_001a.jpg

やはり奇跡は続かないものです。
昨日8日(日)の教会バザー
先週の東九条マダンの時と同様に、週間予報で雨マークが付いていた訳ですが、今回は物の見事に雨に降られてしまいました。

しかも「曇り時々雨」なんて中途半端な代物ではなく、そりゃもうガッツリと。
おかげで、前日から組んであったテントが夜の間に崩壊。
3脚あったテントのうち2脚に至っては、復旧どころか修繕すら困難な有様で、廃棄しないといけなくなりました。

バザー当日の朝は、もともとの準備に加えて復旧作業も重なり大変な状況に。
商品が無事だったのが何よりの救いです。
屋外会場の設営をやり直さなくてはいけなくなりましたが、どうにかバザー開始時刻に間に合わせることができました。

昨年は園舎の建て替えのためにお休みしていた保育園バザーも今回から復活なので、開始時刻を遅らせる訳にはまいりません。
実際、保育園バザーの関係者も続々と来場されるので、これで雨でも降られていなければ、とても対応しきれなかったかもしれません。

でも、そもそも雨さえ降られなければ、最初からテントも崩壊しなかった訳で…。
世の中って、こんなものなのかもしれないですね。(´;ω;`)ブワッ

20151108_005a.jpg

テントのことを書きましたが、僕の担当は食券売り。
商品やテーブル類の運び出しを手伝うのが精一杯で、自分の担当の準備も済ませたら午前11時ギリギリでした。

例年であれば正午過ぎにピークが訪れるのですが、雨天のために保育園の屋外会場の方も変更を余儀なくされたようで、いつもと違った流れとなりました。
一日を通してみると、開始から終了までコンスタントにお客さんがお見えになられた印象です。
激しい混雑もなく、途切れることもなく、適度のタイミングで食券が売れていくので、食券売りとしては有り難い限りです。

なので、自分の昼食は午後2時の閉店後となりました。
予想以上の売れ行きで、とうとう食券が足りなくなってしまったのですが、商品の方がギリギリ足りたのが幸いです。
まあ、足りなくなったと言っても5枚だけですし、その頃になれば客足も減って口頭でも十分対応出来る状況でしたから。(  ̄ノ∀ ̄) ヒソヒソ

今年も美味しいチキンカレーを頂くことができました。
ごちそうさまでした。(ー人ー)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク