4月の献立表



サロンにて、運営母体のYさんが「折角だから車椅子に乗ってるとことか描けないかなぁ?」と申しますので、ちょっくら描いてみました。
そもそもYさん自身が電動車椅子を常用されておられる方で、下手なものを描くとお叱りを受けそうなので、資料とか漁りまくってどうにか仕上げたのですが、早速「このグリップの角度だと介助者が持ちにくいんじゃない?」とツッコミが入りました。
やはり日常的に使っている人の眼は厳しいですね。(;´∀`)
基本的には喜んで頂けたようなんですけどね♪

「500円(1作品につき)出すから、もっと描いてくれないかなぁ?」
って、おっしゃって頂いたのですが、気が向けば描くのは描くけどお金は要らないと答えました。
だって、お金をもらえるほどの技量もないし、そもそも就労も満足にできない今の状況では、明らかに荷が重すぎますからね。。。
「え~。お金要らないなら、オレもアレコレ言えないじゃんか~(笑)」
こうして明日の平穏は守られたのでした。( ̄ー ̄)ニヤリ

20110330_001a.jpg

本日のサロンのお昼ごはん。

○ごはん
○オニオンスープ
○スクランブルエッグと野菜の炒めもの
○かぼちゃのナッツ和え


そして、来月の献立表です。(  ̄ノ∀ ̄) ヒソヒソ

20110330_2.jpg

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

3月最後の日曜日



【本日の教会週報より】

○東北地方太平洋沖大地震 支援募金のお願い
受付に募金箱を置いています。受難節を覚え1日100円づつ貯めて毎日曜日にささげる等の方法もあります。募金は教団の長田活動センターを通して被災者支援に用いられます。ご協力をよろしくおねがいします。
東北教区センター「エマオ」内に東北教区被災者支援センターが3月15日設置されました。試験的にボランティアの受け入れを行い、その後受け入れの呼びかけを広げていくことになるとのことです。

日本基督教団 兵庫教区 被災者生活支援・長田センター
http://www.nagata-center.net/

日本基督教団 東北教区 被災者支援センター
http://ameblo.jp/jishin-support-uccj/


20110327_2.jpg

先週より、ぼちぼちと募金+αを続けております。
支援はまだまだ始まったばかり。
長丁場に備えて、息切れしない程度に根気よく支援を続けてまいります。(`・ω・′)キリッ

和歌山地方気象台が、本日27日午後、和歌山市で桜が開花したと発表しました。
日本気象協会における、京都市の桜の予想開花日は3月29日。
そして天気予報によれば、今週は日を追うごとにぐんぐん気温が上がります。

保育園の園庭に植えられている木蓮が満開になっていました。
桜舞う季節は、もうすぐです。○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o

テーマ : 私たちにできること
ジャンル : 福祉・ボランティア

リハビリ橙



よく耳にするけど、実はよく分からない単語ってありますよね。(´・ω・`)

【ベクレル】
1秒間に1つの原子核が崩壊して放射線を放つ放射能の量。

【シーベルト】
吸収線量(グレイ=1キログラムの物質に1ジュールの放射エネルギーが吸収されたときの吸収線量。)に放射線の種類ごとに定められた放射線荷重係数を乗じて算出した線量当量。
※生体(人体)が放射線を受けた場合の影響は、受けた放射線の種類(アルファ線、ガンマ線など)によって異なる。


今朝のFMラジオ番組で、この2つの単位について、こんな風に説明していました。

放射能の量はベクレル、人体への影響はシーベルトで比較してやる必要がある。
この2つの単位は、お金にたとえることができる。
520円のお金がある場合、それは500円硬貨1枚+10円硬貨2枚のこともあれば、100円硬貨5枚+10円硬貨2枚のこともある。
シーベルトを金額にたとえるならば、ベクレルは硬貨の数や重さにたとえることができる。


なるほど! Σ(・ω・`)

特にテレビとかって、数字ばかり強調して、それが一体何を表しているものなのかという説明がなおざりになっていることが多いのですよね。
今回のように毎日連呼しているような状況であれば、言ってる側は「最初に説明した」つもりであっても、一から十までテレビを見ている人なんてそうそう居ないのだから、結局のところ数字だけが印象に残ります。
言葉が一人歩きしだすと、決まって話が変な方向へ膨らんでしまうものなのですが、果たしてテレビ局の人たちは気付いているのでしょうか? (o・ω・)(・ω・o) ネー

   * * *

5日近くテレビの前に釘付けになって、知らず知らずのうちに精神的ダメージが蓄積していたことに気付いたのが丁度1週間前のお話。
これではいけないと積極的に戸外に出るようにしたら、気分がかなり楽になりました。
こういう時こそ不用意にテレビに近づいたらあかんのやなと反省。

抑うつが軽くなってきたので、2週間ぶりにお絵描きしてみました。
橙かわいいよ橙。(*´ω`*)

20110323_001a.jpg

本日のサロンのお昼ごはんです。

○ごはん
○わかめスープ
○野菜のひき肉あんかけ
○もやしの和えもの


世間では自粛ムードが広がりつつありますが、その分のお金が義援金に回るならともかく、単にお金が動かなくなるだけなのであれば、それは復興支援にもマイナスとなります。
東日本がピンチなのであれば、その分もひっくるめて日本経済を下支えするのが我ら西日本の役割です。
なので敢えて今年も花見は敢行します! (`・ω・′)キリッ

とは言ってみたものの、花粉症持ちの身に戸外の空気は毒。
サロンにて協議した結果、ヒノキ花粉も落ち着くであろう5月に花見を開催することになりました。
桜も散ってしまっているだろうからと候補に挙がったのが、ひらかたパークのバラ園。
花見に飽きれば遊具もあるし、これはナイスアイディアかと思われたのですが、費用が高くつくことと、行き帰りも少々面倒なので、ここで再考。
今は京都府立植物園に行こうかという方向で話が進んでおります。
地下鉄烏丸線で乗り換えなしだし、障害者手帳持ってたら入園料タダだし。(。-∀-) ニヒ♪

   * * *

その花粉症のことなんですが、今年はあれだけ騒がれていたのに、不思議と楽なんです。
一言で表現するならば「鼻で呼吸が出来る程度」。
花粉症に苦しむ身であれば、これがいかに素晴らしいことか理解して頂けるかと思います。
2月からマスクしてたのと、甜茶を飲み続けてきたおかげでしょうか。
やっぱり、予防って大事ですよね。(゚Д゚)ノ ァィ

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

教会での支援活動について

20100403_1a.jpg
→pixivで見る

東北地方太平洋沖大地震の発生より10日目を迎えました。
教会では緊急の支援活動がスタートしました。

教団京都教区では「地域の復興なくして教会の復興はありえない」を合い言葉に、まず特に被害が大きかった東北教区・奥羽教区・関東教区の3教区に対して、教区会計より緊急に150万円を送りました。
そして同じ関西にある大阪教区・兵庫教区と連携を図りながら、中期・長期の支援体制を組むことになりました。

阪神淡路大震災の復興支援等の実績を持つ兵庫教区「被災者生活支援・長田センター」が窓口となり、13日に長田センター主事をはじめとする3名を被災地へ派遣し、支援に向けての状況把握と救援体制の確立をスタート。
同時に緊急の募金活動を開始しました。

郵便振替口座:00990-2-22079
兵庫教区・被災者生活支援・長田センター

※「東北地方太平洋沖大地震地震救援支援募金」と明記してください。

長田センターでは「被災者に直接届く支援」を目指し、人的な派遣も含めた支援体制の構築を進めています。
なお、これは他の支援組織と平行しての活動でありますので、既に他の組織を通して支援をはじめておられる方は、このまま支援を続けて頂ければと思います。

20110320_001a.jpg

教会では、まず受付に募金箱を設置しました。
集まった募金は、上記の通り被災者生活支援・長田センターを通じて支援活動に使います。
これと平行して、会堂や教会員宅の空き室を活用して、被災地より避難されて来られた方を集団もしくは家族単位で受け入れることも検討しています。
いずれも緊急措置であり、支援体制が整いましたら、さらに長期的な視点での支援活動にも取り組んでいきたいとしています。

僕も早速に募金をはじめました。
1回ではなく、毎週続けていくつもりです。
最初に飛ばしすぎると力尽きてしまうので、無理のない範囲で時間をかけて支援していきたいと思います。

テーマ : 私たちにできること
ジャンル : 福祉・ボランティア

7×7×3=147

20100307_1a.jpg
→pixivで見る

居心地の良さを計る指数に、猫度と呼ばれるものがあります。
猫度が高い家ほど、人にとって優しい家とされます。
その数値は、集まってくる猫の数によって測定されます。

最近になって家の庭の隅に、知らない猫が住みついた模様です。
我が家では既に猫を飼っているのですが、もともと家から出さないようにしているので、今のところ目立ったトラブルは起きていません。
さりとて、ここで子猫を産んだりとかされれば、見知らぬ猫とはいえ放っておけなくなりますから、さてどうしたものかと思案中です。

軒先にこしらえられたツバメの巣には、春になるとツバメの一家が戻ってきます。
今年も帰ってきてくれるかなぁ。。。

20110318_003a.jpg

今日は、いつものように京大病院で診察を受けて帰ってきました。
特に変わったことはないのですが、来月は担当医師の出張やゴールデンウィークも重なるので、次回の診察は7週間後となりました。

という訳で、今回は49日分の薬を受け取って帰ってきました。
その数、147錠。
障害者自立支援の受給者証のおかげで、薬代も1割負担で済みましたが、もし3割負担のままなら財布の中身が非常にヤヴァいことになっていました。

いつになく大量の薬を持って、作業所に戻ってきた訳ですが。。。
「へへへ、俺なんて1日35錠だもんね♪」
オイラ、まだまだ初心者レベルなんですね。。。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブ

20110318_002a.jpg

…おや?
誰か来たようです。( ゚Д゚)

テーマ : 日々の出来事
ジャンル : ブログ

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク