ひとのつながりは宝物


→pixivで見る

チルノ「ひとのつながりは宝物なんだよ♪」

   * * *

1月22日に開催された「COMIC CITY 福岡 28」にて
シュウ(低音)さんが頒布されたフルカラー画集
「syu illust works -My Favorite Things-」の中で、
この不肖かずや(京ヤワ)がゲスト投稿させて頂くという、
なんとも光栄かつ貴重な機会を頂戴してしまいました。
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル 

「画集を出します!」
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=24303151



おいらの…
  拙い絵が…
     本当に…
       掲載されちょる…。
           (((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル



シュウさん&関係者のみなさま、ごめんなさい。( ;∀;)

そして、ありがとうございます! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o



20120122_5.jpg

   * * *

来週より、宇治市内にある精神障害者のための就労移行支援施設に体験入所させて頂くことになりました。

一般に就労支援施設と言うと、共同作業所のように障害者に仕事を提供する場所というイメージがありますが、これは障害者自立支援法では「就労継続支援事業」と定められています。
一方の「就労移行支援事業」とは、一般企業等での就職の橋渡しをするための施設です。
就労訓練、職場実習の後、ハローワークと協力して就職先を探し、就職後も、継続してフォローをしてくれるという施設です。

就労継続支援施設と比べると、就労移行支援施設の数はうんと少なく、京都府内にはまだ数施設しかありません。
先日、見学にお邪魔させて頂いた時には、利用者の方が手提げ紙袋の組み立てと網戸の角当ての組み立てをされていたので、もしや、就労経験がない人のための施設なのではないだろうかと不安になり、後から質問させて頂いたのですが、この施設は、ハローワークの職業訓練のように技術を習得する場所でもなければ、ハローワークの代わりに就職を斡旋する場所でもなく、個々の利用者の特性を見極め、それぞれに持つ能力を十分に活かせる職場と橋渡しができるよう、まずは軽作業を通して、その人がどういう問題を抱え、どういうことを得意にしているのかをリストアップしていくのだそうです。
なので作業そのものが目的ではなく、あくまでも「分析のためのツール」だという説明で、実際の就労先は、個々人の能力や経験に合わせて多岐多様とのことでした。

障害者自立支援法に基づく利用者負担があり、月額9,300円と交通費や食費諸々は自己負担となります。
ただし、入所に当たっては市役所等での手続きが必要で、各種減免措置が適用されれば、自己負担はうんと少なくなります。
また、軽作業等で発生する収益も、実際の作業時間に応じて利用者に分配されるそうです。

まずは「お試し通所」ということで、来週より4回ほどお邪魔してきます。
妙に気合いを入れて「はたらくおじさん」を演じちゃうと、せっかくのチャンスなのに支援を無駄にしてしまうことになります。
肩の力を抜いて、まずは雰囲気に慣れることから始めていきたいと思います。
そうでなくても、実際に手足を動かす段になると「スイッチが入っちゃう人」なんで。(;´∀`)

この施設は、毎週水曜日と日曜日にお世話になっているコミュニティサロンのスタッフでもあるKさんに紹介して頂きました。
Kさんと知り合えたのも、琵琶湖疎水沿いの猫屋敷の主こと、Tさんのおかげ。
「ひとのつながりは宝物」という言葉が、心に沁み入ります。(´;ω;`)

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

26000



朝の国道1号線…と言っても、枚方バイパスではなく、第二京阪道路(有料道路)と一体で建設された一般道路…通称「第二京阪の側道」と呼ばれている方の道路です。
写真撮影のため側道に寄っていますが、高架下に続く片側2車線の道路が本線です。
京都市内に入るとそのまま油小路通りに化けるので、十条油小路にあるコミュニティサロンとの往復に非常に重宝しています。

真上に見えるのが、その第二京阪道路です。
もう少し行くと京滋バイパスと交差しており、壮大な久御山ジャンクションが形成されております。
京滋バイパス全通前、完成した高架道路を使って「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の撮影が行われたことは、近隣住民にとっては周知の事実。
映画の中に、小さくジャスコ(現在はイオン)久御山ショッピングセンターの巨大看板が映り込んでいるそうなので、お暇な人は探してみてください。(´・ノω・`)コッソリ

20120118_001a.jpg

と言う訳で、26,000km記念写真。
京都府道15号宇治淀線との交差点の真上でHITするんじゃないかと冷や汗ものだったのですが、無事交差点を走り抜けた場所で数字が揃いました。
写真撮影は周囲に迷惑がかからぬよう、かつ安全な場所で行うのが鉄則ですから。(`・ω・′)キリッ

昨年は1月末に原因不明の下痢で1週間ばかり寝込んだので、身体を冷やさぬように用心してます。

E ママンからもらったリバーシブルのハーフコート
E Tさんからもらったスキー用の防寒ズボン
E 会長からもらった海釣り用のセーター
E 共同作業所でもらった厚手の手袋

周囲の人たちの「愛」によって支えられているとは、まさにこういうことなのですね。
あたたかいって素晴らしいですね! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

今年の年賀状


→pixivで見る

いつもは「正月三が日」にアップしていた年賀状画像ですが、今年は再投函や追加が多々あって、気がつくと「十日ゑびす」の話題が盛り上がる時期に。。。

とあるマイミクさんより
>>いつもみたいに「今年はこんなの!」って公開してください(^^)
という声を頂いたので、この機会を逃すといよいよアップし損ねるような気がしたので、何らかの事情でまだ届いていない方には申し訳ないですが、「見切り発車」でアップします。

ちなみに「見切り発車」とは、もともと鉄道用語の一つ。
その昔、戦争による疲弊と敗戦による混乱で鉄道輸送が危機的状況を迎えていた1940年代後半、深刻な車両不足と急増する乗客のダブルパンチで、都市部の通勤輸送は完敗寸前でした。
そんな中、省線(のちの国鉄、今のJR)では、「連動スイッチ」を切って電車を走らせるという荒技に出ました。

ここで言う連動スイッチとは、客用扉が全部閉まり、運転台の「戸閉め知らせランプ」が点灯した状態でないと、電車が動かないようにするための安全装置のことです。
通常ならば、車掌がドアを閉め、運転士がパイロットランプの点灯を確認して、発車となります。
(現在は、さらに車掌からの電鈴やブザーの合図によって発車させる鉄道社局も多いです。)
ところが、車外乗車やドアの破損が日常茶飯事な状況にあって、とても戸閉の確認をしていられるような状況でもありません。
そこで、車掌が笛を吹けば、運転士は信号の確認で発車。
ドアが開いてようがお構いなしで発車させるという寸法です。

今の時代から思えば信じられないような話ですが、当時はそうでもしなければ押し寄せる通勤客を運びきることができなかったのです。
割れた窓ガラスは板で塞ぎ、故障したモーターは外して他の車両に引っ張ってもらい、動けなくなった車両から使える部品を外して使い回し。。。
修理したくても部品はなく、新車の導入に至っては夢のまた夢という時代です。

復興が進み、社会全体が落ち着いていくにつれて、車両「数」だけはどうにか確保できるようになり、車外乗車もなくなっていきました。
連動スイッチを使った運行も可能となり、ようやく見切り発車は解消されました。

もう、あんな時代を繰り返してはなりません。



   * * *



めっさ前置きが長くなってしまいましたが、ここから年賀状のお話です。

今年は辰年です。
竜です。
龍です。

竜宮の使い、永江衣玖が真っ先に思い浮かんだのですが、サタデーナイトフィーバー…もとい、清楚なイメージが強すぎて、構図がどうにもまとまらず。

そこに現れた救世主。
片腕有角の仙人こと、茨華仙です。
龍の子を手懐けたりしているので、ちょうど良いかと☆

原作の「東方茨歌仙」が一話だけ「試し読み」できるので、興味のある方はどうぞ♪
http://www.ichijinsha.co.jp/special/toho_ibarakasen/

東方絡みで辰年キャラと言えば、衣玖さんと華仙さんが思い浮かぶのですが、他の方から頂いた年賀状を見て、もうひとり居たことを思い出しました。
中国…もとい、紅美鈴。
完璧に忘れてました。めーりん、スマン…。



ちなみに来年は巳年ですね。

蛇か。。。





あの方とか、あの方とか。





うふふ。。。



   * * *


おまけです。(´・ノω・`)コッソリ

20120101_2b.jpg

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

新年のご挨拶

20101128_1d.jpg

あけましておめでとうございます! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o

。。。実は今年、前厄なんですよね。(;´∀`)
前回の前厄の時は、足の骨にヒビを入れてしまい、ギプスを巻いたままの年越しとなりました。
その年は、大津の立木観音に厄除けのお参りをしていたのですが、果たして厄除けのおかげでヒビで済んだのか。。。

というのも、足を怪我したのは1994年のクリスマスの後片付けの時。
そして、ギプスが外れたのは1995年1月18日。
はい、阪神淡路大震災の次の日です。
あの時は、動かない足をかばいながら、必死になって本箱を押さえていたです。
自宅に目立った被害はなかったのですが、この時に地盤が緩んだらしく、徐々に家が傾いていき、8年後にジャッキアップで土台から修理する羽目となりました。

30日に高校時代の友人たちで「忘年会」をしたのですが、やはり厄年の話題に。。。
今は一応クリスチャンなので、厄除けに行くつもりはないと言いましたら、前回のは軽い方で今回の方が本番だとか脅かされもしたり。
でも所詮は酒の席。
しばらく盛り上がると、とっとと次の話題に移りましたが。(笑)

前厄うんぬんは別として、今年は社会復帰を目指して活動を本格化させたいと思いますので、激動の一年になることは間違いないです。
まあ、まずはちゃんと養生しないとね。
焦ってブラックな企業にでも捕まったら、それこそ目も当てられないし。(;´∀`)
種まきはちゃんとしてるですよ~。
詳細はまた、追々にでも。(´・ノω・`)コッソリ

焦らず、地道に、ぼちぼちまいります。
そんなこんなですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。m(__)m

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク