JR103系電車のドア音の謎


→pixivで見る

先週の金曜日の春のような暖かさが嘘のよう。
週末から一気に冬に逆戻りしたかと思えば、今朝なぞ空を舞う雪が。。。
「猫はこたつで丸くなる」と申しますが、彼女ならきっと大喜びで雪だるま作りに勤しんでいるものと思われます。

   * * *

本日は鉄ネタです。
しかも相当に読む人を選ぶ話かと。。。
無理して読む代わりに、
\ちぇぇぇぇぇん!/
とコメントしておいてくださると助かります。
10個ぐらい並んでいると、喜びのあまり悶絶する予定です。

20120227_001a.jpg

かつて「ニッポンのデンシャの顔」と言われたら、即座に思い浮かべるぐらいにメジャーな存在だった国鉄103系電車。
JR東日本とJR東海からは完全に姿を消し、今はJR西日本とJR九州に残るのみとなりました。
相次ぐ新型車両の投入で急速に数を減らしてはいますが、近畿圏ではまだまだ現役です。

先日、所用でJR奈良線を利用する機会があり、いつものごとくMT55モーターのサウンドを堪能していたのですが、何やら違和感が。。。
ドアが閉まる時の音が、どうにも腑に落ちないのです。

オリジナルの103系電車は、ドアが開く時には「シュゥゥゥ…ゴロゴロゴロ、ドン!」、ドアが閉まる時には「チッ! ゴロゴロゴロ、ドン!」という音がします。
開扉時の音は、初期の113系電車なんかと大差ないのですが、閉扉時の音は全然違います。
113系電車等の場合は、ドアが閉まる時にはエア音は出ません。
ドアが転がる音がするだけです。
理由は、開扉時にはドアエンジンのシリンダからエアが抜けるために「シュゥゥゥ…」という音がするのですが、閉扉時にはシリンダにエアを込めるだけなので、音はしないのです。

ちなみに、113系2000番台や201系電車はこれとは逆にドアが閉まる時にだけエア音がします。
走行中に何らかの事情でエアが抜けてもドアが勝手に開かないよう、103系電車とはドアエンジンを逆転させて取り付けているのだそうです。
また、115系電車など半自動ドアを装備した車両は、そもそもドアエンジンの構造が異なるので、開扉時にも閉扉時にもエア音がします。

さて、この日に乗った103系電車のお話ですが、開扉時は特にいつもと変化なし。
ところが、ドアを閉める時の音がなんとも妙なのです。
「ゴロゴロゴロ、ドン! チッ!」
…え?
最初、耳を疑いました。
ドアが閉まってから、遅れてエア音がするのです。
聞き間違いかと思って、次の駅でも耳を澄ませて聞いてみました。
「ゴロゴロゴロ、ドン! チッ!」
やっぱり、エア音の方が遅れて聞こえて来ます。

どうにも腑に落ちません。
今まで、閉扉時のエア音は、ドアエンジンにエアを込める音だと思っていました。
弁の構造か何かの事情で、エア込め時にも音が出るのだと思い込んでいました。
でも、明らかに、エア音の方が後からやってくるのです。

妙だ。。。
すごく妙だぞ。。。
103系電車よ、一体、何が起こっているのだ!?

すんごく気になったので、家に帰ってからネットを漁ってみました。
同様にこの現象に気付かれた方が居て、ちょっとした話題になっていました。
みんなして不思議がっていたのですが、やがて、とある文章に行き着きました。

103系電車の閉扉時のエア音は、ドアエンジンからの音じゃない。
応荷重装置の電磁弁が作動している音だ。

眼から鱗とは、まさにこのことでした。
今まで、ずーーーーーっと、ドアエンジンの音だと思っていた「チッ!」というエア音が、全然別の場所にある応荷重装置の電磁弁から発せられていた音だったとは。。。
つまり、103系電車の場合、ドアスイッチを閉側に入れると、ドアエンジンを作動させると同時に、各車両の台車のコイルバネのたわみ度から乗客の重量…荷重を測定し、その荷重に応じて限流値や圧縮空気圧を調整して、一定の性能で電車を加減速できるように応荷重装置が作動します。
ドアエンジンと応荷重装置は同時に動作を開始するので、先に応荷重装置の電磁弁からの音が聞こえ、それに続くようにドアが閉まっていたのです。
あまりにも絶妙なタイミングだったので、今までずっと一つの装置の音だと思い込んでました。。。(((( ;゚Д゚))))

それで今回の話。
どうやら駆け込み乗車の多さが遠因のようですね。
せっかく荷重を測定して調整しても、ドアを閉め直せば、もう一度測定のやり直し。
頻繁になれば応荷重装置にも負担がかかりますし、無駄な動作も気になります。
そこで、応荷重装置が作動するタイミングを遅らせて、まずドアを完全に閉めてしまい、閉扉完了後に荷重を測定して応荷重装置を作動させると。。。

これだけ書くと、なんで最初からそういう風にしておかなかったのかと言われそうですが、ドアが閉まれば今度は運転士が電車を発車させる訳ですから、それまでに応荷重装置が作動していなければ意味がありません。
秒単位を争う通勤輸送。
素早く確実に動作させることを優先せざるを得なかった事情を容易に想像できます。
こういう調整は、今の時代だからこそできる話なのかもしれません。

今でこそ時代遅れの象徴とされる103系電車。
でも、それはあくまでも今の時代という視点から見ればの話です。
高度成長期、爆発的に増えていく通勤客を捌くのに必死だった時代。
限られた予算と設備の中で、少しでも苦痛を和らげようと知恵を絞ったアイディアと技術の結晶だと思います。
103系電車はもっと評価されるべきだと思います! (`・ω・′)キリッ

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

アンマーン


→pixivで見る

フランドール「私も一緒に作っていいの? 破れない? 壊れない? 化学反応とか起こしたりしない?」


プルトニウムとか生成されちゃうことはないだろうからノープロブレムです。

たとえ、この生命が尽きようとも!
我が生涯に一片の悔いなし!!
これぞ漢の生きる道!!!



ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ



   * * *

20120219_002a.jpg

突然ですが、あんまんタイムです。
昨日、いつものコミュニティーサロンで突如始まったクッキング。
と言っても、伏線張られまくっていたので、いまさら誰も驚かないのがファーストステップ・クォリティ。

20120219_003a.jpg

思い起こせば先月のお話。
「あんまん作ってみようかと思って。」
というYさんの言葉で始まったあんまん作り。
数々のアクシデントに見舞われて、調理台と冷蔵庫の間を幾度となく往復していた素材たちが、いよいよ華麗なる合体の時を迎える日がやってまいりました。

20120219_004a.jpg

あんまん作ったことがない人が集まって作っただけあって、非常に個性的な作品のオンパレード。
餃子なら何度も包んだことがあるのですが、あんまんは初めてのオイラ。
包んでいるうちに生地が破れてアンコがはみ出たり、どうにか包み終えると謎の角が誕生していたりとか、他の人に負けずと劣らずのユニークな出来となりましたが、100℃の蒸気で蒸すので問題なしです(笑)

20120219_005a.jpg

蒸し上がってみると、それなりに美しく見えるのですから不思議なものです。
お味の方は、毎度お馴染みの某冷凍食品とかと比べると、歯ごたえがありモチモチとした食感。
Kさんが作ってきてくれた甘さ控えめの餡と相まって、なかなかに上品な味わいに。
僕的には、こちらの方が好みかも。(*´Д`*)ポッ

2週間以上に渡って、コツコツと準備をしてきてくださったYさんとKさんに感謝です。m(__)m

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

新年会?


→pixivで見る

最強な寒波が続々と襲来して、きっと大喜びしているだろう氷精さん。

チルノ「こおりのようせいだよ」

凍える寒さの中に咲く一輪の温もり。
彼女が喜んでいるのならば、大寒波の一つや二つなぞ!
。。。やっぱ、そろそろ勘弁してください。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

   * * *

8日(水)の晩、いつもお世話になっているコミュニティサロンで新年会(?)を持ちました。
話の発端は、昨年のクリスマス会。
師走ということもあり、予定の調整が折り合わず、参加できなかった人が多かったので、その救済というかリベンジというかで新年会を開くことになりました。

一人でも多く参加出来るように日程を調整した結果、2月になってしまったのはご愛嬌(笑)

20120208_002a.jpg

今回は、参加費を徴収しない代わり、各自一品ずつお持ち寄り。
飲み物も持ち寄りです。
それとは別に、昼食におでんを大量に作り、夜にも食べられるようにしました。
ご飯も余計めに炊いておにぎりに。

20120208_003a.jpg

外では、朝から雪が降ったり止んだり。
このため参加者は少ないのではと危惧していたのですが、大鍋2つに山盛りだったおでんが全部きれいになくなってしまう程の盛況ぶりでした。
寒い夜のおでんは、最強なアイテムですよね! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

節分だから考えてみた


→pixivで見る

萃香「鬼が炒り豆なんぞ本気で怖がってると思うかい? くくく、あんなのフェイクに決まってるだろ?」

「東方文花帖」によれば、節分の豆まきとは、鬼と人間との間で取り決めが交わされた「お遊び」なのだそうです。
つまり、人間でも鬼を倒せるよう、鬼の方で怖がって見せているだけで、実は本当の弱点ではないと。

言うなれば、これは人間自身についても言えること。
規則や立場なんかに縛られているうちに、いつしか本来の力を見誤っていると。
秩序が崩れた時、立場が逆転するというのはよくある話。
追い落とされる側に立たぬよう、冷静に分析ができる人であり続けましょう。

相手の立場になって考えることができる人は幸いです。

     * * *

1月31日、宇治市内にある精神障害者のための就労移行支援施設で「お試し通所」を体験させて頂きました。
就労移行支援事業所とは、京都府内にも数多くある就労継続支援事業所とは異なり、一般企業等に就職することを目的とする施設です。
就労訓練、職場実習を経て、ハローワークと連携して就職先を探し、就職後もアフターフォローをするところとされています。

朝9時、チャイム代わりのアラームで朝礼が始まります。
ラジオ体操、施設三訓の唱和に続いて、基礎訓練として「挨拶」と「笑顔」の練習をします。
一般企業での就労を意識して、一般企業の空気を醸し出そうという職員さんたちの工夫の一つのようです。
笑顔の訓練とは、つまりは顔の筋肉をほぐすことなんですけど、精神障害者の中には表情や身体の動きが緩慢な人も多いので、そういう意味では良いのかもしれませんが、「笑顔の仮面」をかぶることに疲れた身としては、早速の苦行モード到来です。
笑顔を作れないんじゃなくて、笑顔を作ることに疲れたんだってば!
マ○ドナ○ルドに就職する訳じゃあるまいし!
でもまずは体験させて頂く身ですから、いちいちケチをつけてはなりません。

朝礼が終わると、作業班に分かれて作業開始です。
大きな作業台が二つあり、各々が自分で場所を確保して作業をします。
作業内容は一定ではなく、その日に請け負っている業務を工程ごとに分解し、職員さんの指示で決められた作業をするというものです。
利用者に合わせて作業が与えられるのではなく、請け負っている業務に合わせて作業が与えられるので、難易度や所要時間はバラバラ。
作業時間に穴を作ることなく利用者全員に作業が行き渡るように割り振りをして、なおかつ納期までに成果品を上げないといけないので、職員さんも大変だと思います。

決まった作業がないので、決まった場所もなく、言うなれば「定位置」がないので、僕のように空気を読むのが苦手な人間にとっては、これが既に苦行。
与えられた仕事が終わってしまったので、次の仕事をもらおうにも、この日は特に忙しい日だったらしく、「指示があるまで待って」の繰り返し。
せめて邪魔にならぬよう部屋の隅に寄りますが、後ろにも何かしら置いてあって、人が行き交うたびに、部屋の中を転々とする状態。
悲しいかな、ここに居ることすら苦痛に感じている自分が居ます。

そのうち、職員さんが利用者さんの一人を連れてきて、次の作業の説明を受けることになりました。
ところが、説明がどうにも要領を得なくて、何をして良いのか分かりません。
職員さんは姿を消し、相手の方と二人して途方に暮れていると、そこで作業時間終了。
どうにも腑に落ちなかったので、職員さんに尋ねましたら、
「説明するのも訓練のひとつなんです。」という回答。
そして「説明された内容が理解できなければ、聞き直すのも訓練です。」と言われました。

すみません。
ここで心が完全に折れました。
本当は終日の予定でしたが、午前中だけでリタイアです。

誤解がないように書きますが、施設は施設で一所懸命やってると思います。
最初危惧していた「就労経験のない人向けの施設」だったというだけの話です。
なので、就労経験のない人にとっては、非常に有意義な場所だと思います。
見学時には「訓練ではなく、個性を見るためのツール」という説明だったのですが、結局のところ訓練は訓練。
就労に疲れて流れてきた身としては、傷口に塩を塗り込むだけの結果になってしまった…というだけのお話です。

「就職活動はお見合いと同じ」という言葉があります。
相手との相性で決まるものなので、一度で決まらなくても落ち込む必要はない。
自分を安売りせず、自分に合った職場と出逢うまで何度でも面接を受けなさい…という意味です。

施設も相性、制度も相性。
カードを1枚切っただけで、カードを出し尽くした訳じゃありません。
そう自分に言い聞かせて、まずは一休み。
次にカードを出す順番が回ってきたら、勇気を持って歩み出せるよう、しっかりと再充電したいと思います。

     * * *

20120202_2.jpg
→pixivで見る

萃香「ひとりじゃないさ。大丈夫、安心しな。」

こんな幼女…もとい、鬼になら護られてみたいと思ってしまうオイラは、いけない子でしょうか。(*´Д`*)ポッ

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク