はぴねす

20120424_1.jpg
→pixivで見る

多々良小傘「そこの人、ちょいと驚いていかない? うらめしや~♪」

「東方神霊廟」にて命蓮寺の墓地という素敵な職場(?)を見つけた小傘ちゃん。
相変わらず巫女さんとかにボコいかれたりしているけど、ご当人はケロリとしたもの。
構ってもらえることこそが彼女にとっての最高のご褒美です。
さでずむ? いえ、まぞひすとです。
という訳で、勝手に転職の神さまに祭り上げ…うわなにこらやめて(ry


   * * *


午前中、ほっとハウス(いつもお世話になっている宇治市小倉の共同作業所…改め、地域活動センター)に寄ってから、午後より宇治市大久保にある障害者就労支援センター「はぴねす」に行ってまいりました。

準にゃんが出迎えてくれたりとかいうイベントは存在しません。
こんな可愛い娘が女の子のはずが(ry
同じことを連想された方は、正直にご申告願い…(゜∀゜)☆\(--; バキ

冗談はさておき、今回は発達障害者支援センター「はばたき」との連携の一環で、顔合わせと簡単な説明を受けてまいりました。
障害者就労支援センターとは、就労に向けての方向性を話し合い、必要に応じて訓練や実習を受けながら、最終的にはハローワークを通じて就職先を見つけ、就職後も継続して就労ができるようにサポートしてくださるというところです。
とりあえず、次回は一緒にハローワークへ赴き、発達障害者支援センター・障害者就労支援センター・ハローワークの三者連携体制を構築する予定となっています。

このように書くと、あたかも手取り足取りのベッタリ援助というイメージが湧いてきそうですが、基本的には後方での相談活動がメインで、可能な限り一人で活動できるように「訓練」するねらいもある模様です。
それでも、仮に一人で活動することになったとしても、常にバックに相談できる相手が控えてくれている訳であり、一般就職で完全ソロ活動していた時のことを考えると、はるかに心強いものであります。

今度の金曜日が京大病院の受診日なので、就職活動再開のために必要な書類を依頼し、一通り揃ったところで今後の日程を決めていく段取りとなっています。
焦るとロクな結果を招かないことは散々経験してきましたので、峠越えの蒸気機関車よろしく丁寧に砂を撒きながら、しっかりと踏みしめて一歩ずつ前へ進んでいきたいと思います。(`・ω・′)ゞ スチャッ


   * * *

20120424_001a.jpg

おまけ。
本日、ほっとハウスにて配食されたお昼ごはんです。
ご厚意で頂いたタケノコをふんだんに使った春の膳。
タケノコの天ぷら、タケノコご飯、まさに春の味覚です。(*´Д`*)ポッ

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

再び発達障害者支援センターへ


→pixivで見る

フランドール・スカーレット
「ステレオタイプの幸福像なんてものに縛られているうちは、私たちは生涯暗闇の中だわ。底なし沼の中で悪あがきしながら生きるのも素敵だけど、せっかくならスマートに生きてみたいじゃない? そう、ぶっ壊すのよ。理想的な生き方ってやつをね。私たちには私たちなりの生き方があるのだから、その中で自分だけの幸福観を構築していったら、生きていこうという元気も湧いてくるものよ。」


   * * *

昨日13日(金)、京田辺市にある発達障害者支援センター「はばたき」へ行ってきました。
そもそも2010年10月に2回ほど相談に訪れていたのですけど、当面は休養に専念し、就職活動ができる程度にまで寛解した時点で再開するということで、1年半ほど通所を中断していました。
http://kazuya075.blog12.fc2.com/blog-entry-113.html
先月をもって傷病手当金の給付が満了し、かかりつけの医師より就職活動を再開しても良いというお許しを頂けたので、早速に「はばたき」に連絡して次回予約をした次第です。

傷病手当金を頂いていた1年半の間、休養に専念するとともに、いつもお世話になっている共同作業所やコミュニティサロンの職員さんたちのアドバイスもあり、まずは精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)と自立支援医療受給者証を申請し、障害者手帳は3級で認定されました。
http://kazuya075.blog12.fc2.com/blog-entry-160.html

2011年9月15日に休職期間が満了し翌16日に退職が成立。
いつもお世話になっている共同作業所やコミュニティサロンの職員さんたちに「これは権利なんだから、生活の支えとして申請した方が良い」と後押しされたこともあり、正直なところ躊躇もありましたがダメモトで障害年金を申請。
書類を整えるのに2ヵ月、さらに審査で4ヵ月かかりましたが、先日ようやく通知を頂きました。
流石に障害基礎年金はアウトでしたが、障害厚生年金の方で3級に認定されたおかげで、今後は無理して正社員での雇用にこだわる必要がなくなりました。
それでも生活をしていくためには働かないといけないことに変わりはなく、ハローワークへ行く前に、まずは発達障害者支援センターへ相談に伺ったという次第です。

支援センターで示された案は2つ。

【A】直接ハローワークの専門窓口へ行く
【B】障害者就業・生活支援センターへ行き、ハローワークにつないでもらう

もし希望する職種が決まっていれば、順当に【A】となりましょう。
でもここ1年半ばかりの間、考えることがたくさんありました。
広汎性発達障害という診断を頂いたことで、今までとは違った視点で過去を振り返ることができるようになりました。

発達障害は、次の3つを併せ持つとされています。

1.対人的な相互反応の障害、社会性の障害
2.言語・非言語によるコミュニケーションの障害
3.想像力の障害とそれに基づく行動の障害

すると、今まで自分自身の努力不足のせいだと思い込んでいたことが、実は障害から来ていることが分り、過去に起こしたトラブルの数々も新しい観点から考察できるようになりました。
たとえば、これまで勤めて来た職場でよくあったパターン。

○ 相手に気に入られようと行動することから、上司から気に入られる。

○ 上司から改善活動の音頭を取るように言われ、断れずに引き受ける。

○ 職場仲間から煙たがられる存在となる。

○ ますます上司寄りとなるが、成果が出ないと真っ先に叩かれる。

○ 成果があげられないため、不満と将来への不安が募る。

○ 自滅

発達障害という観点から再考すると、涙が出てくるほど状況が理解できました。
理屈で分ればどうにかできそうにも思いますが、そこは人間のやることですから。。。
欲望と恐怖と憤怒を理性で完全にコントロールすることができるのであれば、その人はもはや超人です。(;´Д`)

結局のところ、仕事の内容そのものより、人間関係で躓いてしまうのですね。
だから、希望の職種を問われても、これと言ったものは思いつきません。
むしろ、安定して働けるのなら、職種は問わないというのが正直なところです。
もちろん、苦手な仕事もありますから、それは除外という前提で(ry

このことを支援センターで話したら、もし時間的に余裕があるのであれば【B】の方が良いという話になりました。
あまりにも漠然とした要望なので、叱られるものとばかり思っていたのですが、これはこれではっきりしていると言って頂き、ほっとしました。

発達障害者支援センターは、発達障害に特化していますが、主に日常生活上での困窮に関する相談活動がメインです。
一方の障害者就業・生活支援センターは、三障害(身体・知的・精神)一括となりますが、就業支援活動に力を置いています。
そこで、次回は発達障害者支援センターの方に同行して頂き、宇治市大久保にある障害者就業・生活支援センター「はぴねす」へ行くことになりました。
日程は後日知らせてくれるとのことです。

余談ですが、うつ病の人に「がんばれ」と言ってはいけないという話がありますが、実は発達障害の人にも言ってはいけない言葉です。
「言語・非言語によるコミュニケーションの障害」のため曖昧な表現が苦手で、しかも「想像力の障害とそれに基づく行動の障害」のため適当に調整することができません。
つまり「がんばれ」と言われてしまうと「何を頑張ればいいの? どこまで頑張ればいいの? いつまで頑張らないといけないの? うきぃー!」ということになってしまうのです。

5W1Hを適切に説明されればストンと理解できるのですが、とかく日本語というものは曖昧な表現を好む傾向があるので。。。
まあ、自分自身も無意識にそういう言い方をしているので決して責められるものではありませんが...orz
つまりは、こういうことに理解のある職場を探し続けねばならないのですね。
これは長く厳しい闘いとなりそうです。(´;ω;`)ブワッ

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

コンビーフのひとりごと



おいらコンビーフ。
怪しいものじゃないYo!

早く怪獣になりたーい☆


20101026_1.jpg

幽々子「やっぱり馬肉入りが私の知っているコンビーフね♪」

あ… やめて!
それ以上いけない(◎□◎)

   * * *

20120407_002a.jpg

「怪獣なんだよコノヤロー」
http://kaijyuusinbun.blog101.fc2.com/blog-entry-510.html
日時○2012年4月7日(土)~10日(火) 10時00分~17時00分
場所○ファーストステップ(http://www.jcil.jp/zigyosho/first_step/

   * * *

助っ人かずやは6日(金)より羅部くんに拉致られて強制労働中。
どうにか準備も終わり、予定通り7日(土)から開催しています。

20120407_005a.jpg

1階は羅部くんの意匠による展示スペース。
甘辛混淆の感想を寄せてあげると喜ぶみたいです。

20120407_007.jpg
http://kazuya.sub.jp/share/20120401_2.pdf

2階へと続く階段。
このあたりから反乱の香りが…(笑)

20120407_009a.jpg

2階の休憩&飲食スペース。
車椅子の方の出入りを考えて展示は1階に集約したので、こちらは完全に実用本意。
羅部くんは1階のことで手一杯みたいなので、僕の方で有り合わせの物品をかき集めてチャチャっと整えてみました。

20120401_3.jpg
http://kazuya.sub.jp/share/20120401_3.pdf

助っ人かずやは主に2階の隅っこの方でコーヒー煎れたりしてます。
かなり暇しているので、よかったら遊びに来てください♪

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

4月の行事


→pixivで見る

幽谷響子
「おはようございます! 今日もテンション上げ上げで参りますよぉ!! あったぁーらしーい、あーさがきたっ~♪」


このテンションについていけるのなら、その時点で「元気」確定かと。
僕自身は夜が弱い代わりに朝は強い方なのですが、流石に朝っぱらからこのテンションについていく自信はないです。
でも世の中には色々な人が居る訳でして、朝から高速仕様で飛ばされてもツッコミで返せるようになれば、まあそれも朝の挨拶の一環と言えるのかもしれません。
偏頭痛の時とかは勘弁願いたいですが(苦笑)

   * * *

リアル響子ちゃん(♂)と呼ぶべきか、一億二千万みんなの永遠の弟くんと呼ぶべきか、毎度おなじみの羅部くんですが、昨年のエイプリルフールに法螺ネタ新聞を作ってあげたら、すっかり気に入ったようで、今年も作ってもらえるものだと激しく期待している様子。
一度やったネタは繰り返さないのがジャスティスなのですが、彼の誕生日がちょうど4月1日ということもあり、こういうのをプレゼントしました。

20120401_2a.jpg
http://kazuya.sub.jp/share/20120401_2.pdf

先日から宣伝をネダられていたので、これ幸いとばかりに。(笑)
なので、彼の作品展の話そのものは本当です。
ちなみにこちらが本物デス。

20120401_3.jpg
http://kazuya.sub.jp/share/20120401_3.pdf

「怪獣なんだよコノヤロー」
http://kaijyuusinbun.blog101.fc2.com/blog-entry-487.html
日時○2012年4月7日(土)~10日(火) 10時00分~17時00分
場所○ファーストステップ(http://www.jcil.jp/zigyosho/first_step/



京都駅からでも徒歩で行ける場所です。
ちょうど京都水族館もオープンしたことですし、ついでに寄って頂けると彼も喜ぶかと思います。

僕ですか?
手伝いを頼まれた訳じゃないのですが、期待に満ちた目がすべてを物語ってる訳で。
こういうところが永遠の弟くんクォリティ。愛いやつめ。

そういえば、入場料についての記載がありませんね。
多分、無料です。
各種グッズ販売もやるみたいです。
お菓子をあげると喜びます。

好物はポテトチップスみたいです。
先日、じゃがいも掘りした後、大喜びで頬張っていましたから。
多分、こういうところも気が合うのかも。(笑)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク