氷精さんとか今後のこととか


→pixivで見る

氷精さん…もとい、氷菓子の美味しい季節が近づいてまいりました。

チルノ
「琵琶湖の水も、慣れれば美味しいよ!」


大阪生まれの京都育ち。
淀川の産湯に浸かり、淀川と共に生きてきた40年。

近畿の水瓶、琵琶湖。
京都の人間にとっちゃ、海水浴ならぬ湖水浴がデフォルト。
京都駅から190円で行ける「うみ」! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

…まあ、泳ぐにゃ、もうちょい北じゃないとアレなんですけどね。(苦笑)
以前、渇水で水位が下がりまくってる時に琵琶湖でカヌー体験した時、
転覆時の対応ということで頭からどっぷりと「受洗」したら、
帰宅後に風呂に入ると、湯船の水が緑色に。。。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それでも飲んでます。
琵琶湖の水。

もはや故郷の味。


ゆっくり飲んでね! (・∀・)


   * * *


受給が決定した障害基礎年金ですが、先日早速口座に振り込まれていました。
過去5年まで遡っての支給なので、結構な額となりました。
ただし傷病手当金からは引かれるので、その分は返納しなくてはなりません。
18ヵ月分まとめての返納なので、こちらも結構な額となりました。

数日後、とある企業名を名乗る年金絡みの電話あり。
新手の振込み詐欺かと警戒していると、なにやら聞き覚えのある会社名。
そうそうそう、前の勤め先でコピー機やデジタル複合機のリース契約で何度もお世話になっていた会社です。
なんでも、年金事務所から保険料納付の業務を受託していて、2011年9月と10月の国民年金保険料が未納だと言います。

はて、保険料は全部支払済みだったはず。
そう思い、納付書の控えを確認してみると。。。
確かに未納で残っておりました。

実は、一括納入の納付書が同封されていたので、それを使って納付したのですが、なんとまあ、2011年11月以降の分だけ納付したことになってるじゃないですか。
ちゃんと確認しなかった僕も悪いのですけど、大量の納付書を混ぜこぜにして一度に送りつけて来たのに、注意書きの類いも見当たらなかったし。。。
愚痴っても始まらないので、現金をかき集めて近くのコンビニで納付を済ませてきました。

これ、一昔前だったら未納で放置になっていたようなケースですよね。
わざわざ連絡してくれるようになったとは、時代も変わったものです!

ちなみに、障害基礎年金の受給開始後も国民年金の保険料納付は続きます。
納付をサボり支給要件を欠くことになれば、減額もしくは停止の措置が待っています。
いっそ天引きしてくれればとも思うのですが、厚生年金や共済年金とは別モノなので、これはまあ仕方ないでしょう。

   * * *

昨日(5/25)、京大病院に依頼していた診断書が出来上がりました。
今度は就労を許可するという診断書です。
これで晴れてハローワークへ行ける身となりました。
早速、障害者就業・生活支援センター「はぴねす」に連絡を入れました。
焦って変なところに引っかかっても悲しいので、余計なことは考えず、粛々と準備を進めていっている真っ最中です。

就労の許可が出ただけで、寛解した訳じゃありません。
抑うつ状態にならないよう思考をコントロールしていく作業が今後も必須です。
有害な情報や力をシャットアウトするのも仕事のうち。
ネットに限らず、フィルタリングって本当に大事ですよね。(o・ω・)(・ω・o) ネー

   * * *

おまけ情報。
怪獣新聞の人、羅部くんから次回の個展のお知らせが入ってきました。

「星のパレードに参加する怪獣」
http://kaijyuusinbun.blog101.fc2.com/blog-entry-538.html

ネーミングの方向性に変化の兆し?
前回の個展が良い経験になったのかなぁ。
日曜日にサロンで会ったら聞き倒そう。うん。

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

桶と缶と怪獣と


→pixivで見る

世にも珍しい桶キャラ(?)、釣瓶落としのキスメちゃん。
「東方地霊殿」の1面道中で登場するも、台詞はないわ、桶から出て来ることもないわで、なんとなく内気で寡黙な少女というイメージが定着していたのですが。。。

先日刊行された公式設定資料集「東方求聞口授」にて、驚愕の事実が判明。
「お前の落とした死体はこれかい?」と不気味にケタケタ笑いながら、白骨死体を放り投げてきたりとか。。。
なんですか、このマジ恐怖キャラは! ガ━━Σ(゚Д゚;)━━ン!!
「恐るべき井戸の怪」「秋の日の人食い」の二つ名はパネェです。。。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

お。。。落ち着け、俺!
過去の事例を考えましょう。
チルノだって、レミリアお嬢さまだって、妖夢だって、早苗さんだって、最初は素で怖かったじゃないですか。
⑨だの、カリスマブレイクだの、性格が安定しないだの、フルーツ化だの色々と言われつつも、今じゃすっかり愛されキャラに!!

むしろ発想の転換?
ヤンデレキャラに化ける可能性も??
今後、二次創作での扱いがどう変わっていくのか、非常に気になるところであります。(`・ω・′)ゴクリ

20120407_008a.jpg

今回、キスメちゃんに登場願った理由はコレ。

「星の涙をカサでうけとめる怪獣」
http://page.mixi.jp/view_page_feed_entry.pl?page_id=31643&feed_id=16033011
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=27271074
(※どちらも要ログイン。閲覧できない方はごめんなさい。)

まあ、いつもの羅部くんらしい発想に、思わず桶を提供したくなった次第です。
昨日、某所で直接話をする機会があったので、pixiv経由で桶を送りつける約束を取り付けてあります。
ゆっくり受け取ってね!

   * * *

さて、写真のコンビーフでありますが、まだ怪獣には変身していない模様です。
他人に食べ物を渡す以上は、自分でも味見をしておくのが礼儀というもの。
同じものを購入してきて、酒の肴に頂きました。

もちろん、馬肉入りの方をね!

缶入りランチョンミート「SPAM」のイメージがあったので、もっと塩辛いものかと思っていたのですが、実際に食べてみると意外と適度な塩加減。
生臭さもなく「固形脂を使ったシーチキン」だと思えば、そのままでも十分美味しく食べられます。
ただ普通に脂が多いので、一人で一缶をストレートで食べきるのは結構ヘヴィー。
タマネギなんかと混ぜて、パンやクラッカーと一緒に食べるのが一番美味しそうです。

マヨネーズとマスタードがあれば、なお良し!! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

薔薇に包まれた教会



教会の庭の柵に植えられている薔薇が満開になりました。
昨年はこんな風に咲いているのを見た記憶がなかったので、不思議に思って確認すると、僕自身が体調不良でダウンしていた時期であったことが判明。
ああ、健康って素晴らしいですね。(´;ω;`)

満開の薔薇について感想を問われて
「ジャムにして食べると美味しそうですね。」
「ほんまに食べることばっかりやなぁ!」
食と眠こそが永遠かつ究極のテーマでありますが何か。(`・ω・′)キリッ

薔薇と言えば、ひらかたパークのバラ園。
小学生の頃は枚方市民だったので、小学校の遠足でもお世話になったぐらいです。
ちなみに当時の家から歩いて30分ほど。
引っ越しのたびに鉄道駅から離れていくのは日頃の行いの成せる技?
目を離すと踏切でウロウロしていた子ですけど、電車に迷惑をかけることはなかったですよ。多分。
たまたま遭遇した通行人に通報されて、白黒2色塗りの巡回車に乗せられてキャッキャ大喜びしていた過去が2回ばかりあるそうなんですけど、本人には皆目自覚もなければ記憶もなし。
なにせ1歳か2歳ぐらいの話ですから。(o・ω・)(・ω・o) ネー

そういえば、リニューアルしてからは一度も行ったことがないのですよ。
ひらかたパーク。
リニューアル前にはモンキータワーなる超近代的サル山がそびえていたのですが、リニューアルと同時にお猿さんごと消失。
あの大量のお猿さんは一体どこに消えたのでしょうか。

人間の着ぐるみを着用して、切符もぎりに再雇用されたという噂も。。。
本物のお化けが出ることで有名だった比叡山頂遊園地と並ぶ、都市伝説のひとつです。はい。(´・ノω・`)コッソリ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

みすちーを特別修繕してみた



過去の恥を晒してみるテスト。
ファイル名は「20080805_1.jpg」になってるので、多分4年ばかり前の代物。
言わずと知れた幽々子さまの非情食歌う夜雀こと、ミスティア・ローレライです。

まあ我ながらツッコミどころ満載なのですが、まず最初に気になるのが頭身。
なんかもう「ボールは友達!」とか叫びそうな勢いです。
「東方三月精」でみると、ミスティアの背丈は霊夢の肩にようやく届く程度で、チルノよりちょい高ぐらい。
見た感じ130cm前後というところでしょうか。

黒歴史としてこのまま封印してしまっても良いのですが、原寸のがmixiあたりに転がってそうだし、基本的に忘れようと望むことに限って忘れられない質なので、物理的に改変を加えることによって過去を乗り越えてみることにしました。

以下、魔改造の記録。
イラスト制作の基本から見事に外れたファウルボール。
図工の時間とかにやったら確実に叱られます。
良い子は絶対に真似しちゃいけません。
こういうのに嫌悪感を示す方は、全力でブラウザバック願います。

話のネタだと楽しんで頂ける方は、どうぞご笑覧くださいまし。m(__)m



20120508_202.jpg

まずは古の遺物を画像エディタで開きます。
色は一から塗り直すので、一旦グレーモードにして飛ばしてしまいます。



20120508_203.jpg

自動選択ツールを駆使して、塗り部分をザックリと消していきます。
どうせ後からゴリゴリなぶるので、そりゃもうザックリと。(笑)



20120508_204.jpg

いよいよパソコンの本領発揮。
バラバラに切り離して、新たな構図に再配置します。
図工の時間にこんなことやったら、そりゃもう鉄拳制裁モノ。
給食に鯨肉が出た世代の生き残りですが何か? ( ゚Д゚)



20120508_205.jpg

再配置したパーツをベースにして、ラインを引き直します。
教科書通りなら、上からレイヤーをかぶせてトレースするのが正解なのですが、マウスでゴリゴリ描いたり消したり繰り返しの人なので、このまま行っちゃいます。
最初に色情報を飛ばしてあるので、普通に墨で描けるのが楽です。



20120508_206.jpg

マウスをゴリゴリすること3時間ばかり。
線画が出来上がります。
…正確には、出来上がったことにしておきます。(*ノωノ)



20120508_207.jpg

レイヤーをかぶせて、色塗り開始。
比較(暗)モードのレイヤーなので、いくら塗り込んでも線画は残ります。
はみ出ても線画を侵すことなく色だけ消せるので、遠慮なく塗り塗りしていきます。



20120508_208.jpg

先に追加したレイヤーを一旦非表示にして、新たなレイヤーをかぶせます。
再度、塗り塗り。



20120508_209.jpg

3つめのレイヤーです。
本当はマスク処理とか使うのが定石なんだろうけど、面倒なのでレイヤーだけで処理してます。
アニメ塗りじゃないのでパーツを細分化させる必要もなく、はみ出ても容易に修正できるように隣り合う領域を別レイヤーに分けているだけです。



20120508_210.jpg

レイヤーをすべて表示させてみたところ。
絵師なら、ここからが本番というところなのでしょうが、なにぶんヘタレなので、どうぞ虐めないでやってください。(´;ω;`)ブワッ



20120508_211.jpg

通常モードのレイヤーをかぶせます。
今度は明暗関係なく色が乗るので、比較(暗)モードでは着色出来なかった部分を描き込んでいきます。



20120508_212.jpg

最後に、もう一度、比較(暗)モードのレイヤーをかぶせて、陰影とかつけて出来上がり。
うん、出来上がりということで。。。
はい、出来上がりということにさせてください。(´;ω;`)ブワッ



20120508_200.jpg

お約束の「Before-After」(笑)
ここまでの所要時間はざっと6時間というところです。
ぶっちゃけ、白紙から描くのと同じくらいかかってます。(。-∀-) ニヒ♪



20120508_1.jpg
→pixivで見る

みすちー再臨。
こうして、かずやの恥ずかしい黒歴史は、またひとつ描き替えられたのでした。
たまにはこういう遊びも面白いな。うん。

プリントアウトして、ユスリのネタとかにしちゃ嫌ですよ。(´・ノω・`)コッソリ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

適職について考えてみる


→pixivで見る

大妖精「この花の名前ですか? 私にもよく分らないのです。丁度ここに描いたご本人が居られるみたいですから、直接訊いてみるのが一番良いかと思います。」

ちょww おまwww
今ここでそれを言いますか?? ヒィィィィィ(((( ;゚Д゚))))ィィィィィ!!

最初、図鑑か何かを参考に描こうかとも思ったけど、実在の花を描く必要もなかったので、適当にチャチャッっと描いたら、この結果だよ!

バールじゃないよ。
バールのようなものでもないよ。
うん。


   * * *


先週は24日(火)に障害者就労支援センター「はぴねす」へ行き、27日(金)に京都大学医学部附属病院でハローワークへ提出する書類の作成を依頼し、今はその書類が出来上がるのを待っている段階です。
書類の準備が整ったら、「はぴねす」のスタッフの方と一緒にハローワークへ赴く段取りとなっています。

前回「はぴねす」へ行った際、当然「どんな仕事が希望なのか」という話にも触れたのですが、結局のところ職種としての希望は特にないというのが実情です。
むしろ雑用的に何でも引き受けてきましたし、苦手なことでさえなければ、それなりに楽しんで仕事をしているクチなのです。
仕事の内容よりも、仕事をしているという充実感に喜びを見出すタイプとも言えましょうか。

前職はパソコンを使って印刷物の版下を制作する仕事がメインだったこともあり、そういう仕事が希望なのかと尋ねられましたが、答えは「No」です。
確かにパソコンを使って作業をするのは好きですし、DTPに関しても一通りこなしてきました。
でも仕事として考えた時、果たして充足感があったかと問われれば、むしろ焦燥感の方が強かったように思います。

テキスト打ち込みのような、与えられた原稿を機械的に淡々と消化していくような作業は大好きなのです。
ところが、肝心のレイアウトやデザインの話となると、どうにも引け目を感じずには居られないのです。
そもそも専門の教育を受けていた訳でもないですし、早い話が素人が手探りで身に付けた付け焼刃に他なりません。
自信を持って仕事するなぞ50年早いです。

でも、理由はそれだけではなく、むしろ個人の素質に由来するところが大きいです。
曖昧なものに線引きをする作業を苦手とするのが発達障害の特徴のひとつ。
「○」と「×」だけの世界なら問題なく対応できるのですが、グレーゾーンへの対応に果てしなく困窮しているのです。

たとえば、料理の味付けで味見を頼まれることがあるのですが、そういう時は必ず「味音痴」だとか「ストライクゾーンが広すぎて味見にならない」とか言って逃げてます。
なぜなら「食べられる」「食べられない」の判定ならできるのですが、「美味しい」「不味い」の判定ができないのです。
もちろん、自分ひとりで食べる分には全然問題ありません。
塩気が足らなければ勝手に醤油なりソースなり垂らして食べますし、味が濃いと感じればご飯を増量するなり出汁で薄めるなり、なんなと自分の気に入るように対処して食べてます。
ところが、他人様に出す料理となれば話は全然違います。
好みも多様であれば、ストライクゾーンも千差万別です。
万人受けする味付けなぞ皆目見当がつきませんし、仮にそんなものがあったとしても、今度はどこまでが許容範囲なのかが暗闇の彼方です。

DTPやイラスト制作についても、全く同じことが言えます。
仕事なので、当然「合格ライン」というものが存在する訳なのですが、実はこれほど曖昧なものはありません。
担当者によって好みが変わることがあれば、決済を取る過程で別の人がペケを付けることもあります。
簡単にOKを出してくれる人ほど危険という話もあり、そのままプッシュしてくれる人であれば良いのですが、ペケが付いた途端に手のひらを返したように対処を覆い被せてくることも往々としてあります。
早い話が料理と同じく万人受けを目指せば良いのですが、見る人の目を奪うような技術も発想も持ち合わせておりませんし、今からその修行をするだけの余裕もありません。
僕としては趣味の範囲内で、必要があらば周囲に便利に使ってもらえるぐらいが丁度良いのです。

そのように考えていくと、僕の場合は合否が見えやすい仕事の方が向いているようです。
決められた工程に従って、組み立てや整理をしていく仕事とか。
テキスト打ち込みもその一つですし、パソコンの基本設定なんかも含めて良いかもしれません。
もちろん、なんとなく調子の悪いパソコンを、なんとなく快適なマシンにチューニングするなんていう高度な芸当は無理ですけどね。
東方色全開の萌え仕様化なら、頼まれてもいないうちから勝手にやらかしそうな雰囲気ですが…w ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ

皿洗いや鍋洗いも面白いし、ダイレクトメールの組み立てや封緘作業なんて完成品の山を見てウットリと酔いしれるタイプ。
最近は、豆の殻剥きにハマっていたこともありました。
地道に探せば、適職はいくつでも見つけられそうです。
障害年金3級の受給が決まっているので、前回のように正社員にこだわる必要もありません。
単純にお金がもらえるということよりも、就職活動の幅を持たせられる有効なアイテムとして機能してくれることの方が本当に有り難いです。

人間って、やっぱり仕事をしていることで満たされるようにできているのですね。
有給・無給に関わらず。
もちろん有給の方が嬉しいですが、無給の心安さも捨てがたいです。
でも就業が命取りになっては本末転倒。
焦りと無理は禁物。
そう自分に言い聞かせながら、地道に活動を続けていきたいと思います。(・ω・)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク