悟るのは難しいので考えてみた


→pixivで見る



いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)


小五とロリでは単なる犯罪だが
     小五  ( ゚д゚)  ロリ
       \/| y |\/


二つ合わされば悟りとなる
        ( ゚д゚)  悟り
        (\/\/




古明地さとり「………。(じぃー…)」

かずや「哀れなものを見るようなその目が痛いっっ!」

さとり「言い訳は無用です。私に嘘は通じません。」

かずや「すみません。調子乗りました。」

さとり
「さりとて、嘘も貫き通せば真となりましょう。その場しのぎの嘘は何も生み出しませんが、いたずらに真実を曝け出すことは暴力に等しい。人はそれほどまでに強くなく、お互いを守り合うために嘘を身に纏う知恵を身につけたのです。私のような能力を持つ者が忌み嫌われるのは当然のこと。陽の光の届かぬ地底こそ、私にふさわしい住処なのです。」


かずや「そんな、勿体ない…。」

さとり
「おや、また随分と特殊な考えをお持ちなのですね。ふむ、萌え要素と呼ばれるものですか。この私にもその萌え要素とやらがあると言うのですね。この私を好いてくれる者など居る訳ないじゃないですか。何を馬鹿げたことを………そ、そ、そ、そんな馬鹿な! 今の地上は一体どうなっているのですか!?」




結論:自己評価と周囲からの評価は、得てして大きくかけ離れているものである。



     * * *


10月21日(日)は、サロンのみんなで京都文化博物館へ行って来ました。
他の人が描いた絵を観ることを怖がっている節がある羅部くんに、愛の画家ことマルク・シャガールの絵を観せようとTさんが言い出したことが話の発端。
なので僕らはおまけみたいなものなのですが、障害者手帳を持参すれば入場料が無料になるというので、せっかくの機会なので同行させて頂きました。

いやいやいや、あれだけ大量の絵を一度に観られるというのは、実に良い機会です。
時系列に沿って観ていくと、一枚ずつ観ていたら気付かないような、大きな時代の流れに飲み込まれながらも、試行錯誤を繰り返しながら懸命に歩んで来た人生みたいなものが見えてきて、実に興味深かったです。
あと、羅部くんの反応がなかなかに激しくて、見ていて面白かったです。ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ
シャガールの絵を観に行ったはずなのにパウル・クレーの画集を土産に購入したりとか、とにかく期待を裏切りません。
羅部くんの絵と方向性が似ているということでTさんが連れて行ったのですが、一粒の種となって畑に蒔かれれば良いと願います。
そして、おこぼれご馳走さまでした♪ ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○



    * * *



10月26日(金)は、障害者就業支援センターへ行ってきました。
8月の久御山町某所の職場見学でダウンして以来、養生に専念していたのですが、そろそろ調子も戻ってきたので就職活動を再開することにしました。
いつものようにハロワで見つけて来た求人票5枚を携えて行ったのですが、先日某所でそそのかされて書いた「ぼくのかんがえた さいきょーのさろん」も一緒に持って行きました。

折角書いたことですし、宿題と称してYさんに提出するついでにサロンの皆さんにも読んで頂いたのですが、半ば冗談のつもりで書いたのにサロンのリーダーでもあるHさんが熱心に読んでくださり、数多くの文献に囲まれて暮らしているYさんやTさんも丹念に読んでくださり、予想外の展開に少々びっくり。
というのも、全部はともかく、一つ一つの内容に絞って考えれば十分に実現可能な事柄であり、次年度以降の体制についての話し合いが計画されていることもあって、話のとっかかりとして面白いということらしくて。
それで調子付いた僕は、こともあろうに就業支援センターの担当者に見せちゃったという次第です。

現状報告の一環として、ちらりと見せる程度のつもりでいたのです。
起業する気なんて全くないですし。
せいぜい、そのまま別の話題に移って終了。
そう思っていました。

先日、発達障害者支援センターで、福祉的就労を薦められたことがありました。
収入が目的ではなく、生活リズムを整えるのが目的というやつです。
暇つぶし的な作業を一日続け、工賃はせいぜい食事代程度。
決まった時間に食事し、決まった時間に眠り、定期的に通う場所を複数持っている僕にとっては、どうにも無駄なものとしか思えません。
収入が目的であれば暇つぶし的な内容でも全然OKなのですが、収入に繋がらないのであれば、今の僕には全くメリットがありません。
このことについては、就業支援センターの方でも同意見でした。

今回、職場体験を前に挫折したことを改めて考え直してみた時、果たしてそれは得意不得意から来る問題であったかということです。
対人関係の構築に難があり、接客や電話応対などの仕事を避けて就労先を探しており、今回も店舗内を通ることへの不安があったことも事実です。
でも、それは問題の一部分に過ぎなかったのではないか。
直接的に感じた苦痛…それは、手足の動きを縛るほどの緊張。
身の置き処が見つからないことへの不安、不特定多数の人と接することの不安、そして何か失敗するんじゃないかという不安。

これまでに離れた職場を振り返って考えます。
仕事の内容そのものは、それなりに消化していました。
そして、ひたすら向上し続けることを要求されていました。
先の見えない闇の中、不安ばかりが募る日々。
年々深刻化するトラブルと利用者からのクレーム、夜勤から来る睡眠不足と一瞬の油断が生む操作ミス、業務が激減したことでのアイデンティティクライシス。
決して一人ぼっちだった訳じゃなく、助けの手がなかった訳でもないのに、漠然とした不安はますます大きくなっていく一方で、最後はそれに押しつぶされてしまう。
その繰り返しだったように思います。

僕はこれまで、得意な仕事は何かと尋ねられた時など、よく自分は器用貧乏だと考えていました。
特に何かが秀でている訳でもなく、雑用的に便利に使われるのは得意だけど、何かひとつ自信を持ってできるような仕事は思いつかないと。
これを言うと、よく過小評価すぎると言われるのですが、実際のところ、自分ではどの職場でもお荷物的な存在だとずっと感じていました。
最初の職場を辞めるとき、主任のM先生から「居なくなってから、はじめてその重要さに気付くような存在」と言って頂いたのが一番の救いでしょうか。

そして、今回の「ぼくのかんがえた さいきょーのさろん」の話に戻ります。
自分では、落書きのつもりで適当に書いただけだったのですが、予想以上の反響がありました。
何かを創り上げる力…具体的な案を引き出し、文書としてまとめる能力など、このまま眠らせてしまうには勿体ないと言われます。

一方で、僕はハローワークでどんな求人票を選んできていたのか。
清掃や軽作業など、大きな失敗を引き起こさないような仕事を選んでいなかったか。
やりたい仕事を探している訳ではなく、単に不安から逃れる道を探していただけなのではないか。
どんな仕事にも責任があり、ミスもあればトラブルもあり、不安を抱えずに全うできる仕事など、いくら探したって見つかるはずもないのに!

もちろんリスクを小さくする工夫はできます。
リスクのより小さい仕事を探すことも、またその工夫の一つでしょう。
でも、これは消極的な選択肢。
言わば、引き算の発想です。

障害者にとって働くとはどういうことなのか。
健常者の理屈に合わせて骨身を削り続けることが正しいのか。
これもまた引き算の発想。
障害者には障害者なりの働き方があって然るべき。
これこそが足し算の発想だと思います。

実現のためには、健常者の厚意に甘えているうちはだめです。
それは所詮、健常者の理屈でしか与えられないからです。
自らができることを考え、自ら動くことこそが重要なのです。
もちろん、一人で頑張れという意味ではありません。
仲間が居て良いのです。
それこそ、障害の有無に関係なく、目的を同じとする人が力を合わせれば良いのですから。

就業支援センターの方でも考えるところがあるようです。
確かに、起業して働く人数分の収入を得ることは至難の業です。
でも、今回は正社員にこだわっている訳ではありません。
障害者年金だけでは賄えない部分だけ補えば良いと考えれば、働き方の選択肢はうんと増えます。
ならば、複数の仕事を掛け持ちしても良いのです。
「自分のやりたい仕事」と「生活費を稼ぐための仕事」。
もし事業が軌道に乗れば、前者のウエイトを徐々に大きくしていけば良いと。

40歳を過ぎ、ハローワークでの求職活動はより一層厳しくなってまいりました。
でも40歳という数字は果たして不利なだけなのか。
20年近い社会経験を重ねて来た今だからこそ、こういうことを考えられるようになってきたのではないか。
むしろ、これからがチャンスなのではないかと就業支援センターで言われました。
目から鱗です。
その発想はなかった!

今まではハロワに通う都度、求人票5枚を持って帰るように言われていましたが、次回からは、これぞと思う求人があった時だけ連絡して面談を持つように変わりました。
もしかすると、一歩前進したってことなのかも。
考えなきゃいけないことは、まだまだたくさんあるようです。(`・ω・′)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

さいきょーの居場所を考えてみた


→pixivで見る

チルノ「呼んだ?」
かずや「呼んでません。」
チルノ「タイトルに"最強"って書いてあるじゃん。」
かずや「どの辺が最強?」
チルノ「ドライアイスを肴にしてマグマが呑める。」
かずや「溶けちゃうよ。確実に。」
チルノ「あれは偽物の仕業。本物のあたいは不死身よ!」
かずや「ガリガリ君あげるから、いい子にしててね。」
チルノ「わーい♪ あたい、いい子にしてる♪♪」



     * * *



◆ ぼくのかんがえた さいきょーのさろん ◆

○交通の便の良さげな場所で、2DKマンションを借りる。
 ▽基本的に改装はしない。初期費用の圧縮になるし、撤退も容易。
  ・玄関寄りの部屋(以下、ロビー)はフローリング。
  ・奥の部屋(以下、憩いの間)はカーペットもしくは畳。

○ドリンクと簡単なフードメニューを有料で提供する。
 ▽ドリンクの候補は、コーヒー、紅茶、ジュースとか。
  ・コーヒーはちゃんとドリップで!
  ・紅茶は当面ティーパックで勘弁を。
  ・ジュースは市販の果汁100%ものと、
   健康を考えて野菜ジュースとか。
 ▽フードメニューの候補は、サンドイッチ、クッキー、ケーキなど。
  ・サンドイッチはミックスサンドとか。
   あとリーズナブルなチーズサンドとか。
  ・バタークッキーは自家製。
   バターせんべい? もう生地を捏ねすぎたりはしない!
  ・パウンドケーキぐらいなら作れるのよ。
  ・プロ級の洋菓子技術を持つMさんを引っ張り込めないか。
  ・いっそTさんも引っ張り込んで日替わりランチとか。
   用心棒も頼めるし。
  ・あとは冷凍食品チンして出すとか。
   カラオケBOXとかではよくある話。

○ロビーは基本的に椅子席。
 ▽コンセプトは「入りやすく、帰りやすい。」
  ・電動車椅子でも出入りできる構造が理想。
  ・Yさんは常に歓迎です。むしろ常連になって♪
  ・余分な部屋がないので全面禁煙です。
  ・分煙? ベランダなら開いてるかも。蛍族でごめんね!

○憩いの間はゴロ寝対応。
 ▽コンセプトは「ゆっくりしていってね!」
  ・そうだ、Hさんも仲間に引きずり込もう。
  ・相談もできる憩いの間。
   あれ? もう一部屋、居るんじゃね?
  ・やっぱり禁煙。ついでに禁酒。
   酔っぱらいの相手は手に負えないし。

○壁も有効活用。
 ▽画廊ごっこにも対応。
  ・あくまでも「ごっこ」ね。過度な期待はしないでください。
  ・利用料? ギブアンドテイクの精神で。
  ・Iくん、どう?

○付加価値あってこそのお話なので。
 ▽パソコン相談受け付けます。
  ・早い話が便利屋です。過度な期待は(ry
  ・パソコン教室? 具体的な質問なら受け付けるよ。
   カリキュラム考えるのめどい。
  ・利用料? ドリンクぐらいはオーダーしてくれるよね。
   おとなとして。

○結論
 ▽ひとりじゃ無理。
  ・技術や経験を持っているのに、
   人間関係で躓いてしまう発達障害者に働く場を!
  ・就労支援施設じゃないのよ。明らかに経験者向け。
  ・やはりここはHさんを仲間に引きずり込んで。。。
  ・福祉施設に併設という形まで持って行ければ、
   未来よウェルカム!

○あとがき
サロンでYさんに「俺たち障害者が働こうと思えばさ、健常者の理屈で働くのは無理があるのだから、いっそ自分にできる仕事を新しく作り出した方がいいんじゃね? だからさ、君も自分を安売りするのは止めて、自分にできることで新しい仕事を作り出してみようよ。」と声をかけられたのが17日(水)のお話。
まあ無理だとは思うのですが、考えてみるだけならタダなので、考えてみた結果がこれだよ!

なので18日(木)も、ハローワークで地道に求人票漁りを続けてます。
はぴねすでの就労相談は、26日(金)に予定を組んでいます。
そもそも自力で事業を起こすようなタイプじゃないので。

でも、自分を安売りしているだけじゃ、ジリ貧なのも確か。
その辺りのことをじっくり考えてみる良い機会なのかもしれません。

ゆっくり。ゆっくり。

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

烟河温泉



My携帯電話のカメラはフラッシュが付いてないので、薄暗い場所で撮影を強行すると悲しい目に遭います。
盗撮防止のためにシャッター音を付けるぐらいなら、セットでフラッシュも付けてくれたりと思ってもみたり。
でも電池の消耗が半端ないだろうし、そもそも携帯電話にそこまで求める方がアレなのかもしれません。
単にデジカメを持参すれば済む話だし。((*ノ∀`))クスクス

20121012_002a.jpg

京都駅から嵯峨野線という名の山陰本線の普通電車に揺られること30分弱。
昨日12日(金)は、ほっとハウスのレクリエーションで亀岡へ行ってまいりました。

20121012_005b.jpg

JR亀岡駅から今度は無料送迎バスでさらに20分ばかり。
到着したのは、湯の花温泉の奥にある「京都・烟河」です。

20121012_008a.jpg

中庭には足湯があり。
なぜか「村長」が集まって首脳会議を開いておりました。
ひとりスフィンクスっぽい子が居て、なぜか「酋長」と呼ばれていたような(笑)

20121012_009a.jpg

お昼のランチバイキング。
地元で採れた野菜をふんだんに使った料理を自由に頂けます。

えらく小食じゃないかって?
そりゃ、これは第一弾ですもの。
バイキングでのお残しとお持ち帰りは御法度。
この後、2回ばかりお替わりさせて頂きました。(。-∀-) ニヒ♪

20121012_010a.jpg

バイキングの中には、こんな珍しいものも。
中の具材を自由に選び、出汁も好みのものを選べる「ひとり鍋」です。
思わず手が出そうになったけど、いよいよ食べきれなく気配がしたので、今回は謹んで諦めました。
一通り食べようと思ったら、最低数回は通う必要がありそうです。
ポイントカードまでくれたし。
やるな、商売上手。( ̄ー ̄)

このあとは、のんびりお風呂タイム。
大浴場には露天風呂もありました。

お風呂の写真?
携帯水没の危機まで冒してヤローの裸なんて見たくないでしょ? (・∀・)ニヤニヤ

20121012_011.jpg

風呂上がりといえば瓶牛乳ですが、流石に置いてなかったので、代わりに温泉サイダーを頂きます。
これとは別にトマトサイダーなるものも置いてあったのですが、そもそもトマトジュースが苦手なので、どうしてもお風呂に入りたがらないN氏に、入浴代わりに飲ませました。
N氏曰く、甘くて飲みやすかったそうです。(  ̄ノ∀ ̄) ヒソヒソ

ちなみにこの「突進サイダー」、三ツ矢サイダーに似た味わいで美味しかったです。(・∀・)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

にんじんドレッシング



5日(金)の午前中は、京都大学iPS細胞研究所…のすぐ隣にある京都大学医学部附属病院西病棟へ行っておりました。
研究所と病院が隣接しているというのも凄い話ですが、駐輪場にこんなマンホールがあったりしますから、なかなかに生々しいものがあります。
この中では恐らくリアル○イオハザードが…コンコン…おや、誰か来たようです。( ゚Д゚)

京大病院と言えば、東大路通りに面した東構内に林立する真新しい病棟のイメージが強いのですが、精神科だけは川端通りに面した西構内の中にひっそりと建つ西病棟の中にあります。
うっそうと茂る木々に包まれた、なかなかに良い雰囲気の一画にあります。
しかも京阪電車の神宮丸太町駅の真ん前という便利さ。
精神科だけが隔離されているというより、精神科こそ一番良い場所に残されているという表現がふさわしいです。
なので玄関先の芝生には、よくムカデさんやハチさんもよく遊びに来たりするらしく、注意喚起の看板まで建てられていたりします。

さて、就労の可否について再確認してくるように発達障害者支援センターから言われてきたのですが、結論から言えば「就労可」。
あくまでも気持ちが向いている時に焦らずに…という条件も従前の通り。
今回はやはり「焦り」がマイナス方向に出てしまったことが要因のようです。

事情が理解出来れば、前向きに動けるというもの。
なので、連休明けにでも早速「はぴねす」に活動再開の連絡を入れたいかと思います。
もちろん、活動再開のための下準備ということで。



      * * *

20121007_001a.jpg

今日7日(日)、教会へ行く途中でマイマシーンが29,000km到達。
某SNSがカウンター機能を廃止して以来、キリ番で遊べなくなったので、代わりにこれで遊んでます。
次は、いよいよ栄光の30,000km! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○



(´;ω;`)ブワッ



      * * *

20121007_003a.jpg

おまけ。
本日のサロンのお昼ごはん。
メインはハヤシライス。
添えられたサラダにかけられているのは、ニンジンのドレッシングです。

毎度おなじみのシェフ担当Tさんは、市販の合わせ調味料で妥協するのを良しとせず、どんなに忙しくてもソース類は必ず手作りしてます。
なので、こういう一風変わったドレッシングが登場することもあります。
すりおろしたニンジンの甘さと酢のほどよい酸味が絶妙で、このままご飯にかけて食べても美味しいんじゃないかと思われる優しい味でした。(*´Д`*)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク