とうがらし通信とWindows8.1


→pixivで見る

東風谷早苗「うふふ…。ただの巫女ではありません。私は○○○なのですから!」

続きはWeb文末にて! (゜∀゜)☆\(--; バキ

     * * *

先日、Windows8の後継ヴァージョンが発表されました。
その名も…
「Windows 8.1」

わかりやすぅ~(笑)

一番気になるのは、やはりスタートボタンの「その後」でしょう。
Windows8では、タッチパネル対応になったのに合わせて、操作画面が大幅に変更されました。
その最たるものが、スタート画面の導入とスタートボタンの廃止です。

古株のMacユーザーであれば記憶に残っているであろう「At Ease」。
最初に購入したPerforma630(漢字Talk7.1)の起動画面がコレでした。
はじめのうちこそお世話になりましたが、だんだん鬱陶しくなってきて、最後は起動項目から外してしまいました。
同じ経験がある人は正直に手を挙げましょうw ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ

歴史は繰り返すと申しましょうか。
Windows8の売りの一つであったスタート画面も、スマートフォンに使い慣れた人には便利みたいですが、Windows95からの伝統に慣れ親しんでいた身には戸惑いの一言。
スタートボタンの廃止も重なって、シャットダウンの方法が分からずにパニくった人は僕だけではないはず。
同じ経験がある人は正直に手を挙げ(ry (゜∀゜)☆\(--; バキ

シャットダウンに関しては、VISTAの時にも改悪としか思えないような変更があり、不評を受けてWindows7で元に戻された経緯があるのですが、今回も似たような展開となりました。
ただ今回は元に戻された訳ではなく、M$社曰く
「決別から融合へシフトした」
…のだそうです。

タスクバーの定位置にスタートボタンが復活し、そこからスタート画面を呼び出すシステムに変更される模様です。
立ち上げ直後の画面が気になるところですが、カスタマイズで切り替えができるならば、クラシックスタイルに慣れ親しんでいたユーザーの不満も大きく解消されることでしょう。
今はまだ評価版の段階なので、製品版では色々と修正が入るかもしれませんが、Windows8の変貌ぶりに困っていたユーザーには朗報というところでしょうか。

ちなみに僕ですか?
基本的にMacの人なので♪ (゜∀゜)☆\(--; バキ
冗談はさておき、今使ってるWindows7がなかなかに使い勝手が良いので、当分は様子見ということでw (。-∀-) ニヒ♪

     * * *

20130625_001a.jpg

今週は、ほっとハウスにて「とうがらし通信」の発送のお手伝いに勤しんでおりました。
普段なら「印刷」→「組立・封緘」→「発送」という手順なのですが、今回は「修正」の工程が加わりました。
追加する文字はないので、文章の一部を修正液で塗りつぶすのみです。

修正ペンを手に、手作業で塗りつぶしていくのですが…これがまたシール貼りよりも過酷な作業であることが判明しました。
修正ペンの構造上、常にペンの胴を押さえながらの作業となります。
数枚ならともかく、発送分だけでも700を超えます。
地域活動支援センターという施設の特性上、手伝いができる人間も限られています。
親指が…親指がぁ…。

オイラ、頑張りました。(´;ω;`)ブワッ
最後は指の感覚もなくなりペットボトルの蓋も開けられなくなるぐらい。
このまま腱鞘炎で…なんて事態も想定されましたが、幸いドクターストップが入りました。
帰宅後、よく冷えた泡の出る麦茶で経口消毒したらケロリと治りました。
やっぱり、よく効きますね。
よく冷えた泡の出る麦茶。(笑)

20130625_002.jpg

そこまでして塗りつぶした箇所ですか?
洒落の通じる相手なら全然許容範囲なのですが、色々な方に送付する公的な文書としては少々問題がある単語が使われておりまして。
誰かを貶めるような文言ではないのですが、あらぬ誤解を避けるという意味で。
本来であれば校正段階でチェックがかかるはずなのですが、制度改変に伴うドタバタが招いた悲劇です。
措置費はどんどん削られるのに、事務作業は増える一方なのですから! ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

…あれ? なんで文頭の早苗さんのセリフ、一部が伏せ字になってるんだろう?? ( ゚Д゚)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

ようやく梅雨らしくなってきた?


→pixivで見る

河城にとり「河童の技術は世界一~♪」

先週までの空梅雨を清算するかのような大雨の連続。
大雨前日に警報が出たら休みになるかという話題になった時、また大げさな…とか思っていたら、本当に大雨警報が出ちゃいました。
天ケ瀬ダムの河童たちも、久々のまとまった雨に大喜びしていることでしょう。
もっとも、宇治川で河童を見たという話は一度も聞いたことがないのですけどね。((*ノ∀`))クスクス

人間にとっては、気温が下がってくれたのが一番の恩恵かも。
クーラーどころか扇風機も要らない勢いです。
今日からまたしばらくは晴天です。
そして最高気温も早速30℃超えの予想。
せっかくの雨も、一度に降って海に流れてしまえば意味がありません。
何事も、時間をかけてじっくり取り組むのが大切ということなのですね。(o・ω・)(・ω・o) ネー

20130621_001a.jpg

本日のネタ画像。
ボス ブラックスパークリング
なるものを見つけたので、試しにドリンクしてみました。

これは目が醒めるZE!

主に精神的な意味で。
ある意味、眠眠打破より効果的です。
なんと言ってもエスプレッソのブラックですからね。
炭酸の刺激と相まって、眠気を吹き飛ばすこと請け合い。

リラックスしたい時よりも、むしろ気合いを入れたい時に飲むのが良いかもしれません。(  ̄ノ∀ ̄) ヒソヒソ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

あまりの暑さにハリーナしてきた


→pixivで見る

梅雨って、もっとこう湿っぽくて、どんよりしたものだと思うのですよ。
透き通るような青空とか、降り注ぐ太陽とか、まだまだ出番じゃないと思うのです。
どうにも梅雨成分が足りないので、代わりに小傘ちゃんを貼付けておきます。(´・ノω・`)

今日は京大病院にて、いつものように診察でした。
週間予報じゃ台風直撃だったので、正直なところ外れてくれて助かりました。
逸れるどころか消滅しちゃったので、梅雨前線も静かなものです。
いや本当、気持ちが悪いぐらいの晴天です。
ぶっちゃけ、気持ち悪いです。
直射日光と最高気温35℃のコンボとか、6月の天気じゃないし! ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

こうも暑いと、色々なものが狂ってくるようです。
精神科の予約は10時10分。
せっかくの快晴なので、バイクで出かけました。
早めに出たら早くに着きすぎて、まだ9時30分にもなっていませんでした。
冷房の効いた待ち合いで一休みさせてもらおうと思ったら、10分と経たずに順番が…。
なんでも、今日は患者さんの数が少なくて、予約時間を前倒ししてくれたとのこと。
珍しいこともあるものです。
薬局で薬を頂いた時点で、まだ10時にもなっていません。

ふと、羅部くんが病院の近所で絵画展を開いていることを思い出しました。
「そしてもう人間にも戻れないなぞのひと」
http://kaijyuusinbun.blog101.fc2.com/blog-entry-760.html
電話してみると、今日は会場のキッチンハリーナに出没するとのこと。
せっかくなので、寄って帰ることにしました。

20130614_101a.jpg

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

最近、ネット上で自らの本名と顔写真が拡散していることに軽く恐怖を覚えている羅部くんの要請により、代わりに彼が食べていたオムライスに出演して頂きました。

このオムライス、通常サイズでもなければ、そもそもメニューにも載っていません。
(普通のオムライスは載ってます。前菜付きで850円。)
羅部くんのみがオーダーすることを許されているという幻の裏メニュー。
その名も、
トリプル・オムライス!
…だそうです。

ちなみに本邦初公開だそうです。
早い話が、大食いで定評のある彼のために今回はじめて作ってみたとのことで、お店の人まで一緒になって写真を撮っておりました(笑)

由来とか経緯とかは、ご当人に聞いてもらうのが一番かと思います。
…が、本当は自分のブログとかにアップしてくれればいいのに、色々とシャイな人なんで…。
いっぱいいっぱいで潜水モードに入っちゃった時は、なんか考えます。(´・ω・`)

20130614_204a.jpg

35℃の炎天下で食欲も減衰気味のため、僕はアイスコーヒーだけ頂いて帰ってきました。
両腕もこんがり焼けて、写真のようなことに…。(゜∀゜)☆\(--; バキ

オムライスを食べながら、通い猫の話をしていた羅部くん。
どうしても猫写真が撮れないそうなので、話のネタのお代に、うちの猫たんをアップしておきます。

暑さのあまり扇風機に助けを乞う図…な訳ではなく、ちゃんとクーラーかかってます。(この扇風機は送風&ちょっとだけ暑い時用)
暑がりなくせにクーラー嫌い。(冬の寒さは平気らしい)
人工的なものが嫌いなのかと思えば、プラスチックやビニール袋が大好きで、食べこそはしませんが、どこからか見つけ出してきては嬉しそうに舐めております。

謎だ…。

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

バザーを終えて


→pixivで見る

多すぎる情報は人を迷わせると申します。
人間が一度に処理できる情報量はたかが知れていますから、たちまちオーバーフローを起こします。
多角的な分析よりも取捨選択が優先されるようになり、結果として自分にとって都合のよい情報だけを集めて満足するようになります。
そこには他者に対する思いやりはありません。
その一つの結果が、今問題となっているヘイトスピーチなのでしょう。

僕自身、決してコミュニケーションが上手な訳ではありません。
かと言って、自分の部屋の中に閉じこもって安穏とできるような身分でもありません。
不器用なりに頑張って、社会の中を懸命に生きている訳です。
ところが、心ない人はその頑張りを平気で踏みにじります。
悪意の有無は関係ありません。
自分勝手な理屈は、相手にとっては苦痛でしかないのですから。

予防策として注意書きを考えるも、書いては消すの繰り返し。
結局のところ、注意書きというものは読んでほしい相手に限って読まないものです。
悪意のある人は無視しますし、無頓着な人は最初から読もうともしません。
虫を捕らえられない殺虫剤なら、最初から撒かない方がマシです。
虫除けのハーブのようなものを植えられたら良いのでしょうけど、そういう妙案はなかなか思いつかないものです。

     * * *

20130609_002a.jpg

9日(日)教会にて、東日本大震災の被災地支援バザーがありました。
以下、個人的観点に基づく個人的まとめ。

今回のバザーに参加するにあたって、教会の方々と何度か話をしました。
発達障害があるため、臨機応変な対応を苦手とすること。
なので、バザーのような非日常的な環境が非常に辛いこと。
一方で、明確な役割や範囲を与えられた方が自発的に動きやすいこと。
与えられた職務は責任もって全うすることは、これまでの20年間の教会での働きで実証済みです。

教会の方でも新たな人手を必要としていました。
食堂・喫茶コーナーでは食券方式を採用していましたが、動線的な問題もあり食券は廃止することになりました。
食事提供に携わる人が現金を触ることは、衛生上好ましくありません。
そこで、現金を扱う人を専属で配置する必要が生じました。
ギリギリの人数で回していますから、食堂・喫茶コーナーから人間ひとりを捻出する余裕はありません。

幸運とはこういうことを言うのでしょう。
会計係という重要任務を拝命することと相成りました。
バザーの規模からして、行列ができるほど混雑することもありません。
商品が限られていますから、計算で困ることもありません。
調理係が接客係を兼ねているので、いつでも助けを求められます。
一人で切り盛りできる代わり、正確さと責任感を必要とするポジションでもあります。

結果から申せば、どうにか職務を全うすることができました。
不器用なりに誠意をもって対応したのは当然のこと。
教会の中という、ある意味守られた空間であったことも幸いしたように思います。
スマートさを要求されれば、たちまちペチャンコです。
実際、それでペチャンコになることの繰り返しでした。
だから、今すぐレジ係として働けるという類いの話ではありません。
今後、どういう働き方なら続けることが可能なのか…という判断材料の一つを得られたという意味合いが強いです。
机上の話ではなく実際の成果なので、とても貴重な判断材料だと思います。

長髪と無精髭で心理的な壁を作ればいい…なんて言う人が居ますが、とてもじゃないけど笑えぬ冗談です。
「これだけ働けるのだから大丈夫」みたいな無責任な褒め言葉や、「考えすぎ」や「気にしすぎ」等の安易に苦しみを否定するような言葉も受け入れがたいものがあります。
就職しては退職に追い込まれるの繰り返しだった人間に対して、まさに傷口に塩を塗り込めるような言葉なのです。
ここまではっきり書いても、考えなしに言葉を投げてくる人は相変わらずです。

悪意の有無は関係ありません。
ほんの少しの想像力をお互いに働かせることができるのなら、もっと暮らしよい世の中になるだろうにと思います。
もちろん、自分自身に対しての自戒も込めて。

     * * *

20130609_001a.jpg

おまけ。
今回の支援バザーで提供された夏野菜チキンカレー(300円)です。
東日本大震災の被災地でもある福島県いわき市から取り寄せた食材を中心に調理、提供したものです。
大好評(?)につき、ほぼ完売でした。
ごちそうさまでした♪ ヾ(*´∀`*)ノ

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

被災地支援バザーのお知らせ



今度の日曜日、教会の方で被災地支援バザーを開きます。

【第5回被災地支援バザー】
日時:2013年6月9日(日)11時00分~14時00分(雨天決行)
会場:八幡ぶどうの木教会(ぶどうの木保育園北隣)
*福島県いわき市より現地の農産物や食品等を取り寄せて販売します。
*食堂コーナーでは、これらの食材を使った夏野菜チキンカレーを販売します。
*喫茶、子ども向け、献品販売、キリスト教書店の各コーナーもあります。

【会場案内】
http://www3.ocn.ne.jp/~grape/guide/

20130602_001.jpg

東日本大震災のあった年から年2回開催しているバザーです。
収益は東日本大震災に被災された方々を支援するために捧げられます。

以下、コメント不要なひとりごと。
前回の日記で人見知りについて書きましたが、バザーはまさに僕の苦手とするところです。
通りすがりの知らない人が相手なのであれば、まだ割り切って対応できるようです。
既に顔を合わせている相手、もしくは今後も顔を合わせるであろう相手というのが、一番難しいのです。

まずは距離感がつかめません。
もちろん無愛想という訳にもまいりません。
精神的負荷は雪だるま式に蓄積していきます。
むしろ、前の日から不安が不安を呼び寄せ、それだけでダウンです。
実際、初回の支援バザーは参加できずにいました。

最初の頃こそ、なかなか理解してもらえなかったのですが、無理をしない範囲で参加しつつ、評価と反省の話し合いを重ねることで、その溝は徐々に埋まってきたように思います。
ただ不参加を続けるばかりでは溝を埋めることはできなかったでしょうし、ただ辛抱するだけでは絶対に長続きしなかったことでしょう。
少しずつ時間をかけて歩み寄った結果であり、歩み寄りはこれからも続くことでしょう。

世の中には面倒がって反省会を開きたがらない人も居ますが、その考えは良くないと思います。
「ハインリッヒの法則」と呼ばれるものがあります。
大きな事故の背景には小さな事故が29あり、さらにその背景には事故未遂とも言うべき異常が300あるというものです。
この異常のことを「ヒヤリハット」とも言います。
徐々に定着してきているようですが、まだまだ浸透しきっている訳ではありません。
反省会こそ開いていても「犯人さがし」や「報告会」で終わらせてしまっているところは多いと思います。
ましてや「反省するようなことは何もない」と豪語するようなリーダーまで実在する始末なのですから。(´;ω;`)ブワッ

キャンプが終わった後は、キャンプをする前よりも綺麗にして帰るのがマナーと申します。
後片付けの段階から既に次の準備が始まっていると申しても過言ではないでしょう。
ゴミの放置なぞ論外です。
反省会もまた同じ。
問題点を置き去りにしたままでは、いずれ破滅的な事態が訪れることでしょう。

原子力発電所の是非については賛否両論あるところでしょう。
ただ一つ確かなことは、福島第一原子力発電所の事故は、決して過去の出来事ではないということです。
復旧はおろか、収束すらできていないのですから。
過去と決別したいのであれば、まずは清算をするのが先というものです。
低コストを謳っておきながら、後から撤去費用を上乗せ請求するなど、詐欺としか言いようがありません。
怪我を手当てしようにも、傷口から流れ出る膿みが止まらないことには回復は遠いです。
まずは膿みを出し切って、十分に消毒してから傷口を覆うことが肝要かと。

最近、巷では歴史認識うんぬんというニュースも飛び交っておりますが、相手の非を責める前にまずは自らの姿勢を正してほしいと願うばかりです。
他人の欠点は見えやすく、自らの落ち度はなかなか受け入れられないものです。
もちろん僕自身に対しても、自戒の意味も含めて…。

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク