炊飯器ピラフ


→pixivで見る

今日は秋分の日。
世間一般では休日でございます。
先の連休が雨に祟られた代わりに、今回は過ごしやすい晴天に恵まれました。
行楽日和とは、まさに今日みたいな日のことを言うのでしょう。

しかし世の中には例外というものが必ず存在します。
それが独立した話であれば問題はないのですが、様々な要素が複雑に絡まり合って構成されているのが人間社会というものであります。
早い話が、施設はいつも通りに開所するも、スタッフ全員がいつも通りに出勤できるとは限らないというお話です。
我が子の晴れ舞台、親戚縁者の集まり事、その他諸々の理由で休暇を取らざるを得ないスタッフがいるのは当然の成り行きでありましょう。
スタッフを責めてはなりません。世間一般では休日なのですから。
いっそのこと休所にしてしまえば良いのですが、生活のリズムを守ることが体調維持に直結する方が多いのも事実。
曜日で開所日を固定せざるを得ない事情があります。

ならば、こういう時こそ利用者が一致団結して業務遂行を手伝っても良いはずなのですが、貧乏くじを引きたくないという思いからか、単に働いたら負けだと思っているのか、余計な口は回れど重い腰はどうにも上がらぬようです。
「自分には何もできない。障害が軽い人だけが手伝えばいい。」
こんなことを言い出す人までいるのが現実です。
もちろん言ってるだけで、その気になれば手伝えることはいくらでもあるのです。
余計なことをしてはスタッフに甘えることだけは一所懸命なのですから、ただの言い訳であるのはバレバレです。
鈴を付けに行く気がないネズミさんたちが、誰が猫に鈴を付けるのかと言い争っているようなものです。
実際のところ、自発的に働く人は最初からそういう施設に通います。
ここは、様々な理由で他の施設に馴染めない人の受け皿にもなっている施設ですから、実に難しい問題であります。

ただ、そういう人ばかりでもありませんから、しわ寄せが行くようでも困ります。
手伝う人が皆無という訳でもありません。
限られた人手で実現可能な道を探るのが現実的です。
一番の難問が昼食作り。
他業務との兼ね合いから、専属で調理場に立てるスタッフは一人だけです。
あとは僕らで手伝わねばなりません。
かと言って、お茶漬けを出して終わりという訳にもまいりません。
手伝う気がないのだから、たまにはそういう日があっても良いとも思うのですけど、そこは福祉施設のプライドというやつです。
ならば、きちんとした食事を出した方が手伝う側としても気分が清々しいというものです。

20130923_001a.jpg

○カレーピラフ
○野菜サラダ
○ワンタンスープ
○スイート・パンプキン


種明かしをすると、まずワンタンは余ったのを冷凍保存してあったものです。
貸農園のおじさんから頂いたカボチャをマイソウルブラザーと二人でマッシュして、蜂蜜やバター等を混ぜ合わせた後、皿に入れてオーブンで焼きました。
野菜サラダはレタスとトマトをスライスして、あとは有り合わせのドレッシングをお好みで。
そしてカレーピラフは、材料を炊飯器に入れ、あとは炊飯器任せで完成。
まさに文明と知恵と閃きの結集と言える献立です。(`・ω・′)キリッ

特筆は、やはり炊飯器で炊き上げたカレーピラフ。
みじん切りにしたタマネギを釜の底に敷き、その上に米を乗せ、規定量の水を注ぎ込んだ後、カレールー等の材料を並べて炊飯器に投入しました。
最初、タマネギの分だけ米の高さが上がり、水がかぶらない部分があったので、果たして無事に炊きあがるのかドキドキものだったのですが、このレシピを考案した人はまさに料理の匠でした。
加熱したタマネギがしんなりすることで米はきちんと水に浸かり、丁度良い具合の水加減となりました。
しかも釜底をタマネギが保護してくれるので焦げ付きは皆無!
お焦げご飯が楽しめないのが難点ではありますが、あの焦げ付き鍋を洗うことを考えたら、人手が足らない時には大助かりです。
カレールーを一番上に砕いて蒔いたので、釜に匂いが残らないのも朗報。
後片付けの手間が省けること請け合いです。

単純に手伝いだけするつもりが、随分と勉強になりました。
この技は自炊でもかなり有効です。
炊飯器ひとつあれば、調理は炊飯器任せで、後片付けも楽チン。
もちろん、お味の方も良好♪

なお食器洗いは、スタッフの支援のもと、基本的に食事されたご本人にして頂きました。
実はこれがまた画期的な出来事だったりします。
本当に長い道程でした。おっちゃん嬉しい。( ;∀;)

本当に色々な意味で、ごちそうさまでした☆

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

大雨で特別警報が発令されました


→pixivで見る

9月1日、9月8日、9月15日。
日曜日ごとに、まるで狙い撃ちしたかのように繰り返される雨。
三度も続くと流石にうんざりです。

ところが、そんな恨み節も吹き飛ぶ事態が発生しました。
昨晩から雨脚が強くなり、窓を叩き付ける雨の音がひどかったので、精神安定剤のつもりで雨戸を閉めてから寝ました。
今朝になり、まだ夜も明けきらぬうちに、耳慣れぬ着信音と共にメールが…。
あまりにもひどい雨音に、まさかとは思いましたが、その予想は的中しました。

> 日時:2013年9月16日05時07分
> 件名:エリアメール
>
> 大雨特別警報発表
> 5時05分京都府全域に大雨特別警報が発表されました。
> これまでに経験したことのないような大雨になるところがあります。
> 最大級の警戒をしてください。
>
> (京都府)


家は高台にあるので浸水の心配はないのですが、とにかく風雨の音が尋常ではありません。
雨戸を閉めているのでガラスが割れることはないでしょうが、家がガタガタ揺れているのが分かるので、とても安心できるような状況でもありません。
幸い手元の携帯でワンセグが受信できるので、早速NHKのテレビ放送を確認してみますが、なんとも恐ろしい光景が映し出されておりました。
嵐山の渡月橋付近で欄干が洗われるほど水位が上がり、道路上まで濁流が届いているではありませんか!
僕の記憶が確かであれば、あの界隈は川沿いに店舗などが立ち並んでいたはずで、水面が橋の上まで届くというのは、街そのものが浸水することを意味しています。

> 日時:2013年9月16日05時33分
> 件名:エリアメール
>
> 八幡市に大雨特別警報が発令
> 5時05分、八幡市に大雨特別警報が発令されました。土砂災害や河川の増水に警戒してください。
> (八幡市)


今度の大雨特別警報が、決して大袈裟な話ではないことを理解するのに時間はかかりませんでした。
家の周囲だけ見て、中には勝手に安心を決め込んでいる人も居たようですが、そういう人は水の本当の恐ろしさを知らない人です。
東日本大震災の津波の時の教訓がもう風化しかかっているのかと悔しい思いです。
水というものは、大きな流れであるほどに、まるで化け物のような力を持ちます。
膝まで水位が上がれば、人は流れに逆らって歩くことができなくなり、腰まで達すると立つことすらできなくなると言います。
そしてその運動エネルギーが尽きるまで、破壊を続けながら陸上を進撃していくのです。
相手の本当の強さを知る者のみが生き残れるというのが、現実世界の過酷さなのであります。

> 日時:2013年9月16日06時49分
> 件名:エリアメール
>
> 土砂災害警戒区域に避難勧告
> 八幡市災害対策本部よりお知らせいたします。
> ただ今、八幡市に大雨特別警報が発令中です。
> 男山周辺の土砂災害警戒区域の市民の皆さまにおかれましては、身の安全を最優先し、自宅の安全な場所か、山柴公民館あるいは橋本公民館へ避難をお願いします。
> (八幡市)


我が家は峠道に面した住宅地にあるので河川から直接浸水する心配こそはありませんが、今回のような大雨では下水管の許容量を超えて道路は川となり、濁流は沿道にも容赦なく押し寄せていきます。
日頃は不便に感じていた坂や階段も、この時ばかりは本当に心強いと感じました。
改めて、今の場所に家を構えた父母の先見の明に感謝せざるを得ません。
朝10時を回ると雨も風もすっかり落ち着き、大雨特別警報は大雨警報に移行しました。
どうにか一番危険な時は抜けることができました。
ところが今度は洪水警報が構えていました。

おらが町こと八幡市は、朝のニュースで頻繁に映し出された渡月橋を流れる桂川の下流に位置します。
しかも、琵琶湖を水源とする宇治川と三重県から流れてくる木津川の三川が合流して、淀川を形成する丁度その場所にあります。
隣の伏見区で桂川が溢れて被害が発生しているとの一報が入ってきたのは、大雨特別警報が大雨警報に移行したぐらいのタイミングでした。
羽束師と言えば、家から10kmと離れていません。
京都府の自動車免許試験場や、事業所等から出るゴミを引き取ってくれるカンポさんもあり、何度も訪問している場所です。
夜になっても詳しい状況が掴めないので心配です。

宇治川も危険な状態になっていました。
いつもお世話になっている「ほっとハウス」は、巨椋池(おぐらいけ)を干拓して作られた土地にあり、町名もずばり宇治市小倉町(おぐらちょう)です。
以前から、宇治川が決壊したらこの辺りは間違いなく水没だな…なんて話をしていたのですが、それが現実の話となって降って湧いたのです。
ほっとハウスから安否確認の電話がかかってきたのですが、むしろこちらの方が確認しないといけないぐらいの状況でした。
伏見区向島から宇治市にかけての旧巨椋池干拓地一帯が避難指示区域に指定されたというのですから。
この時点で、京都市だけでも26万人の住民に避難指示が出ていたというのですから、事の重大さに今さらながら背筋が寒くなる思いです。

京都と大阪を結ぶルートでは、JR東海道本線と阪急京都線は桂川を渡る区間が運行見合わせになり、京阪電車も宇治川を渡る区間で運行見合わせになりました。
新幹線を使うか、奈良回りで近鉄を使うかの二者択一状態。
大雨そのものよりも、川に行く手を阻まれたような感じです。
今日ほど川の存在を意識させられた日はありません。
名神高速も第二京阪も通行止めになったので、自動車は自動車で大変な一日になったようです。
雨に強いはずの地下鉄も、京都市営地下鉄東西線の御陵駅構内が水に浸かり不通になってしまったというのですから、今回の雨の恐ろしさが垣間見えるというものです。

今回対照的だったのが、JR西日本と近鉄の対応の違い。
始発から思い切りよく多数の線区の運休を発表したJR西日本。
可能な限り粛々と運行を続けた近鉄。
東日本大震災の時、いち早く東京メトロが運行を再開させたにも関わらず、JR東日本を始めとする郊外鉄道が運行見合わせを続けたので、渋谷等のターミナル駅では構内に利用客が溢れて機能不全に陥り、結果的に地下鉄まで再度運行見合わせになってしまったことを思い出します。

もちろん、どちらが優れていて劣っているという話ではありません。
足が確保されるに越したことはないですが、それはあくまでも安全が保証されていることが大前提です。
ほっとハウスのある小倉町界隈でも、高台を走るJR奈良線は朝から運行を見合わせたままなのに、避難指示区域を縦貫する近鉄京都線は運行を続けていました。
近鉄という鉄道も自然災害とは無縁ではなく、伊勢志摩方面の海岸部を走る路線では今回の東日本大震災による津波被害を踏まえ、津波に備えての安全対策をさらに強化させていると聞きます。
おそらく、判断基準が鉄道会社まかせになっていて、バラバラになっているのが一番の原因だと思うのです。

特別警報が出ているのを承知で、通常通り出勤された方も大勢居られます。
今回はたまたま休日だったのですが、これが平日だったらどうだったのでしょうか。
もちろん、こういう時こそ出勤せねばならない部署があるのは当然です。
そうではなく、単に職場の営業を止めたらいけないという理由だけで生命の危険にさらされていた人が、果たしてどれだけ居たことか。
実は、もっと厳しく交通を規制して「外出を思いとどまらせる」方法だってあるのです。
「身を守るための行動を最優先」と言うのであれば、本人の意思で思いとどまれるだけの後ろ盾が必要なのだと痛切に感じました。

緊急対応以外の外出は一切認めないぐらいの強い意志を守るには、今の「呼びかけ」では明らかに不十分だと思います。
まだまだ始まったばかりの制度だから、不十分な点はどんどん改善していけばよい。
現状に諦めて骨抜きになるような結果にだけはなってほしくはありません。
そのためにも、今一度、一人ひとりのいのちを大切に守り抜く思いが、僕たち一人ひとりに求められていると思うのです。
それは防災面にとどまらず、今以上に生きやすい社会へと変わっていくための道標になるものと思います。

> 日時:2013年9月16日18時34分
> 件名:エリアメール
>
> 八幡市内の避難勧告を解除
> 八幡市災害対策本部よりお知らせいたします。
> 18時21分に八幡市内に発令しておりました避難勧告を解除いたします。
> 引き続き、男山周辺の土砂災害や河川の水位に注意してください。
> (八幡市)


文末になりますが、今回の災害で被害に遭われた方々への癒しと一日も早い回復を切に祈ります。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

鎮痛剤から全力で逃げ切ってみた


→pixivで見る

ルナチャイルド「口みたいな栗って、一体どういうことなのよ~。」

サニーミルク、スターサファイアと続いたので、久しぶりにルナチャイルドも描いてみました。
日の光、星の光、月の光。
光の三妖精、コンプリート♪ ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

     * * *

あれは2週間前の金曜日のことでした。
京都市内で所用を済ませた帰り道、バイクで走行中にゲリラ豪雨に襲われました。
一応レインコートは積んであったのですが、あれよあれよという間にズブ濡れになってしまい、今さら感120%だったので、観念してそのまま走り切りました。
南区の国道1号線上で豪雨に捕まり、伏見区から久御山町へ抜けた頃には雨はあがってしまいました。
八幡市内ではほとんど降らなかったということですから、本当に運の悪い時に、運の悪い場所へ突っ込んでしまった模様です。
ズボンのポケットに入れていたタオルが、軽く絞るだけで水がジャーっと溢れる程度の濡れ具合。
帰宅中だったのは不幸中の幸いでした。

その日も朝から頭痛気味だったのですが、翌日には本格的な頭痛にクラスチェンジしました。
起きても痛い、寝ても痛い。
継続して痛い訳でもなく、何かの拍子にズキっと痛む…まさに腰痛のような痛さ。
寝てても痛いだけですから、普通に過ごして週末はやり過ごしました。

さて、月曜日。
痛みは相変わらずです。
さて、病院に行ったものか、どうしたものか。
こういうタイプの頭痛は、実は今度が初めてではないのです。
10年程前にも似たことがあり、念のために病院で診てもらったら、レントゲンやらCTスキャンやら散々検査されまくった挙げ句、姿勢のせいだろうという見立て。
ちょうど、柄にもなく哲学書なぞ読み漁っていた時期でしたので(笑)
結局、鎮痛剤を出されただけで終わり。
とにかく姿勢に気をつけて安静にしていたら、結局、日にち薬でようやく治りました。

多分、寝違えだと思うのです。
放射線やらレーザー光線やら浴びたところで、出されるのは鎮痛剤だけ。
病院に出かけるのも馬鹿らしいので、痛みと天秤にかけて、薬に頼らず自力で治すことにしました。
自力と言っても、そもそも日にち薬なんですけどね(笑)

首の動かし方さえ気をつければ、痛みもなく、日常生活にも支障はなかったので、そのまま様子を見ておりました。
そのうち、身体の方が勝手に覚えてくれたというのか、痛みを伴うような動きを自然と回避するようになり、痛みが走る機会は徐々に減っていきました。

そして2週間経過。
無理な姿勢を続けなければ、痛みに襲われることもなくなりました。
一応、治ったということで良いのかな??

     * * *

やはり季節の変わり目と言うのは怖いですね。
思いのほか、身体にダメージが蓄積していたようです
そうでなくても、今年の夏は異常だったし…。
猛暑が落ち着いたかと思えば、今度は豪雨と突風と落雷のオンパレード。
もう、雹が降って来ても驚かないですよ。
ファフロッキーズの奇跡で、空から蛙とか降って来るのも時間の問題かなぁ…。

皆様も、どうぞご自愛ください。(´;ω;`)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク