黒い恐怖


→pixivで見る

ルーミア「そーなのかー、闇の眷属なのかー、わはー。」

恐るべき闇の眷属…のはずなのですが、どうにも怖くないことで定評のあるルーミアです。
「そーなのかー」は公式の台詞ですが、「わはー」とは一度も言ってません。
普通に言ってそうだけど、本当に言ってません。

多分に大和鈴蘭のせい。
「水月」に登場する幼女ヒロインの一人。
気になる方は、googleとかで画像検索かけると、ザクザクHITします。

「水月」も「東方紅魔郷」も2002年に発表された作品です。
あれから12年も経つのですね…。
オイラも歳を取るはずです。(´・ノω・`)コッソリ


     * * *


とある施設のお話です。
洗った後の食器の始末について、二つの勢力があったそうです。

ひとつは「拭き取り派」。
もうひとつは「自然乾燥派」。

「拭き取り派」の主張は、手早く片付けないと埃等で汚れてしまう心配があるというもの。
一方の「自然乾燥派」は、タオルで拭くことで雑菌を媒介する恐れがあるというもの。
乾燥させることでは一致しているのですが、その方法で対立(?)した格好です。

結局のところ、自然乾燥のつもりで置いてある食器を、別の人が「いつもの習慣」で拭いてしまうものだから、なし崩し的に「拭き取り派」がイニシアチブを握る形になります。
「自然乾燥派」の主張の甲斐なく、その施設は「拭き取り派」に落ち着きました。

かく言う僕自身は、普段は「拭き取り派」です。
頭に「普段は」と付けたのは、衛生的に乾燥させられる場所がある場合は、自然乾燥を選ぶからです。
決して面倒だからじゃないですよ。
衛生上の見解からですYo! (`・ω・′)キリッ


     * * *


そことは別の施設のお話です。
僕がいつものようにお茶の支度をしていて、別のひとが湯飲みを出そうとした時のことです。
第一発見者は語ります。
密閉ケースの中に片付けてあった湯飲みに触れた瞬間、異変に気付いたそうです。

ぬるっとした感触。
そして、ケースの底にたまった水。

とてつもなく嫌な予感です。
でも、現実から目を背けてはなりません。
勇気をもって、現実に目を見開きました。

それは、何の変哲も無い湯飲みでした。
どこにでも売られている、ありふれた模様の湯飲みです。
簡単に入手できるので、補充にも困りません。

ところがその日に限って、いつもとは別の模様が付いていました。
湯飲みの縁に沿って、縁取りの模様を描いていました。
それは丁度、ウォッカベースの有名なカクテルのひとつ、ソルティドッグを思わせるものでした。
グラスの縁に盛った塩とグレープフルーツとの相性が抜群で、アルコールそのものが持つ苦みをグレープフルーツが調和してくれるので、アルコール初心者向けのカクテルとも言えましょう。

問題は、このケースの中に塩を敷き詰める習慣はないということです。
そもそも、湯飲みは白地です。
塩が付いたところで、そうそう目立つものではないです。
白地の湯飲みにくっきりと浮かぶ縁取り模様。
それは白地にこそ映える色でした。
否、目立つと表現すべきか。

その色とは黒。
湯飲みに黒の縁取り模様が施されているのです。
黒色の粉末?
活性炭なら衛生的にも良さげなのですが、そんなものは用意していません。
そう、それは自然発生的に現れたものなのです。





カビやん、これ〜〜〜〜〜!!






どうやら、前回に湯飲みを片付けた人が、湯飲みを十分に乾かさずにケースの中に積み上げてしまったようなのです。
最初は水滴でも、集まれば膨大な量となります。
時間とともに流れ落ちた水滴は底にたまり、連日の初夏を思わせるような気温に何度も蒸されたことでしょう。
密閉されたケースから水分が出ていくことはなく、カビの生育にはさぞかし好都合だったものと想像されます。

せめて青カビならペニシリンとかゴルゴンゾーラとか使い道もありそうなものですが、今回は黒カビです。
真っ黒いカビです。
まっくろくろすけです。

朝から湯飲みを全部流しに広げ、一個ずつ洗剤で洗った後、鍋に湯を沸かして一つ残らず煮沸消毒しました。
ケースの方も十分に洗ってから外に出し、半日陽に当てて乾かしました。
もう朝から計画が大崩壊です。
自分の責任でないにせよ、放っておく訳にもいかないですから。
まあ、実害がなかったので笑い話程度で済んだ訳ですが…。

いやはや、密閉ケースというのも考えものですね。
雑菌から食器を守るどころか、カビの温床になってしまうのですから。
十分に乾かすのはもちろんのこと、密封は禁物。
良い勉強になりました。(´;ω;`)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

さよならXP


→pixivで見る

チルノ「あたい知ってるよ。XPって、experience(経験、体験)から来てるんだよ。」

この氷精さんは、たまに賢いことを言います。
東方紅魔郷における「英吉利牛と一緒に冷凍保存」発言とか。
「イギリス」の漢字表記、すんなり書けます?
「英」語って言うぐらいだから最初の文字こそ思いつきますが、二文字目以降は僕も怪しいです。

単純に最初の二文字を取れば「EX」となる訳ですが、かのM$社もこれは遠慮したみたいです。
だって「Windows EX」なんて売り出したら戦慄モノですよ。
EXと言えば…。

20131225_1.jpg
→pixivで見る

フランドール・スカーレット「きゅっとしてドカーンね」

まさにMeたんを越える破壊級の萌えOS登場!? (゜゜)☆\(ーー;バキッ

XPたんが普通に大食いキャラに落ち着いてくれて良かったです。
艦これ的には赤城さんとか大和さんとか。
ボーキサイトこそ食べませんが、メモリはいっぱいいっぱい食べます。

20101026_1.jpg
→pixivで見る

西行寺幽々子「呼んだ?」

呼んでません。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル


     * * *


前置きが長くなりましたが、我が家にもXP搭載マシンがあった時代があります。
かく言う僕自身、4年前までXP搭載のデスクトップ機を所有していました。
その頃、ほっとハウスでメンバーさん向けにパソコン教室を開くことになり、練習用のパソコンを集めていたので、無償で供出した次第です。

これだけだと随分と酔狂な話になってしまいますので、さらに追加の説明。
供出を名目にMacBookを購入して、BootCampでWindows7をインストールしたと説明すれば、話の全体像が見えて来るかと思います。
そのMacBookは今も活躍中で、今この記事を書いてるパソコンこそが、そのMacBookだったりします。

当時、まだまだXPが幅を利かせていた時代ですから、Windows7の上位エディションではWindowsXP Modeがインストールできるようになっていました。
Professional版を購入できたので、WindowsXP Modeをインストールして様子を見ることにしました。
結局のところ、Windows7だけで事足りることが分かったので、WindowsXP Modeは長らく休眠状態でした。
周知の通り、4月9日にM$社によるWindowsXPのサポートが終了。
いよいよ残しておくメリットがなくなったので、WindowsXP Modeはさっくり削除しました。

20140420_006.jpg

問題は、教会で使っているパソコンです。
以前はWindowsXP搭載のノートパソコンを使っていました。
初期のモデルということもあり、最近は処理速度が目に見えて落ちていました。
そのため、新たにWindows8搭載のノートパソコンを購入しました。
作業効率が飛躍的に改善されたことは言うまでもありません。

その時点で現役から引退したXP機。
他に予備のパソコンがないこともあり、バックアップ用に残されていました。
そして今度のサポート終了です。
こちらも残しておくメリットがなくなりました。

ところが先述のWindowsXP Modeと違い、こちらはパソコンそのものです。
要らなくなったからと言って、その場で消滅してくれる訳でもありません。
回収してもらう段取りはできたのですが、そのまま引き渡すのは危険です。
HDDの中には、個人データがわんさかと詰まっているのですから…。

ちなみにゴミ箱に入れて空にしただけでは、完全に消去したことにはなりません。
HDDからデータを呼び出すための「目次」に相当する部分を書き換えるだけなので、データ本体はまだ残っているのです。
上から別のデータを書き込まない限り、その手のツールを使えば復元することも可能なのです。
HDDに釘などを打ち込んで物理的に破壊するという手段もあります。
一度、別のパソコンの処分で試してみたことがあるのですが、鉄の塊だけあって、とっても頑丈なのです。
壊れて欲しくない時にはあっさり壊れるのに、壊れて欲しい時にはビクともしないのです。
こういう話、よくありますよね。(´・ノω・`)

20140420_009.jpg

今回は、HDD全体にデータを上書きして、完全消去することにしました。

ハードディスク消去ツール『wipe-out』
http://www.wheel.gr.jp/~dai/software/wipe-out/

これはパソコン本体から立ち上げるのではなく、CDやUSBメモリから立ち上げて使うプログラムです。
動作に必要なプログラムがすべてパソコンの外部にあるので、HDDの中身を外から完全に削除できるのがミソです。
仮にOSが死んでいても、BIOSさえ生きていれば動作するというのも心強いです。
USBメモリだと起動デバイスとして認識されないこともあるので、今回はCD-Rに焼き込んで使うことにしました。

BIOSの操作そのものをしたことがない人にとってはハードルが高いですが、構文を打ち込むような操作はなく、単純に選択肢を選ぶだけなので、慣れれば簡単です。
最初にちょちょっと操作するだけで、あとは完全にプログラムまかせ。
何もすることはありません。
作業は粛々と進み、2時間程で終了。
HDDの中身は見事にすっからかん。
BIOSを元の設定に戻しても、もうWindowsXPが立ち上がることは永久にありません。
さようなら、XP。(´;ω;`)

20140420_005a.jpg

今年は今日4月20日がイースター(復活日)です。
十字架刑に処されたイエス・キリストが、墓の中から生き返ったとされる日です。
ちなみに、復活の瞬間を見た人間は一人も居ないそうです。
福音書では、三日目に墓が空になっているのを見つけたということになっています。

HDDの初期化が進んでいる間、僕は愛餐会に参加していました。
ちらし寿司を頂いている隣で、静かに初期化されていくノートパソコンが一台。
復活のお祝いの横で、粛々と続けられる弔いの儀式。
考えてみると随分とシュールな光景ですね。
受難日(今年は4月18日)に初期化しても良かったのだけど、三日目に復活されても困りますし。ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ

     * * *

残るは、ほっとハウスに置いてあるパソコンです。
4年前に僕が持ち込んだXP機は、メンバーさんの一人が今でも活用しているそうです。
通信回線からは切り離されており、他のパソコンとデータをやり取りすることもないため、壊れるまでは今のままにしておくそうです。

事務作業に使うパソコンは既にWindows7以降への切り替えが終わっていますが、スキャナに接続された画像取り込み用のXP機がまだ一台残っているとのことです。
通信回線こそ切り離されていますが、うっかり画像の取り込みに使ってしまう可能性があります。
現在の使用頻度では、わざわざ一台置いておく必要もなく、処分する方向だそうです。

初期化ツールCDは、まだまだ出番がある模様です。(。-∀-) ニヒ♪

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : パソコン関連お役立ち情報
ジャンル : コンピュータ

ねじれた輪ゴム


→pixivで見る

今日は朝からバイクで駆け回っていた人です。
先週は見頃だった桜も葉が混じるようになったものの、お出かけするには最高に心地よい天気だったのですが…。
ヒノキ花粉がアウトなので、今日もマスクが手放せない人でした...orz
全身で花見を堪能していた頃が懐かしいです。(つд`)

今回から、京大病院での診察日が月曜日に移動しました。
一年間の長期出張で不在だった担当ドクターが、今月から復帰しました。
予備を含めて第七診察室まである精神科の第五診察室。
以前は第四診察室でした。
曜日が移動した理由がなんとなく想像出来ます。

昔から病院と消防と警察は暇なぐらいが丁度良いと申します。
診察室のやり繰りに困るぐらい患者さんが増えているとしたら…。
あまり考えたくはないのですが、これが現実なのかもしれません。(´;ω;`)

20140409_002.jpg

京大病院の後は、京都駅をはさんで反対側になるJCILへ。
徒歩でもギリギリ移動できないことはない距離ですが、やはりバイクは重宝します。
先週に買い受けた3冊ともが即座に売れてしまったので、追加で仕入れに伺った次第です。
前回は未読だったので紹介はパスしましたが、先週中に読み終えたので約束通りご紹介致します。

「ねじれた輪ゴム =山形編=
著者:矢吹文敏
発行:生活福祉社
頒価:1,400円
※自費出版本につき、一般の書店ではお求めになれません。

矢吹さんは生まれながらの骨形成不全症のため、自分の足で体重を支えることはおろか、赤ちゃんの頃はオムツ交換のために足を持ち上げただけで骨折してしまうという体質の持ち主でした。
医師からは長くは生きられないだろうと告知され、家族の誰もが早くの葬式を覚悟をされていたそうです。
その矢吹さんは、今年で70歳になられます。
京都の障害当事者運動を束ね、電動車椅子とパソコンを駆使し、自ら自動車のハンドルを握り、親父ギャグをこよなく愛する毎日。
その数奇な半生を赤裸々に綴った自叙伝的な一冊です。

今日まで生きて来られたことが奇跡…それは、いつ死んでもおかしくないことを意味します。
それを意識してか、この本は時系列に沿った書き方にはなっていません。
教科書のように美しい話が書かれている訳ではありません。
某チャリティー番組のドキュメンタリーのような感動の物語でもありません
思いつくまま、時間を自由に前後して、まるで居酒屋でほろ酔い加減で思い出話を語るようにして綴られています。
どこから読んでも楽しめる…という謳い文句の裏では、最後まで書くことができなくても本として残しておきたいという執念すら感じます。
今回は山形編とありますが、続く京都編が刊行されるか否かは、寿命を司る神のみぞが知るお話です。

他人の不幸自慢を聞くことほど、つまらないことはない。
そんな自叙伝なんて書きたくない。
そう話される矢吹さんの文章は、ユーモアたっぷりであり、どこかニヒルであり、過激でもあります。
あまりにも障害者らしくない障害者の生の声が、赤裸々に綴られています。
ステレオタイプの障害者観をお持ちの方は、その破天荒な生き様に度肝を抜かれることでしょう。
まるで青春小説、そして冒険小説を読んでいるような爽快感です。

「生まれて来なければ良かったという命の存在に対して、社会が、マスメディアが、政治が、医学が、若者が...いや、宗教者でさえがこぞって否定する社会が、今、ここにある。それは、可哀そうな障害者を産みたくないのではなく、自らが健常者だと思い込んでいる人たちの恐怖の塊によるものなのだ。」

本文中からの引用です。
出生前診断だけの話に限りません。
障害を持つ家族の将来を悲観しての殺人が、どこか容認される風潮があります。
決して、誰かのために人生を犠牲にしたり、生物学的に生存させることを無理強いしている訳ではありません。
社会全体で受け止めなくてはならない問題を、個人や家族の問題にすり替えてしまうことに問題があるのです。

確かに医療も福祉も進歩しました。
その一方で、もっと大切なものが次々と崩れていっています。
倫理観、地域コミュニティ、生きることへの希望そのものまでが消えつつあります。
これはもう個人レベルの問題なんかじゃありません。
この事実から目を背けて生きている人が、果たして「健常者」なのでしょうか。
多数派に居ることに満足しているだけであり、決して「健常」ではないのですから。

障害がある人も、ない人も、ぜひ読んでほしいと願う一冊です。
ご本人曰く、ハプニングと失敗の話しか書けないと申していますが…。
どこか不思議とカッコイイと感じる生き様が、今ここにあると思います。

20140414_001a.jpg

本日のお昼ごはん。
本の追加購入の段取りをしている間、JCILのコミュニティサロンで昼食を頂きました。
カレーにひき肉を使うと、良い脂がカレー全体に回って美味になります。
大きくカットされた野菜たちが、その食感を豊かで楽しいものにします。
こりゃあうまいカレーだぜぇ!!

今回は12冊仕入れて、リュックサックに詰めて再びバイクの人に。
リュックサックに詰めたのは、売り物を角当てで痛めないようにするためです。
本来の中身の方は、エコバックに移し替えてバイク備え付けのメットケースの中に。
その足でほっとハウスに向かい、まず7冊卸しました。
3冊が売約済みで、1冊がその場で売れて、3冊が在庫となりました。

残り5冊は教会分ですが、うち2冊は売約済み。
日曜日までは自宅で保管するので、もし購入希望の方が居られましたらご相談ください。
もしくは下記まで直接お問い合わせください。

●「ねじれた輪ゴム=山形編=」 お問い合わせ先
〒601-8036 京都市南区東九条松田町28 メゾングラース京都十条101
生活福祉社(日本自立支援センター利用会員事業部)
TEL 075-671-8484 / FAX 075-671-8418

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

ロビー販売と宿題

20140408_1a.jpg
→pixivで見る

新年度を迎え、通常業務の一環としてイラスト的な何かを描いてみたところ、なぜか橙になってしまった件について。
実際にイメージを起こしてみたら、当初の目的に使うには改良の余地があったので、有効活用してみました。
本当は最初から橙に仕上げるつもりだったんじゃないかと思われた方、多分その読みは間違ってはいません。
ちぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ



     * * *

明日は、ほっとハウスの方でロビー販売をする予定でした。
…が、人や農作物のやり繰りがつかず、今回は急遽中止となりました。

僕としては福祉施設の存在をアピールすることが目的という理解なので、在庫の手芸品や工芸品で販売物は確保できると思うのです。
でも実際には収益が目的だと考えている人の方が多く、しかもスタッフが体調を崩し気味なので、今回は通常業務を優先させることに落ち着きました。
お金が欲しいなら一緒に販売を手伝えば良いと思うのですが、もらう時だけ熱心で、稼ぐことには全く無頓着なメンバーさんが多いように感じます。
お金は勝手に湧いてくるものと信じている人が相手では、どうにも説教するだけ無駄っぽいです。

話を聞いていると、そんな誤解が発生してしまった経緯があるらしいので、責めるだけ酷なのかもしれません。
だからと言って、いつまでも今まで通りという訳にもいきません。
貯金が尽きれば、嫌でも現実を受け入れるようになることでしょう。
助けを乞われれば手伝いこそすれど、無償で分け与えられる蓄えなんて持っていないですよ?
アリになるつもりもありませんが、キリギリスになるつもりもありません。
目的を見失わないよう軸を決めて、数少ないチャンスを無駄にしないよう日々の生活を整える毎日です。

次回のロビー販売は、4月28日(月)となりました。
場所は宇治市役所本館1階ロビーのエスカレーター下、時間は正午から午後1時までです。
冷やかし歓迎、お買い上げなら大歓迎です。ヾ(*´∀`*)ノ

20140409_002.jpg

予定に穴が開くと、なぜか不思議と埋まるようです。
JCILに顔を出したら、こんな本を入手しました。
派手に宣伝しようかと思いましたが、中身を読む前から人に勧めるのも誠実ではないので、まずは最後まで読んでみたいと思います。

こちらに紹介記事が掲載されています。
気になられる方は、是非ご参照ください。m(__)m
http://9130.teacup.com/kenri_kyoto/bbs/279

読み終えた時点で、僕自身の言葉で紹介記事を書いてみようかと画策中です。
上記のロビー販売の時に、他の販売物と一緒に売るかもしれません。
もしかしたら、作者直筆サインや握手会などのイベント企画も?? (゜゜)☆\(ーー;バキッ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

4月1日なので

20121231_1.jpg
→pixivで見る

今日は4月1日ですね。(゚Д゚)ノ

巷では消費税8%化が話題となっておりますが、10%化への暫定措置というのは周知の事実です。
なので、水面下では既に10%時代を見越した動きが始まっている模様です。
SoftBonkでは、通話料10年分前納すると、消費税引き上げ後も負担が増えないことを逆手に取ったキャンペーンを開始するとのこと。
名付けて「マエワリー10」。
ワイナリーに引っ掛けて、7月までに申し込むと謹製スパークリング・ワインが進呈されるそうです。
いくらワインくれると言っても、10年分も前払い出来るって、どんだけお金持ちやねんという気がしないでもありませんが。(;´∀`)

僕ら貧乏人にとって、もっと気になるのが鉄道運賃の話。
「青春18きっぷ」なんて破格の企画切符もありますが、今や猫も杓子も新幹線のご時世ですから、普通列車は削減と合理化の嵐で、もはや気軽に長距離旅行もできません。
そんな僕らにとって久々の朗報。
新幹線と都市近郊路線だけが生き残るようでは、インフラ資源として深刻なダメージが発生することを危惧した当局は、JIR貨物が在来線を使って全国の主要都市を相互に結ぶ高速貨物列車ネットワークを築き上げていることに着目。
コンテナ貨車に搭載できる旅客用ユニットを開発し、主要各線の高速貨物列車で旅客営業を開始する方針を打ち出したとのことです。
この旅客ユニットは、既存のコンテナ貨車に容易に着脱可能。
もちろん冷暖房完備で、運賃を安く抑えるために室内は天井の低い二階建て。
全面カーペット敷きで、ゴロ寝したまま乗り換えなしで目的地まで運んでもらえることが最大のメリット。
特急料金も要らないことから、長距離バスという選択肢しか残されていなかった一般庶民にとっては、これほど有り難い話はありません。
もう腰痛の心配をしなくても格安旅行が可能になる時代も目前です! ヾ(*´∀`*)ノ

今日は4月1日です。
大事なことなので二回言いました。(`・ω・′)ゞ スチャッ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク