バリアフリーを考える

20110330_1.jpg

最近、JCILのYさんからの依頼で、物書きのようなことをしています。
言い回しが面白い上、話の組み立てがしっかりしていると評価してくださっています。
本人的には相も変わらず駄文をバラ撒き続けている感が強いのですが、このように評価して頂いた上で、実際に原稿の依頼までしてくださる方が居られるということは、本当にありがたいことです。

先日、依頼されていた原稿を持ってYさんをお伺いしたところ、
「この『車椅子』という表記、『車いす』という表記に直せないかい?」
と、修正の相談を受けました。
単純に表記を置き換えるだけの話ですから、それは面倒な話ではありません。
むしろ、その理由に興味を抱きました。

Yさんの回答は、しごく明快でした。
「俺たち、椅子に座りたくて乗ってるんじゃないんだ。移動のために乗ってるんだ。」
なるほど、確かにその通りです。

中には、何を屁理屈を捏ねているのだと思う向きもありましょう。
他愛の無さで定評のあるマイブラザー君が、爆弾発言を投下したことがあります。
「車いすのひとって、座ってるから楽だと思ってました!」
それでいて、Yさんをはじめとする周囲の人を一斉に爆笑の渦に巻き込む辺り、彼の持つ天性の才能かと思われます。
実際のところ、僕も試しに車いすに体験乗車してみたことがありますが、足が地に着かない恐怖を身にしみて痛感しました。
やはり、二本の足で立って移動できるのは何よりの幸福です。

車いすは、そもそも英語では「wheelchair」と表現します。
「wheel」は「ウィル」と発音するのですが、「ホイール」とも読め、つまりは車輪のことです。
直訳すれば「車つきの椅子」となります。
そもそも、なぜ椅子に車を取り付けたのでしょうか。
それは、歩行に困窮する人が自ら選んだものではありません。
立てないのであれば、座らせておけば良い。
座らせたまま移動できれば、移動も楽になる。
これらは、あくまでも介助する側の発想です。

歩行に困窮する人が望む本当の願いは、自らの意志で自由に移動できることです。
車のついた椅子に座ることが目的ではないのです。
歩行に困窮する理由は人によって違います。
自らの骨や筋肉で体重を支えられない人もありましょう。
関節を動かすことに支障がある人もありましょう。
神経的もしくは精神的な原因で運動できない人もありましょう。

車いすで自在に移動できるように設備を整えることが、バリアフリーなのではありません。
車いすに座らせることだけが解決の方法ではないのですから。


     * * *


かく言う僕自身、社会に存在する障壁に困窮している一人です。
今一番に付きまとっているのが、肩書きというやつです。
試しに、新聞なりニュース番組なりの事件報道を拾い読みしてみると良いです。
氏名、住所、年齢と並んで、肩書きが表記される場合がほとんどじゃないかと思います。

会社員、団体職員、自営業…この辺りなら、誰も気に留めないでしょう。
公務員や教員であれば、すぐにバッシングを企てるひとが現れます。
そして無職だと、まるで社会の落伍者という扱いです。
でも考えてもらいたいのが、それらが事件とどういう関係があるというのでしょうか。
たまたまそういう肩書きを持っていたというだけの話であり、本来は個人とは関係ないものです。
最近は、陰で国籍や民族名まで飛び交う始末です。
いよいよもって個人とは関係がないはずなのに、まるで代表者のような扱いです。

クレジットカードを作ったり、ローンやリースを組む時には、与信というものが必要となってきます。
お金を貸す側の立場とすれば、回収の見込みができる相手にだけ貸したいというのは道理ですから、与信という制度に異を唱えるつもりは毛頭ありません。
問題は、この与信の審査方法です。
まず最初に肩書きでふるいにかけられます。
次に年収から支払い能力を割り出します。

一見合理的のように思われますが、考えてみると随分と妙な話です。
問題なのは支払い能力であって、肩書きや年収ではないはずです。
世の中、お金はあっても払いたくないという人はゴマンといます。
一方で、貯金を切り崩してでも、毎回きちんと納める人も居ます。
架空の帳簿と、当人の遵法意識。
信用すべきは果たしてどちらでしょうか。

肩書きというものは、とても便利なものです。
名刺一枚で虎にもなれば龍にもなれます。
時には「虎の威を借る狐」にならなきゃいけない時だってあります。
実際、僕自身も何度お世話になったことやら。

でも肩書きが一人歩きするような社会であっては困ります。
まるで身分社会そのものです。
単純に身分だけで、その人の個性や能力を不当に貶めるようなことがあってはならないはずです。
ところが現実には、本人に対する評価が身分によって不当に色付けされています。
僕らはこれを偏見と呼んでいます。

今も社会のどこかで懸命に骨身を削って働いている人が居ます。
頑張っている人は、もちろん正当に評価されるべきです。
では、就労していない人は社会にとって不必要な人なのでしょうか。
そんなことはないはずです。
就労は、生きるための手段であって、生きるための目的ではありません。
人を死に追いやるような働き方が漫然と放置される現代社会において、就労をしないという選択肢を選ぶことが罪なのでしょうか。
むしろ、そういう人を見つけ出しては吊るし上げ、鬱憤を晴らすことでギリギリ維持されているような、非常に脆くて危うい社会だと感じています。

人の価値は、お金や地位で決まるのではありません。
一人でも必要としている人が居るのであれば、やはりその人は必要な存在なのです。
それを比較したり優劣をつけることは、全くの無意味です。
そうでもしないと保てないような価値なのであれば、既に本物ではないのです。

できることならば、
「今からお仕事ですか?」
という挨拶は、そろそろ終わりにしてほしいものです。
僕自身、毎日外出しようとする度に、この何気ない言葉が大きな障壁となって襲いかかってきています。
この言葉がなくなるだけでも、勇気を持って家から出かけられるようになる人は、きっと少なくないものと思います。
これこそが、本当の意味でのバリアフリーのひとつだと僕は考えています。

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

網戸の張り替え

20140814_1.jpg
→pixivで見る

魂魄妖夢「妖怪が鍛えたこの楼観剣に、斬れぬものなど、あんまり無い!」



破っ!!



20140920_001.jpg

ご覧の通り、網戸が絆創膏だらけになっております。
網が破れている箇所を応急修理して使い続けた結果です。
決して妖夢ちゃんが楼観剣だの白楼剣だの振り回して遊んでいた訳ではありません。
むしろ、それだと嬉し…(゜゜)☆\(ーー;バキッ

犯人は西日です。
この窓は西向きで、午後になると日没まで直射日光に晒され続けます。
以前は窓の外が竹薮だったので西日も全然苦にならなかったのですが、宅地造成でまともに日が差し込むようになって久しくなります。
冬場は暖房要らずの快適な日差しも、夏場は地獄の熱光線です。
ええ、そりゃもう網がボロボロになる程度には…。

20140920_003a.jpg

暑さの盛りも過ぎた今の時期に、網の張り替えなど今更感たっぷりですが、実はそうでもありません。
上記の通り、夏場は西向きの窓と焼けた瓦のコンボで、エアコンなしでは生命の危機に関わる状態です。
少なくとも、ハードディスクが悲鳴を上げたり、パソコンが熱暴走を起こしたり、人類がデータを破壊したり、色々面倒なことが起こるのは必至。
現実に、今夏も作業中のデータファイルが謎の失踪を遂げました...orz

つまり、暑さが一段落したこれからの季節の方が、網戸が大活躍する訳です。
昨今、温度管理を容易にするために、窓を開けずにエアコンに任せっきりにしている建物や乗り物が随分多くなったような気がします。
流石に、完全滅菌の食品工場や、320km/hで疾走する高速列車なんかで窓を開けられても困りますが、窓を開けることに差し支えがない状況であれば、もっと自然の風を有効利用したいものです。

20140920_004a.jpg

網を張り替えるために分解を始めると、驚愕の事実が判明。
押さえゴムがボロボロに風化しておりました。
引っ張る端から崩れるので、もはや用を成しません。
前回の張り替えの時は押さえゴムが再利用できたのですが、その目論みは押さえゴムのごとく砕け散ってしまいました。
仕方が無いので、急遽、近所の○ーナンまで押さえゴムを買いに走る羽目となりました。

20140920_005.jpg

元の押さえゴムがボロボロに砕けてしまったため、寸法が分かりません。
仕方なく、近そうな寸法のを2種類買って帰って来ました。
片方は無駄になりますが、またコー○ンまで買いに出かけるのも面倒です。
そもそも、どちらか一方を買い求めたところで、確率は五分五分な訳ですし。

ところが、その後、これまた想定外の事態が…。
ボロボロに砕けたのは端の部分だけで、全部外しにかかると意外と綺麗に外れたのですね。
いずれにしても交換しないといけない状態でしたが、寸法を測ることは可能でした。
正解は直径4.5mm。
忘れないようにメモっとこっと。

4.5、4.5、4.5、4.5、4.5、4.5、4.5、4.5、4.5、4.5…。

ところで「東方妖々夢」で妖夢が登場するのは何人目? (゜゜)☆\(ーー;バキッ

20140920_009.jpg

どうにか無事に張り替え終了。
実作業時間は、掃除込みで1時間というところでしょうか。

最後に余った網を切り取るのですが、この時に細かい破片がいっぱい出るのです。
いい加減に掃除すると、畳に飛び散った破片で一ヵ月ぐらいはチクチクされちゃいます。
キャンプ場を出る時には、元より綺麗にしておく精神で。
結果的には、自分自身のためなんですよ。
きっと。

20131119_1.jpg
→pixivで見る

でも、この人になら、チクチクされてみたいかも。(゜゜)☆\(ーー;バキッ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

淡麗プラチナダブル

20140911_1a.jpg
→pixivで見る

今年の夏は、随分とアグレッシブな天候が続きましたが、朝晩涼しくなりまして、いよいよ秋にクラスチェンジした模様です。
秋と言えば、このお方。

穣子さぁぁぁぁぁん! 待ってたよぉぉぉぉぉ!! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

異常な高騰ぶりを見せる青物野菜の価格も、そろそろ落ち着いてくれると良いのですが…。(´・ω・`)


     * * *


食欲の秋という訳でもありませんが、前回に引き続きましてビールのお話です。
糖質・プリン体100%カットが謳い文句の「アサヒ スーパーゼロ」を試飲してみた感想は前回の日記の通りです。
試飲用に買い求めた6本パックを全部飲んでしまいましたから、いつものように「アサヒ オフ」を飲んでいたのですが…。

以前にも増して美味しく感じるのですが。(;´Д`)

前回の日記では「スーパーゼロの今後に期待」とは書きましたが、このまま終了というのも、つまらないです。
聖書はこう記しています。

求めなさい。そうすれば、与えられる。
探しなさい。そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
(マタイによる福音書 7:7/新共同訳)


ここはひとつ、クリスチャンらしく、求めてみることにしました。(゚Д゚)ノ

20140913_001a.jpg

今回は、キリンが出した「淡麗プラチナダブル」を飲んでみました。
これもまた糖質・プリン体100%カットが謳い文句であります。

アルコール分が5.5%と普通のビールより若干高め。
前回飲んだ「アサヒ スーパーゼロ」と同じです。
スーパードライが大好きなアサヒならともかく、これは糖質・プリン体をカットする上での宿命なのでしょうか。
安く酔いたい向きには喜ばれそう??

それでは頂きます。
カシュッ。
ゴクゴク…。

ふむ。
これは随分と麦らしい味がします。
アルコール分が高めなだけあって、アルコール特有の苦みが顔を出しますが、「アサヒ スーパーゼロ」のような柑橘系臭さはないです。
さすがはラガービールのキリンです。
ある意味、王道を攻めて来ました。
僕的には、こちらの方が好みの味かな?

余談ですが、「アサヒ スーパーゼロ」も「淡麗プラチナダブル」も、程よく泡が立つ割りには、すぐに消えてしまうような気がします。
お酌で泡を吹きこぼれさせてしまう向きには朗報かも。(゜゜)☆\(ーー;バキッ
勝手な想像ですが、糖分を抑えているため、粘り気がなくなり、サイダーやコーラと同じような泡の立ち方になっているのかもしれません。
なので、グラスに注いで飲むと、なんだか気が抜けたビールを飲んでいるような気分になります。

でも、そこは良くしたもの。
商品形態は缶ビールです。
つまり、缶のまま飲めば良いのです。
今回は写真撮影のためにグラスに注いでみましたが、普段は缶から直接飲む派です。
実際、缶から直接飲んだ方が美味しかったです。
あくまでも個人的感想ではありますが、試してみる価値はあると思われます。(`・ω・′)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

スーパーゼロ


→pixivで見る

お恥ずかしながら、どこかで夏風邪をお呼ばれしちゃったみたいです。
そんな訳で、先週は主に自宅でヘタっておりました。
あ、別に入院してたとかじゃないですよ?
寝込んでた訳じゃないので、それなりに出かける都合もある訳でして。(´・ノω・`)

夏風邪は主にお腹に来ると申しますが、今回は喉の風邪でした。
気温が乱高下したり、湿気が高止まりしたり、降水量がインフレしたりと色々ありましたから、おそらくそれが原因だと思われます。
ナントカは風邪を引かないというのは、やっぱり都市伝説ですね。
はい。

おかげさまで、讃美歌を歌ってビールを飲むぐらいまでに回復しました。
もちろん、教会でビールを飲んで帰って来るって話じゃないですよ?
そんなファンキーな教会なら、今頃色々な意味で大賑わいになっていることだろうし。((*ノ∀`))クスクス

聖餐式でも「ぶどうジュース」を使うぐらい、うちの教会ではノンアルコール路線です。
子どもも出席する訳ですから、今の時代には妥当な判断だと思われます。
もちろん不飲酒戒がある訳でもないのですよ?
もともと酒豪の巣窟みたいな場所ですから、きちんと場所と時間を弁えて(笑)

20140907_001.jpg

夏風邪の話なんてつまらないだろうから、今回はビールの話なぞ。
単に酒好きなだけだろうと思われた貴方。
その読みは非常に正しいです。(。-∀-) ニヒ♪

先述の通り、酒豪の巣窟みたいな場所に所属していますから、お酒に強いなんて豪語する度胸は微塵もありません。
一升瓶を自力で空けられるぐらいでないと、多分その資格はないと思われます。
少なくとも、日本酒三合で足腰が立たなくなるようじゃ、話になりませんね。
多分。

飲むのは好きなんですよ?
でも、医者は決していい顔はしないですよね。
精神科でもらってる薬のせいもあるのだけど、それ以前に肝臓がね。
あと尿酸の値とか。
内科では、いつ痛風になってもおかしくないと脅されております。

そんな訳で、日頃はプリン体85%OFFが謳い文句の「アサヒ オフ」を愛飲しています。
気休めと言われればそれまでなんですけどね(苦笑)
日本のビールは基本的に味が濃いので、それに慣れちゃってる人には物足りないかもしれません。
逆に言えば、あっさり味を好む人には意外とウケる味かもしれないです。
かく言う僕もその一人。(*´Д`*)

20140907_002.jpg

でも本日のネタはこちらです。
プリン体100%OFF。
しかも糖質も100%OFF。
サッポロに続いてアサヒ・キリン・サントリーの3社が一斉に商品化した訳ですが、今回は比較の意味もあって、同じアサヒが出した「アサヒ スーパーゼロ」を試飲してみることにしました。

それでは頂きます。
カシュッ。
ゴクゴク…。

むむ??
こりゃまた不思議な味わいですね。
プリン体も糖質も完全シャットアウトな訳ですから、そりゃあ普通のビールと同じ味という訳にはいきません。
覚悟はしていたのですが…これは想定以上でした。

味を例えるとですね。
そうですね…。
普通のビールを少々水で薄めまして、そこへ焼酎とオレンジジュースを適量補ったような感じ?
決して不味くはないのですが、多少の慣れが必要かも。

想定以上ではあっても想定外ではないです。
これはちょうど「第三のビール」を初めて飲んだ時の感触に似ているかも。
あの時は正直アレだったのですけど、その後の度重なる改良で随分と美味しくなりました。
飲むごとに美味しくなるお酒とは、きっとアレのことを言うのですね。(゜゜)☆\(ーー;バキッ

「第三のビール」の時のことを考えると、プロトタイプとしては十分に合格ラインかな?
…あくまでも個人的感想ですけどね。
4社一斉の商品化だし、生き残りをかけてお互いに凌ぎを削ることになるであろうことは必至。
今後の改良に大きく期待です。ヾ(*´∀`*)ノ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク