ETCで鳥取へ行こう

20141122_001a.jpg

突然ですが、ETCカードをこしらえて、鳥取へ行ってきました。

順を追って説明します。
昨日22日(土)、昨年12月に54歳で急逝した従兄の一周忌法要に出席するため、家の車に母を乗せて、鳥取へ日帰り強行軍を敢行してまいりました。
これだけでも十分にハードルが高いのですが、昨今は追い込んでいくスタイルが流行しているのでしょうか。
こともあろうに、その二週間前に自動車が随分と近未来チックな車に化けてしまいました。
オーナーの好みの問題なので、一介の運転手が異を唱えるつもりは毛頭ございませんが、なんでわざわざ強行軍の二週間前に...orz

イグニッションの代わりが主電源スイッチだったり、ブレーキが鉄道車両ばりに回生ブレーキ併用だったりと、なかなかに愉快な車なのですが、僕にとっての最大の朗報は、高速道路の友、ETC車載機を搭載しているということでしょうか。
ところがオーナー氏はETCカードを作ることを拒否。
ハイブリッド車なんて要練習な車種をチョイスしておきながら、ETCカードの作成は面倒がるというのですから、もうツッコミどころ満載なのですが、一介の運転手としては進言する以上のことはできません。

なので作っちゃいました。
マイ、ETCカード。
バイクも手放して、いよいよ自転車ユーザーに化けた矢先に。
ベースになるクレジットカードが手元にあったので、Webでさっくり手続きしたら、数日後には難なく入手できました。
自転車しか持ってない人間なのですが。
どうするの、これ。
自転車にでも搭載しちゃう? (゜゜)☆\(ーー;バキッ

拒否権のない一介の運転手ゆえ、二週間の訓練期間の末、往復500kmの鳥取日帰り強行軍の当日を迎えました。
三連休の初日だけに、中国自動車道の宝塚トンネル手前の渋滞が一番のネック。
朝5時すぎに八幡を出発して、大山崎ICから名神高速道路に乗ったものの、中国池田ICを通過したところで渋滞に捕まってしまいました。
それでも日の出前の時間帯です。
30分も辛抱すれば、すんなり宝塚トンネルを通過できました。

夜もすっかり明けて、いよいよ楽勝で鳥取入りできるかと思えば、思わぬ伏兵が潜んでいました。
兵庫県から岡山県へ抜ける辺りで、今度は濃霧に捕まってしまいました。
夜道を走ることと比べれば全然気楽なものではありますが、それでも先が見えないことには変わりません。
カーブや坂道が多いことで定評のある中国自動車道ですから、気分はさながらジェットコースターの運転手の気分!?
一寸先は闇ならぬ五里霧中の中を米子自動車道に乗り換えて、蒜山高原まで来てようやく霧から抜けられました。

昨年他界した従兄は、生前から「晴れ男」だったそうです。
天気予報では曇りベースの小雨混じりだったのですが、実際の天候は上に掲げた写真の通り。
気温もぐんぐん上がって、昼頃にはYシャツ一枚でも平気なぐらいの陽気になりました。
そういえば、今年2月の四十九日法要の時にも、季節外れの桜の花が咲いていたような。
もしや、仏になる代わりに日和の神にクラスチェンジ?? Σ(゚Д゚;)
そのご加護もあってか、日没前に無事に京都まで戻ってくることができました。
流石に帰宅後はバタンキューで、翌日になってこの記事を書いている次第です。

ちなみに初体験のETC。
高速道路の料金所で通行券や現金のやり取りをしないで済むというのは、本当にありがたいことです。
一旦停止しなくとも徐行するだけで料金所を通過できるし、なによりも窓を開けてアレコレしなくて済むのが助かります。
そして完璧に知識外だったETC割引。
休日割引の適用で、大阪近郊(&東京近郊等)を除いた区間に限り、30%OFF。
お土産代が賄えるぐらいに料金が浮いたのには驚きでした。

なんでも挑戦はしておくものですね。ヾ(*´∀`*)ノ

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

におわない納豆

20120625_1a.jpg
→pixivで見る

ルーミア「ガツンとスタミナ付けようと思ったらさ、そりゃあ、やっぱりステーキだよ、ステーキ! 血の滴るようなやつをね…あ、ここポイントだよ? あれが一番の栄養なんだからね!!」

彼女の場合、むしろ生肉の方が基本なんじゃないかとも思われますが、人喰いと議論するだけ無駄というものです。
後の展開としては、せいぜい喰われてしまうのが関の山ですから。

もっとも、ルーミアに汁の一滴まで残さず喰らい尽くしてもらえるならば…



我が人生に一片の悔いなし!! (°Д°)クワッ



(゜゜)☆\(ーー;バキッ



     * * *

20141111_002a.jpg

畑で穫れるお肉と言えば、大豆。
リーズナブルでヘルシーで庶民にとって貴重かつ優しいタンパク源です。

顔面神経麻痺の治療を受け始めてから丸一週間。
元々が軽度ということもあり、治りが遅いみたいです。
それでも、舌の痺れも消えて来ましたし、食事に不自由することもなくなりました。
早ければ良いというものでもありませんし、何よりも後遺症を残さないことの方が重要です。
少しずつでも治ってきているのは良い兆し。
もうしばらく気長に付き合うことにします。

元々ウイルスへの抵抗力が弱まったことが直接の原因ですから、治療と平行して免疫力を鍛えることに意識的に取り組んでいます。
適度な運動、十分な睡眠、バランスの良い食生活。
バイクから自転車に乗り換えたことは、まさに最良の選択でした。
秋の青空の下、平坦な道を片道1時間かけて漕ぐので、良いストレス発散にもなっています。
久御山町内の遊歩道が、ちょうど紅葉のトンネルのようになっていて、これがまた心地よいのです! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

最近、意識的にネバネバフードを喫食するようになりました。
ネバネバフードの御三家と言えば、山芋、オクラ、納豆の三食品が定番かと思われますが、この中でも一番手軽かつリーズナブルに喫食できるのが納豆です。
でも悲しいかな、おいらはKANSAI人。
納豆は意外とハードルが高いのです。

     * * *

ここで幼少期の暴露話をひとつ。
人間、どんなに格好をつけてみたところで、生まれた時はオムツをはいて泣き倒していた訳です。
だから恥ずかしい過去の一つや二つは普通に転がっているはずです。
それも写真等の記憶媒体なんかで…。

かく言う僕も、幼少期の恥ずかしい写真は普通に存在します。
そう、たとえばテーブルの上に納豆を広げてドヤ顔しているところとか。
両手をネバネバにして満面の笑みを浮かべた過去の自分が、40年以上経過した今も追いかけてきます。
ええ、その写真でイジられるのは、すっかり慣れましたよ? (´;ω;`)

問題は、そのテーブルの上に練り広げられた食材です。
どう見ても納豆です。
少なくとも、幼少期の僕は、納豆を好んで食べていた決定的証拠となりましょうか。

実際のところ、納豆の味そのものは決して嫌いではないのです。
問題は匂いの方です。
幼少期の時は平気だった匂いでも、歳を重ねるにつれて様々な理由で苦手になるというのは決して珍しい話ではありません。
特に学童期には些細なことでイジメの格好の材料となりますから、ネガティブ体験がその後の人生に大なり小なり影響を与えたりするものです。

どういう経緯かは省くとして、少なくとも僕自身は学童期を境に納豆が苦手になった訳なのであります。
しかも当時のKANSAIは納豆を食べる文化は希薄でした。
給食で出ることもなければ、街中の定食屋で出ることもありません。
食べずに済む訳ですから、わざわざ食べる必要もありません。
納豆嫌いのオトコノコの完成です。

     * * *

それから四半世紀。
世の中はすっかり変わりました。
健康ブームの波に乗っかって、KANSAIでも納豆の普及が進みました。
外食チェーンの全国展開で、納豆定食も今や全然珍しくなくなりました。

納豆メーカーも、ただ漫然と売り込んでいた訳ではありません。
KANSAIは言わば納豆消費のフロンティア。
KANSAI人の嗜好に合うように、タレを改良したり、匂いを減らしたり、試行錯誤を繰り返してきました。
今やどこのスーパーマーケットでも納豆は堂々の地位を得ています。
これで身体に良くてお財布にも優しい訳ですから、いつまでも意地を張っている訳にもまいりません。(><;)

匂いのしない納豆は、よく不味いと言われます。
それはきっと、ニンニクの入っていない餃子のようなものだと思うのです。
やはり匂いのせいで敬遠されることのある餃子ゆえ、最近はニンニクの入っていない餃子もよく見かけるようになりました。
たまに食べてみますが、ニンニク大好きな僕としては物足りないというのが正直なところ。
決して不味い訳じゃないんです。
ただ、慣れ親しんでいる味じゃないから、物足りないだけなのです。
匂いのしない納豆も、実はこれと同じなんじゃないかと思うのです。

匂いのしない納豆おかげで、今は難なく納豆が食べられるようになりました。
あんなの本当の納豆じゃないって?
それはそれ。
慣れてくれば、そのうち普通の納豆も食べられるようになることでしょう。
今はまだまだハードルが高いので(苦笑)

がっつり食べて、免疫力を鍛えるぞぉ!!

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

顔面神経麻痺なう


→pixivで見る

ヤマメさんは、きっと今回の件には関与していないものと思われます。
(※黒谷ヤマメ:病気(主に感染症)を操る程度の能力)

突然ですが、顔面神経麻痺になっちゃいました。
異変に気付いたのは先週の木曜日。
焼き立てのチヂミを食べてて、口の中を噛んでしまいました。
舌がヒリヒリするので、いつものように口の中を火傷したのだと思っていたのです。

ええ、とんでもない猫舌なのです。
ラーメン屋でラーメンを啜ろうものなら、確実に口の中の皮ペロリンの人です。
餃子の王将の餃子で焼き立てを頬張ろうものなら戦慄もの。
たこ焼き? 僕を殺す気ですか? ヒィィィィィ(((( ;゚Д゚))))ィィィィィ!!

ところが、口の中はどうもないのに舌のしびれは収まらず。
歯磨きで口をゆすげば水がこぼれるわ、ご飯類が口の中にたまって難儀するわ、挙げ句は口の中を噛むわ…。
それが決まって右側なのです。
いよいよおかしいと感じて、美しくもない顔を眺めていましたら、驚愕の事実が判明。
明らかに右側だけ力が入りにくくなっているのですね。
軽度の顔面神経麻痺です。

顔面神経麻痺というと、真っ先に思い浮かぶのは脳卒中ですが、実は意外と少数派。
一番多いのは、ヘルペスウイルスによるものだそうです。
ヘルペスウイルスと言えば水疱瘡等の原因となる「水痘・帯状疱疹ウイルス」が有名ですが、顔面神経麻痺を引き起こすのは「単純ヘルペスウイルス1型」と呼ばれるもの。
口唇ヘルペスなんかが有名です。
水痘が完治した後でも、ストレスや疲労で免疫力が低下すると「帯状疱疹」を引き起こすのと同じく、普段は免疫力で抑え込んでいるウイルスが免疫力の低下で暴れ出すというやつです。

そもそも「潜伏感染」している人が多いので、普通に街の中をウロウロしている人であれば、感染を気にするのは意味がないことです。
やはり免疫力を鍛えるのが一番の予防策です。
適切な運動と睡眠と栄養。
あとはネバネバもんを食べるとか。
かなり汎用性の高い予防策ですから、気になる方は安心してトライしましょう。

不幸にして僕みたく発症しちゃった人は、すぐに病院で診てもらうのが正解らしいです。
ヘルペスウイルスが原因であれば良いのですが、もちろん他の原因だって考えられます。
それこそ脳卒中とかが原因であれば、文字通りの命取りにもなります。
放っておくと後遺症が残るリスクも高くなるので、素直に近所の耳鼻咽喉科へ行くのがベストらしいです。
神経内科でも診てもらえますが、顔面神経麻痺の場合は耳鼻咽喉科の方が良いらしいのです。
ヒトの身体の構造って不思議ですよね。(o・ω・)(・ω・o) ネー
入院や手術が必要ともなれば大病院でないと手に負えない訳ですし、そういう病院って「紹介状」が必要だったりすることもありますから、最初は馴染みのある耳鼻咽喉科(もしくは神経内科)で診てもらうのが一番です。

そんな訳で、今日は行きつけの耳鼻咽喉科で診てもらった訳ですが、幸いなるかな、結果は軽度の末梢性顔面神経麻痺
もしこれが重度とか中枢性とか診断された日には、もれなく緊急入院が待っていた訳ですから。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
とりあえず出された薬を飲んで安静にしているように言われて、本日は無事帰宅を果たしました。
布団敷いて寝込むような病人でもないのですが、後遺症を招き寄せても面白くありません。
休息のサインが出たのだと諦めて、しばらく骨休めさせて頂くことに致します。(*´▽`*)ノ゛

20141104_001a.jpg

本日のおまけ。
行きつけの耳鼻咽喉科のすぐそばに、Mさんが一人で切り盛りするうどん屋さんがあります。
自称「趣味に生きる男」だけあって、うどんもこだわりの手打ち麺ならば、炭焼きやカヌーの旅に出かけるために店を閉めてしまうこともある、とってもフリーダムな方です。
最近は店に寄っても休業していることが多かったのですが、今回は運良く開店中に赴くことができました。
ここのカレーうどんが絶品なのですが、今回は既に昼食を済ませていたので断念。
でも大丈夫!
うどん屋と見せかけて、その実態は「一杯呑屋」であることは常連であれば周知の事実ですから(笑)

ビールテイスト清涼飲料を飲んでいると、Mさんが旅の土産をご馳走してくれました。
本場、北海道のチーズです。
しかもこれ…この薄くスライスされている方…

本物のブルーチーズじゃないですか! (*゚∀゚)=3 ムハ-

嗚呼、ワインが欲しいEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!
もしかすると、お金を払って飲んだドリンクよりも高くないですか??
チーズは割と好んで食べている方だと思いますが、もちろん安価なプロセスチーズばかりです。

正真正銘のブルーチーズなので、塩分は相当高め。
普通のチーズの感覚で頬張ると、かなり塩辛いです。
ああ、パンとかクラッカーとかに載せて食べたら、めっさ美味なんだろうなぁ。
いやいやいや、こうしてブルーチーズを頂けるだけでも贅沢というものです。
本当にごちそうさまでした。m(__)m

なんだかパワーがみなぎってきたかも! (・∀・)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

たまたまハロウィンだったから?



???「お菓子買ってくれなきゃ、いたずらしちゃうよ?」

京都府南部のお茶の街に、忽然と出現した十二使徒。
愛用のNoteBookを用いて、無限に循環する程度の能力。
Lv.205に達すると京都市内観光が可能となります。



(゜゜)☆\(ーー;バキッ



20141031_001a.jpg

明日2日(日)は、世間一般では三連休の中日らしいです。
そのためか、各種行事が随所でダブルブッキング中です。

ほっとハウスが例年出店している「東九条マダン」と「宇治福祉まつり」も見事にブッキング。
東九条マダンは例年11月3日の開催だったので、今年こそはブッキングが回避できると期待していたのですが…。
日曜日には教会の主日礼拝もあるというのに...orz
なんだか空気を読まない雨雲クンまで参戦してきた模様です。(´;ω;`)

20141031_003a.jpg

ほっとハウスは「東九条マダン」で綿菓子販売する方向に落ち着きました。
綿菓子は実に良く売れるので、3店舗になったぐらいでも行列モノになること請け合い。
待ち時間を有効活用すべく、ポストカードや手芸品、そして手作りシフォンケーキも一緒に販売することになりました。

例年ならば怪獣の絵を描いてくれるひとが居るのですが、今年は所用で不在。
なぜか僕めがけてピンチヒッターの白羽の矢が飛んできました。
他にも適任が居るように思うのですが、「にげる」コマンドは失敗に終わりました。
仕方がないので、最初は新幹線ひかり号でも描こうかと考えていたのですが…。

20141031_004.jpg

どうしてこうなった!?

ひかり号を含めて3案出したら、なぜか採用されたのがコレ。
ほっとハウスらしさという意味では、確かに一番「雰囲気」が出ているのかも。
冷蔵庫の奥から出てきた何かに、小麦粉まぶして衣を付けて油で揚げてみたら、
なんだか物凄いことになっちゃった的な。
この破壊力をもってして、いつもの"怪獣"とようやく互角??

きっと、アルコール分が不足していたのかも。
洋菓子の香り付けと言えば、ブランデーやラム酒がジャスティス。
ちなみに唐揚げの隠し味にはウイスキーが良いそうです。
フィッシュ・アンド・チップスの衣には、ぜひビールを加えたいです。
きっと僕はお酒がないと生きていけない人なのかも。ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ

20091031_1.jpg
→pixivで見る

僕自身は今年も東九条マダンには不参加です。
教会バザーの打ち合わせが今も終わらなくて…。
一応は先週までの妥結を試みたのですが、怒濤のバザー月間に見事に阻まれまして…。
まさか別のバザー会場まで押し掛けて、他所のバザーの打ち合わせをする訳にもいきませんし。
だから日曜日はダメだって言ったのに...orz


     * * *


20141101_1.jpg

せっかくなので、来週9日(日)の教会バザーの案内も一緒に貼付けておきます。
僕は今回も食券売りをしていると思います。
会場内で食券を売り歩く怪しいオジサンが近づいて来ても、どうか虐めないでくださいね。(´;ω;`)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク