Merry Christmas !



言(ことば)の内に命があった。
命は人間を照らす光であった。
光は暗闇の中で輝いている。
暗闇は光を理解しなかった。
(ヨハネによる福音書 1:4-5/新共同訳)


本日は、教会のクリスマスでした。
クリスマスと言えば12月25日(誰ですか?12月24日なんて言ってる人は??)というのは大抵の方がご存知かと思いますが、日本ではクリスマスが祝日ではないので、普通の教会では25日を含む週の日曜日にクリスマス礼拝を守るのが一般的です。

誕生日をご都合主義で移動させて良いのかと問われる方もおられますが、そもそも「クリスマス=イエスの誕生日」というのが一番の誤解。
イエスの誕生日を明確に記録した文献は、世界中どこを探しても存在しません。
実際には、誕生日はおろか、どの季節に生まれたかも不明です。
4福音書の中で一番最初に書かれたとされているマルコ福音書では、イエスが洗礼者ヨハネから洗礼を授かる話から始まっています。
マタイ福音書とルカ福音書には、かの有名なイエス誕生物語が記されていますが、これらは後世に発生した民間伝承が元になっているとされています。

では一体クリスマスとは何の日かと問われれば、「イエス・キリストの誕生を祝う日」というのが正解です。
「誕生を祝う日」であって「誕生日」ではないのです。
そもそも誕生日が分からないのだから、後世の人が勝手に決めてしまった…なんて言ってしまうと身も蓋もないのですが、12月25日になった由来はきちんと存在します。

それは地中海地方や北欧に存在した「冬至のお祭り」。
たとえば、北欧の冬至は半端じゃないです。
文字通り、暗闇に包まれた一日です。
この日を境にして、太陽が大地に姿を現すようになる訳ですから、太陽神の信者でなくとも、この日に神聖なものを感じるというのは自然の成り行きです。
まさに、闇の中に現れた一筋の光。
誕生であり、希望であり、奇跡の象徴でもあります。

浮き世の景気の良い話はチラホラ耳にしますが、それに実感を抱かないという人は多いかと思われます。
雰囲気は良くなったけど、財布の中身は一向に増える気配がないみたいな。
そもそも、昨今の薄ら寒くなるようなニュースのオンパレードに、雰囲気が良くなっているかどうかも怪しいところです。
光は闇の中でこそ輝きます。
闇の中に閉ざされていることに気付いている人にこそ、希望の光は届くものなのかもしれません。

偽物の太陽に惑わされませぬように。
道標を見失うことなく、夜明けへと続く道を一歩ずつ着実に歩んで行けますように。
願わくば、その道が長くとも穏やかな道程でありますように。
アーメン。

20141221_007a.jpg

うちの教会のクリスマス祝会の名物料理。
見ての通り、カレーライスでございます
ただし、ただのカレーライスじゃありません。
「神のみぞ知るカレーライス」です。

教会で一から仕込むと大変なので、当番の人が手分けして自宅で仕込んできます。
クリスマス祝会当日、鍋を持ち寄って、ひとつの鍋に合体させます。
どんな味に仕上がるかは、その時になってみないと分かりません。
なので、文字通り「神のみぞ知るカレーライス」という次第です(笑)

数種類のメーカーのカレールーを混ぜ合わせた方が美味しくなると申しますし、材料はごく一般的なものを使うという無言のルールがあるので、とんでもないものになる心配はまずありません。
教会員の方のご好意で、圧力鍋でしっかりと煮込まれた牛肉がゴロリと転がり出てくるのも毎年恒例のお話です。
今年のカレーライスも、とても美味しかったです。
ごちそうさまです。(ー人ー)

20141221_008a.jpg

食後のデザートは、昨年好評だった「塩バターロールケーキ」が再登板です。
濃厚な味わいに、ボリュームも満点。
文字通り、嬉しい悲鳴です。
年に一回のことだから、問題ないですよね♪♪

本当に、ごちそうさまでした。(*´Д`*)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 聖書・キリスト教
ジャンル : 学問・文化・芸術

自転車担いで、おけいはん



アメージング・シティ、京都へおいでやす。
鴨川というだけあって、鴨川では鴨が泳いでおります。

もちろん観光じゃありません。
毎度お馴染みの精神科通いです。

先週のアグレッシブな大寒波のせいで心が折れそうになりましたけど、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とばかり、自転車担いで洛中までやってきました。
今回の場合は「喉元過ぎれば冷たさを忘れる」と表現すべきか??

八幡市駅から例の折畳み式自転車を輪行して、祇園四条駅で京阪電車から降りました。
京大病院の最寄り駅は神宮丸太町駅なんですけど、時間に余裕があれば二つ手前の祇園四条駅で下車します。
理由は簡単。
キロ数の関係で、祇園四条駅を越えると運賃が1区分上がっちゃうからです。
(※乗車駅によって区分が変わる駅は異なります。)

しかも三条駅から先は鴨東線割増運賃が適用されちゃいます。
むしろこちらの方が痛いです。
スーパーで売られている菓子パン一個分と表現すれば、二駅分の差額が理解出来るかと思われます。

たかが菓子パン一個、されど菓子パン一個。
菓子パン一個分の交通費が浮いた上、軽い散歩でカロリー消費もセットで付いてくるのですから、これほど美味しい話はありません。
自転車を輪行しているとなれば、なおさらです。

20141208_002.jpg

輪行で「おけいはん」するのは、これで二度目となります。
初回は色々と手間取った上、混雑を避けて祇園四条駅のひとつ手前の清水五条駅で下車したものだから、時間的にも精神的にも少々ハードでした。
でも慣れというものは凄いですね。
今回は、折畳みも組み立ても10分とかからず、輪行時の持ち運びも要領を得ているので、自分でも驚くぐらいスムーズに京大病院に着いてしまいました。
日頃の練習と、繰り返しの馴れって本当に大事ですよね。(´・ノω・`)コッソリ

帰りは、京大病院から八幡市内の自宅まで、のんびり自転車を漕いで帰って来ました。
実は、帰りに自転車に乗るのがポイントなのです。
普段は気付かないのですが、大阪から京都にかけては僅かに登坂しています。
モーターやエンジンに頼っていたら気付かないのですが、自転車はその辺りシビアです。
行きも帰りも同じだと思い込んだら確実に死亡フラグですよ?

20141208_006a.jpg

おまけです。
途中で立ち寄った、JCILの運営するコミュニティサロン「ファーストステップ」で頂いた昼食です。
今日のメインディッシュは「チャプチェ」。
かの井之頭五郎氏も食したという、韓国では定番の家庭料理です。
うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ

日本では「韓国風春雨サラダ」とも訳される春雨料理ですが、ごま油の香りが食欲をそそり、甘辛い味付けの中にピリリと訪れる唐辛子の風味が良い仕事をしてくれます。
もちろん、ご飯にも良く合います。
いくらでも食べられるぞぉ!! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

下り坂で抑速制動が作動する程度の能力

20100423_1a.jpg
→pixivで見る

射命丸文「なるほど、この冬一番の寒波ですか。確かにニュースですね。でもこの程度の記事では読者を喜ばすことはできません。そうですね…【冬の妖怪大暴れ!ついに竜巻発動か!?】ということにしておきましょうか。」

お願いですから、やめてください…。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

     * * *

この冬一番の寒波が襲来した朝。
いつになく軽く感じるペダルに異変を感じつつも、深く考えることなく某所へ向かいました。

そして帰り道。
自転車のペダルが軽く感じた理由が分かりました。
強い南からの風で、行きは追い風だったのですね。
冷たい南風というのも不可思議な話ではありますが、帰宅後に天気図を確認したところ、真北に強力な低気圧がありましたから、これに吸い寄せられたものと考えれば合点がいきます。

いつもより重たく感じるペダルに耐えながら、新木津川大橋を渡り切り、堤防レベルからの下り坂に差しかかった時です。
割と長い下り坂なので、普段はブレーキをかけながら降りてくるのですが…

「これすごい! ブレーキかけてないのに、勝手に速度調整してくれてるww」

     * * *

鉄道車両のブレーキは、圧縮空気を利用した制動装置が一般的ですが、頻繁にブレーキを使うと車輪にも制輪子にも負担がかかるため、これとは別に「抑速ブレーキ」を装備する場合が多いです。
電気動力車の場合は電流の流れる方向を逆向きにして主電動機に「発電」させることで制動力を得る「発電ブレーキ」、内燃動力車の場合はギアを低速段に落とすことでエンジンをブレーキとして使う「機関ブレーキ」が用いられます。

発電ブレーキで発生した電力は、制御用に搭載されている主抵抗器を活用して熱エネルギーに変換することで消費するのが一番簡単な方法です。
今以上に電力事情が厳しかった戦前、この電力を活用できないかと考える人が現れるのは当然のことです。
ところが今のように高性能なバッテリーもなければ、半導体機器なんて代物も存在しなかった時代です。
一番手っ取り早いのは、パンタグラフやトロリーポールを使って発生電力を架線に戻すことなのですが、そのためには主電動機から発生する不安定な電力を「架線と同じ電圧」に変換するための装置が必要となります。
九条山と逢阪山のダブル峠越えを抱える京阪電車京津線では、複巻電動機と磁気増幅器の組み合わせでこれを実現した「回生ブレーキ」を常用した50形電車を登場させましたが、構造が複雑でメンテナンスが面倒だったこともあり、自社線内でさえ普及することはありませんでした。
ただ、戦後になり2000形電車で回生ブレーキを復活させ、半導体機器の普及に伴う省エネ電車ブームの下地を整えたことは忘れてはなりません。

時代は下って現在のお話。
インバータ制御の普及で電圧のコントロールも簡単にでき、高性能バッテリーが続々と登場する時代となりました。
それまで電力確保の問題から鉄道専門の技術と扱われていた電気動力車も、電気自動車として実用化できる目処が立ってきました。
それまでのツナギとして、エンジンとバッテリーの2系統の動力源を持つことで、双方の長所を兼ね備えたハイブリッド自動車が一足先に実用化され、人気となっています。
そして今度は、これらの技術が鉄道車両にも還元されるようになってきました。
鉄道版ハイブリッド車ことキハE200形がJR小海線で活躍を始めて久しく、今年からはJR烏山線で蓄電池式のEV-E301系電車が活躍を始めています。
他の鉄道会社でも実用化を目的とした試作車が続々と登場しており、今後の展開が非常に気になるところです。

     * * *

さて、下り坂をノーブレーキで降りて来られた訳ですから、下り坂の後には恐怖のトレーニングタイムが待っています。
それから4kmあまり、平坦なはずの道を逆風に煽られながら、ヘロヘロになって帰ってきました。

ズボン中がパンパンだぜ!

帰宅後は、食事もそこそこにバタンキュー。
風が強い日の長時間サイクリングは考えものだと、痛感させられた次第であります。(´;ω;`)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク