アップグレードの誘惑


→pixivで見る

M$社から「Windows 10」の情報が舞い込んでくる季節になりました。
「Windows 8」の次なのに「9」を飛ばして「10」とはこれ如何に??
ツッコミを入れたいところですが、そもそもver.とは別物の製品名なので、細かいことを気にしてはいけないらしいです。
ちなみにver.名の方は、「Windows 2000」が5.0、「Windows XP」が5.1、「Windows Vista」が6.0、「Windows 7」が6.1、「Windows 8」が6.2、「Windows 8.1」が6.3、そして「Windows 10」が7・8・9をすっ飛ばして10.0。
やはりツッコミを入れてはいけないらしいです。

今回かずや的に一番気になっているのは、やはり無料アップグレードの件でしょうか。
現在、Windows7以降を使用中のユーザーに限り、一年間限定で無料でアップグレードさせてもらえるという大盤振る舞い。
最初の一年間のうちにアップグレードを済ませてしまわないといけないという条件が付きますが、一度アップグレードしてしまえば「その端末が壊れて使えなくなるまで」使い続けることが可能というのはオイシイ話ではあります。

ただ、ウマイ話には落とし穴が付きもの。
Windows8が主に古参PCユーザーに悪評サクサクだったので、安易に飛びつくと地雷という可能性もウロウロしております。
スマートフォンやタブレットとの統一を目指したという点では評価出来ますが、Windowsの定番だったスタートボタンを廃止してしまったのが一番の失敗。
起動時間の短縮を図るべく、システムのシャットダウンを後ろに引っ込めてしまって、やはり古参ユーザからブーイングの嵐だったWindowsVistaにつながるものがあります。
どうにもM$社の提供するOSは、「Windows Me」以来「当たり」と「ハズレ」が交互に来るジンクスがあるみたいなので、順番から言えば今度は「当たり」ということになりそうですが…。

今使ってるWindows7が、WindowsXPに匹敵する抜群の使い勝手と安定性を誇るので、僕としては慌ててWindows10に乗り換えるつもりはありません。
今までだって、必要に迫られてアップグレードしたのは、USBポートを自力で設置した時ぐらい。
あとは、パソコンを買い替えたらOSも勝手に新しくなっていた…というパターンです。
とりあえずはWindows10の正式版がリリースされて、大方の評判が出揃うまで待つとしましょう。(。-∀-) ニヒ♪


     * * *


OSの無料配布は、実はWindows10に始まった話ではありません。
Appleでは既にMacOSX10.9(Mavericks)から無料配布が始まっています。
現在は最新のMacOSX10.10(Yosemite)が無料で配布中です。

かつてはン万円を支払わないと購入できなかった基本OS。
それが無料で手に入るというのですから、随分と良い時代になったものです。
果たしてそれで開発のコストを回収できるのかと心配になるところですが、今はパソコンにしてもスマートフォンにしてもOSと抱き合わせで販売するのが普通なので、より高性能の新機種に買い替えてくれるユーザーが増えてくれただけ、ライセンス販売の収入が得られます。
その上、古いOSが新しいOSに入れ替わってくれれば、わざわざ古いOSのサポートに手をかける必要もなくなります。
アプリ開発も最新OSだけを意識すれば良く、互換性や後追いに費やしていたコストを新商品開発に振り分けることができるので、トータルとして得になるという構図です。

さて、今この記事を書き込んでいるMacBookですが、OSは本体購入以来ずっとMacOSX10.6(Snow Leopard)のままです。
OS本体のセキュリティアップデートは、既に2013年に打ち切られています。
なので、iTuneも青いままです(苦笑)
言うなればWindowsXPと同じ状況下に置かれてしまっているのですが、一番の違いは今も継続使用可能な環境が整っていること。
ノートン先生のサポートは今も続いていますし、FireFoxのアップデートも継続中です。

実は無料アップグレードが可能な機種なので、その気になればいつでもMacOSX10.10をインストールできるという実に恵まれた環境に居る人です。
でも今のところ、アップグレードは一切考えていません。
上記の通り、アップグレードしなくても困らないというのも理由の一つですが、それ以上にアップグレードしてしまうと困ったことが起きてしまうのです。

それは、PowerPC時代から使ってきたソフトが一切使えなくなってしまうこと。
今のMacのマイクロプロセッサがWindowsと同じIntelになって久しいですが、それまではPowerPCと呼ばれる独自仕様のマイクロプロセッサを積んでいました。
PowerPC時代に購入したソフトを今でも日常的に使用しているのですが、それは本来はIntel Macでは動かないものです。
幸い、MacOSX10.6までは「Rosetta」という実行環境が用意されていました。
このおかげで、Intel MacでもPowerPCのソフトが利用できました。

ところがMacOSX10.7(Lion)でRosettaが廃止されてしまったのです。
これには流石に困りました。
MacOSX10.7以降にアップグレードしたが最後、ソフトの一斉買い替えを迫られる訳ですから!
…ぶっちゃけ、パソコン本体を買い替えるよりも高くつきます。(つд`)

自宅にはMacBook以外にも、PowerPCのMac miniがあります。
G4搭載で、OSは今もMacOSX10.4(Tiger)のままです。
これまた有り難いことにノートン先生のサポートが継続中なのですが、いよいよ動作が重たくなって来たので、今月ライセンス期限が迎えたのを機に「ノートン・アンチウイルス」をアンインストールしました。
案の定、見違えるようにキビキビと動くようになりましたが、無防備というのも考えもの。
そこでMacOSX10.4対応のフリーのセキュリティソフトを探して来ました。

「ClamXav」
http://www.clamxav.com/

最新ヴァージョンはやはりIntel Mac用になっちゃうのですが、嬉しいことに今でもPowerPC用の古いヴァージョンも残してくれています。
最新はver.2.7.3ですが、ver.2.5.1が10.5対応、ver.2.2.1が10.4対応となります。
10.3以前はノートン先生もサポート外にしているだけあって、流石にアウトみたいです。
常駐監視機能が無いのでインターネットに繫いだりするには不安が残りますが、そもそもインターネットの接続に耐えられる環境ではなくなったマシン用なので、インターネットには繫がないという前提であれば、定期的にチェックをかけるだけでも十分かなと思います。

こんな感じで、万が一のバックアップ体制が構築できたので、いよいよニッチもサッチも行かなくなってきた日には、観念して新しい環境を導入しようかと思います。
その日までは、今の環境でギリギリ最後まで粘りきる所存であります。(`・ω・′)ゞ スチャッ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

カバーとフォロー



おけいはん、なう。

いつものごとく京大病院への通院のために京阪電車に乗りましたら、最新鋭の13000系電車の車中の人になっていました。
最新鋭だけあって見どころ満載なのですが、今回はとりあえず蛍光灯に注目してみます。

見ての通り、ごく普通の交流蛍光灯です。
一般家庭でも使っているアレです。
電圧を確認してないので、もし220Vだったら日本国内の皆様ごめんなさい。
中国や欧州では220~240Vあたりが一般的ですし、日本でも200Vを引いてくることは可能です。
エアコンのそばとかに3線式のコンセントが付いていたら、もしかすると200Vかもしれません。

定期的に転極をしてやらないといけない直流蛍光灯なんてことはありません。
むしろ、今でも直流蛍光灯を使っているところがありましたら、ぜひとも現物を拝んでみたいものです。

問題は蛍光灯本体ではなく、その取り付け方法です。
見ての通り、ムキ出しで付いてます。
関西の大手私鉄では、白色のプラスチックカバーで覆うのが一般的でした。
どうしても必要なものでもなく、いわば「おしゃれ」のようなものです。
たとえば旧国鉄などでは、一般車ではムキ出し、優等車ではカバー付きという格差がありました。
万が一の破損の際、カバー付きの方が事故防止につながる訳なのですが、旧国鉄の例を挙げるまでもなく、カバーの有無は単純にコストの問題だったようです。

そんなおけいはんで、ムキ出しの蛍光灯。
決して、経営が厳しくなって経費節減うんぬん…という話ではありません。
最近、鉄道車両の耐火基準が一段と厳しくなったためです。
前述の通り、蛍光灯カバーの材質はプラスチックです。
そしてプラスチックの原料は石油です。
普段は着火することがなくとも、火災発生時には被害を拡大させる可能性が指摘されています。
なので、地下線や長大トンネルがある鉄道では、蛍光灯カバーを付けない流れになってきているのです。

もちろん蛍光灯カバーそのものが禁止された訳じゃありません。
燃えにくく有毒ガスが発生しにくい素材を模索する動きもありますし、インテリアの一つとして間接照明を取り入れる動きもあります。
今はもしかすると過渡期の真っただ中なのかもしれません。
今後の流れに注目です。(´・ノω・`)コッソリ

20150119_003a.jpg

京大病院の後は、丸太町京阪前から市バス202系統の人。
200番台は循環系統なので、202系統も東大路回りと西大路回りがあります。
東大路は観光名所の巣窟なので、遠回りながら空いている西大路回りに乗りました。
九条近鉄前まで乗継ぎなしの230円均一というのはありがたいですが、1時間近く乗ってると流石にゲンナリ。
九条近鉄前から近鉄京都線の高架下を歩くこと10分ばかり。
洛中詣でのついで、いつものコミュニティサロンに顔を出してきました。

その後は近鉄十条駅から近鉄電車の人。
小倉駅で降りて、ほっとハウスへ向かいます。
実は、困ったことが起きていまして…。

とうがらし通信が届いていない!!

その調査と対策のためです。
影響の範囲と原因は割とすぐに判明しました。

とうがらし通信が届いていないのは、ほっとハウスのメンバーさんだけらしい。

可能な範囲で追跡してみたところ、協力会員の皆様や関係諸団体等へは、無事に送付できている模様です。
発送数はいつもと大差なく、不着の申し出があったのは今のところ身内のメンバーさんだけ。
どうやら、宛名ラベルを印字した人が、メンバーさんグループのラベルを印字するつもりで別のグループを印字してしまい、気付かぬまま貼付けて送付してしまったみたいです。
トラブルが内輪で済んだのが不幸中の幸い。
不着のメンバーさんには、今日から直接手渡しで配布しています。
心当たりの方は、来所時に受領をお願いします。(←業務連絡モード)

もしメンバーさん以外の方で、本来受け取るはずなのに届いていないという方が居られましたら、至急ご連絡ください。
すぐに再送付させて頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

とうがらし通信


→pixivで見る


今泉影狼「見た目は狼、頭脳は羊、その名は今泉影狼! …ぐすん。」


「草の根妖怪ネットワーク」のメンバーの一人という時点で、彼女の立ち位置がよくわかります。
一匹狼かと思いきや、実はとっても「構ってちゃん」なところとか、非常に親近感を抱きます。
たまに調子ぶっこいでは少々痛い目に遭ったりとか、とても他人事とは思えません。

怖いわー人間怖いわー。

20150108_3.jpg

そんな訳で今年の年賀状は、影狼さんに登場願いました。
みんなで幸せになりましょう。ヾ(*′∀`*)ノ


     * * *


20150108_001a.jpg

今日は、河原町正面の「ひと・まち交流館 京都」で、とうがらし通信の印刷作業の手伝いをしてきました。
毎度お世話になっている、ほっとハウスで年2回発行している機関紙です。
通常は12月中に発送を終えるのが常なのですが、今回は諸般の事情で年明けになってしまいました。
なんで届かないの?と心配されておられた方々、ごめんなさい。(><;)

20150108_003a.jpg
→pixivで見る

見覚えのあるヒトが…。
きっと気のせいですね。
はい。

もし新規で送付を希望される方が居られましたら、メッセージ等でコッソリお知らせください。
確実にコッソリ受け取れる宛先であれば、自宅以外でも構いません。
既に登録されている方へは、今回もいつも通りコッソリ届く予定です。
ご依頼コッソリお待ちしております。(´・ノω・`)コッソリ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

あけましておめでとうございます

20141231_1.jpg
→pixivで見る

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。m(__)m

     * * *

新年恒例のネタ画像。
昨年が馬急だったので、今回は羊急です。

(゜゜)☆\(ーー;バキッ

今でこそ、日中は準急という名の各駅停車しか止まらないローカル駅に甘んじている八幡市駅ですけど、八幡町駅を名乗っていた1960年代頃までは、起終点にする列車があるぐらいの重要な拠点駅でした。
樟葉駅がローズタウンの造成に併せて拠点駅に昇格し、淀駅が車庫開設でこれまた重要な拠点駅に昇格しちゃったことから、見事に間にはさまれてしまった八幡町駅の重要性はみるみるうちに低下。
それでも急行停車駅としての地位は保っていたものの、2003年9月のダイヤ改定で日中の特急と急行が事実上統合されてしまったことから、先述の通り「準急という名の各駅停車しか止まらないローカル駅」に成り下がってしまいました。
ぶっちゃけ、路線バスは樟葉駅を中心に発達していますし、その樟葉駅が特急停車駅に昇格しちゃいましたから、利便性はむしろ向上したとも言えるのですが、八幡市としては市代表駅を隣接市に奪われてしまった格好で、内心面白くない話というのも事実です。

そんな八幡市駅もかつての栄光を取り戻す日があります。
はい、まさしく今日です。
普段は空気を運んでいる男山ケーブルも、この日ばかりは乗車待ちの長蛇の列。
元日未明にはホームの入場制限をしないといけないほどで、普段は無用の長物と化している、入場待ちの人を並ばせるための整理柵が、この時ぞとばかりに大活躍します。
正月ダイヤでは、日中10分間隔で急行が停車します。
市名の由来にもなっている、石清水八幡宮の存在は大きいです。

まさに一瞬の輝きを放つ八幡市駅。
京都競馬場をかかえる淀駅のように乗降が短時間に集中することはないので、臨時急行が出されることはありませんが、盛大に妄想を膨らませて特製の行先表示板をこしらえてみました。
八幡市駅に栄光あれ! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

     * * *

20141230_002.jpg

鉄ネタばかりじゃ面白くないだろうから、年末の話なぞ。
30日(火)は、高校時代の友人たちと集まって、樟葉駅前の「いつもの居酒屋」で忘年会してました。
毎回何かしら話のネタを提供してくれる居酒屋なのですが、その予想は今回も裏切られることはありませんでした。

20141230_001.jpg

こいつ・・・動くぞ!

どうせなら動画で撮れという声もありましたが、諸々の事情により写真のみです。
お刺身は嫌いじゃないのですけど、ついつい鶏軟骨の唐揚げに箸がのびていた人です。
鶏軟骨の唐揚げ美味しいですよね、鶏軟骨の唐揚げ。(・∀・)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク