嵐を呼ぶ会議


→pixivで見る

東風谷早苗「颶風は専門外ですが、多少の風なら扱えますよ。あと奇跡とか。」

どこか感覚がズレているのが、きっと早苗さんの魅力。
常識に囚われないのがモットーらしいですから。(゜∀゜)☆\(--; バキ

     * * *

今回は文字通り「嵐を呼ぶ会議」となりました。
…気象的な意味で。

ほっとハウス名物のひとつが「井戸端会議」。
ほっとハウスが誕生した四半世紀前からの伝統です。

当時、世間を賑わせたキーワードのひとつが「寝たきり老人」。
福祉サービスの「量的」充実と、日本のお家芸のひとつ「おもてなし文化」が、悪い方向で融合してしまった結果のひとつ。
いかにして「お世話」するかに力点が置かれてしまい、当事者の意志を無視する形での介護が横行した結果、ベッドに張り付けられてしまった当事者は残存機能すら奪われ、生きる尊厳すら奪われる形になってしまったという当時の老人福祉の現状を、端的に表した言葉です。

これは精神福祉においても同様でした。
いかに社会から隔離して、医療・福祉の管理下に置くか。
当時は当たり前だった施設側からの一方的な上意下達主義。
果たしてこれで人間の尊厳は守られるのか。
そんな疑問から誕生したのが、今のほっとハウスです。
そしてその象徴の一つが井戸端会議です。

会議と名乗っていますが、実際には公聴会とミーティングを兼ねたようなものです。
他人とのコミュニケーションに問題を抱えている方が多いので、当事者だけで話し合いをして物事を決めるのは不可能に近いのが事実です。
だからと言って、当事者の存在を無視して勝手に物事を進めて欲しくはない。
この矛盾した命題を解決する一つの実践として始められたものです。
もちろん今でも多くの問題を残していますが、これを続けていることにこそ大きな意義があると言えましょう。

さて、今回の井戸端会議は、もともと20日(木)に予定されていたものです。
それが未明の大雨で、何の前触れもなく突如発令された大雨警報。
警報発令時は臨時休所になるというルールに従い、この日は臨時休所となり、井戸端会議も25日(火)に延期となりました。

そして今日が25日な訳ですが、今度は台風15号の接近です。
近畿地方への最接近が25日夕方頃。
どんだけ嵐に好かれてるねんという話です。(´;ω;`)

幸い、台風15号の進路は西寄りのルートを辿り、近畿地方への直撃は免れました。
暴風圏にかかることもなく、井戸端会議も無事に終了しました。

…が、朝から吹き続ける湿った南風は、明らかに台風が吸い寄せているもの。
天候は悪化の一途を辿り、臨時休所こそは免れましたが、今の京都は雨風ともに大荒れです。
いやもう台風が直撃したと言われても信じそうなほどの荒れ模様。
帰宅途上なぞ、突風に傘をへし折られないようにするのが精一杯で、傘が傘の役割を果たせたかどうかは二の次の有様です。
いえ、無事に帰宅できただけ良しとしましょう。(;´Д`)

文字通りになってしまった「嵐を呼ぶ会議」。
マジ、パネェです。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

ユッケ&ホッピー



タイトルから即座に居酒屋の話だと直感された方は、きっと僕と同類項です。
昨晩は、久しぶりに中高生時代からの友人たちと集まって、一緒に夕食してました。('▽')ノ

ここのところ、肉好き人間には受難の日々が続いています。
生レバーに続いてユッケまで”御法度”になってしまい、もっと他にも規制すべき料理があるだろうに闇で食べる度胸もなく、悶々としている小市民の一人です。
毎年死人が出ているというのに、正月恒例の例の白いヤツが規制されないのは何故なのか…コンコンコン…おや誰か来たようです。( ゚Д゚)

基準をクリアしようと思えば価格が跳ね上がり、いよいよ庶民から遠い存在になってしまった牛ユッケでありますが、マグロや馬肉であればOKというのが有り難いです。
今回は馬肉のユッケを頂きました。
牛肉のような甘みもなく、鉄臭さを薬味で消さないといけないという難点もありますが、栄養価的には馬肉の方が優れているそうで、夏のスタミナ補給には打ってつけの一品であります。
添えられたスライスオニオンが良い仕事をしてくれます。

こいつぁ、元気が出るぞぉ~~~! (・∀・)

20150815_004a.jpg

庶民の味方と言えば、コレ。
税制上の事情もあり、ビールが高級酒にカウントされていた時代、安価な「甲類焼酎」は庶民の強い味方でした。
そして、お子さまも安心して飲むことができる、麦酒様清涼飲料水「ホッピー」。
この二つを掛け合わすことにより、ビールのような素敵な飲み物をリーズナブルに楽しめるという仕掛けです。

今でこそビールも相対的にはリーズナブルになりましたが、甲類焼酎の安さには勝てません。
5Lペットボトル入りが普通に市販されている訳ですから、今でも人気があることは間違いありません。
ペットボトル回収日に空の5Lペットボトルを発見する度、仲魔…もとい、仲間の存在を確信する日々であります。ヾ(*´∀`*)ノ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

立秋を体感してみた

20120914_1.jpg
→pixivで見る

2015年の立秋は、8月8日(土)だったそうです。
暦の上では、もう秋なのですね。
35℃越えが、すっかりデフォになっちゃった京都。
もう40℃越えたって今さら驚かないですよ?
果たして秋は何処に…。

…なんてことを思っていたら、穣子さまが着々と仕事をされている模様。
今朝、朝の6時にゴミ出しのためにゴミ袋片手に家を出てみたら、あまりの涼しさに驚きました。
正確に言えば「涼しい」ではなくて「暑くない」と表記すべきか。
連日の熱帯夜で感覚が麻痺してしまってるんですよ、きっと。
「暑くない」ということが、こんなに快適なことだったとは!

洗濯機を回した後、朝日がまともに照り付けるベランダで洗濯物を干しながら、秋の近づきを存分に体感させて頂きました。
朝8時を過ぎればシャツ1枚でもたちまち汗でぐっしょりだったのに、今日はシャツが軽く湿る程度。
濡れたシャツが身体に貼り付くこともありません。
ああ、なんて快適なんだ!!

ここのところ、夕方に急に雷雨に襲われることがあったので、それを口実に自転車での遠出は控えていたのですが、今日は天気予報を信じて片道1時間の距離を自転車で移動。
お昼を避けたこともありますが、薄曇りと適度の風も味方してくれました。
昨日まで熱中症や脱水症にビクビクしていたのが嘘のよう。
ああ、なんて素晴らしいんだ!
穣子さま、ありがとう!! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

それでも油断は禁物。
体重計は今年最軽量を記録し、顔や手は火照り気味です。
帰宅後、麦酒…もとい、水分と塩分を十分に補給したことを書き添えておきます。
今宵はさぞかし心地よく眠れることと思われます。(*´ω`*)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

ワンプレート料理の魅力


→pixivで見る

本日38℃を越えちゃった京都。
人体に関しては空冷機能が動作しない模様です。
せめて気分だけでもクールダウンできるよう、HDDから過去作品を漁ってみました。
最強を誇るCOOLキャラ。そりゃもう幻想郷最強です。
ご本人がそう言ってるのだから、そういうことにしておきましょう。(゜゜)☆\(ーー;バキッ

     * * *

かれこれ12年のお付き合いになる、憩いの場ほっとハウス
今までに色々な方と出会いましたが、利用者・職員に関わらず、個性的な方々の宝庫です。
ほっとハウスの昼食は、家庭用の食器を寄せ集めて使用しているので、必然的に皿数が多くなります。
そんな中、食べる前に汁物以外の料理を一枚のお皿にまとめて、一枚のお皿から黙々と食べる職員さんが居られました。
食べることに無頓着な訳でもなく、むしろ料理の腕前は上級レベルです。
その時は、不思議なことをしているもんだと黙って見ていたのですが、今になってその理由が見えてまいりました。

駅前の建売住宅を改装した施設なので、空間容量が苦しく、どうしても「押し合いへし合い」の格好で食事をすることになります。
「自分に甘く、他人に厳しく」というスタイルの人であれば、そんな中でも割と平然と食事ができるのですが、遠慮がちにつつましく生きているようなタイプの人となると、どうしても隅の方へ追いやられる形となります。
かく言う僕自身、あそこで食事を一緒にすることは滅多にありません。
もちろん施設側でも現状を問題視しているのですが、抜本的な解決には施設を移転改築するしかなく、僕自身は部屋の隅っこでパンをかじる日々が続いています。

先日、諸般の都合で昼食を仕出弁当で代用した日がありました。
施設内で調理するのであれば人数の増減にも対応出来るのですが、当日ふらりとやってくる人も居るので弁当だと数に余裕を見て発注する必要があります。
せめてもの手伝いとして、弁当が余った時には、僕はそれを買い取ることにしています。
日持ちのするパンやカロリーメイトであればフレキシブルに対応出来るので、こういう時には本当に重宝します。
その日も弁当に余りが出たので、カロリーメイトをかじる代わりに弁当を購入して、早速部屋の隅で食べることにしました。

20150728_001a.jpg

右手で箸を持ち、左手で弁当箱を持ち、何気なく弁当を食べていて、ふと気付きました。
あれ? これだったら、普通に食事できるんじゃない?
テーブルがなくても食べられるというだけで、これだけ安心して食べられるというのは意外な事実でした。
押し合いへし合いに参加する必要もなく、いざとなれば食事を持ったまま「避難」することも可能です。
ここで先日の職員さんのことを思い出した次第です。
もしかすると、少しでも安心して食べられるように、あえて一つのお皿にまとめて食事していたのではないかと…。

これは一つの発見でした。
建物から移動することはないので蓋は不要です。
弁当箱に詰めなくとも、一枚のプレートに全ての献立を納めることができるのなら、これだけで安心して食事することができるのだと。
今までは格好良さや片付けの手軽さなどに目が行っていたのですが、ワンプレートの献立に「落ち着かない場所でも、安心して食事ができる」というメリットがあることを改めて認識した次第です。

後日、この話を施設長に話すと、関心を示してくれました。
もちろん抜本的な解決には施設の拡張しかない訳ですが、それまでの応急措置としてはアイディアとしてアリかもしれないと。
僕自身は今まで通り部屋の隅でパンをかじているのが性に合ってるのですが、僕のように食事に困っている人が他にも居られるようなので、このような方々が少しでも居心地が良くなればと願っています。(*´ω`*)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク