El Capitan w/ Windows10


→pixivで見る

妖夢「何かを得ようと願うなら、何かを代償にせねばならないのですね。ええ、後悔はしていませんとも!」


     * * *


かれこれ6年以上使っているMacBook(13-inch, Late 2009)のお話です。
搭載されているMac OS X 10.6(Snow Leopard)は、Rosettaが利用できる最後のOSでもあります。
PowerPC用のソフトウェアも利用できるので、古参ユーザーにとってはありがたい存在でした。
既にサポートは終了していて、ノートン先生からも見放されてしまって久しいです。
Windowsで言えば、今でもXPを使い続けているようなものです。
諸事情でXPを利用し続けている方であれば、状況を察してもらえるかと思います。

このMacBookは、Boot Campを使ってWindows7もインストールしてあります。
http://kazuya075.blog12.fc2.com/blog-entry-6.html
Windows7の方は、今もサポート中ということもあって、現役機として申し分ない働きをしてくれています。
実際、Windows8の話が舞い込んできた時にも、まったく食指が動きませんでしたから。
教会で使っているパソコンがWindows8なのですが、スタートボタンが廃止されてしまったのが一番のネックでしょうか。
Vistaの時もそうでしたが、作業を終えて電源を切ろうとするたびに、なんとも言えないストレスが…。(苦笑)


     * * *


捨てる神あれば拾う神ありと申しますが、その通りの出来事が訪れました。
2015年7月29日にWindows10の発売が始まったわけですが、なんとまあ、うちのMacBookにも無料アップグレードの通知が届いたのです。
ただし一年間限定のサービスなので、もし受けるのであれば2016年7月28日までにアップグレードを済ませなくてはなりません。

タダほど怖いものはありませんから、最初のうちは用心して様子を見ていました。
過去歴代のOSの「いいとこどり」をしたというだけあって、評判は決して悪くありません。
しかも、MacのOSが無料配布に切り替わったことに影響されてか、Windows10以降はアップデートの形で実質的なアップグレードが受けられるという情報も入ってきました。
実際にWindows10搭載モデルをさわってみる機会があったことも、後押しをしたと言えましょうか。
そんなこんなで、うちのMacBookも思い切ってWindows10にアップグレードすることにしました。
それが数ヶ月前のお話です。

アップグレードそのものは、何の問題もなく終わりました。
Windows10も問題なく動いています。
「いいとこどり」の効果もあってか、操作もなかなか快適です。
ひとつ難点をあげるとしたら、再起動によるリセットの問題でしょうか。
Windows10は、前回終了時の状態を保存するので、次回の起動は高速で完了します。
その代わり、不具合が発生している時は、その状態で再開してしまうので、再起動してもリセットしたことにならないのです。

一番多いのが、タスクバーの左クリックが突如使えなくなるトラブル。
なんとまあ、スタートメニューまで開かなくなってしまうのですから…。
幸い、右クリックからもシャットダウンや再起動を選択できるので、慌てることもありません。
shiftキーを押しながら再起動をかけると、状態を保存せずに再起動することができます。
これで再起動リセットが可能になります。
大抵のトラブルはこれで解決できるので、Windows10については大いに満足しているところです。ヾ(*´∀`*)ノ


     * * *


さて、実はここからが本題なのです。
Windows10にはまったく罪はありません。
問題はMacBookの側にありました。

キーボードの最上列にあるキーが、全部使えなくなってしまいました。
トラックパッドも使えなくなりました。
幸い、USBマウスは問題なく使えるので、タスクバーからそれぞれのメニューを引っ張り出せば、同じ操作をすることは可能であります。
唯一、escキーだけはどうしようもありません。

基本的にトラックパッドは使わない人ですし、バックライトやボリュームも頻繁に変えることはないです。
それでもイジェクトキーが使えないのは落ち着かないですし、ボリュームを変えようと無意識にファンクションキーを押し続けている自分が居ます。

BootCampは、ver.6以降で64bit版Windows10に正式対応になっています。
そのためには二つの問題をクリアしなくてはいけません。
BootCamp6はMac OS X 10.11(El Capitan)に同梱されているので、MacBookをEl Capitanにアップグレードする必要があります。
そして、32bit版Windows10はサポート対象外な上、32bit版から直接64bit版にアップグレードすることもできないので、64bit版Windows10をクリアインストールしなくてはなりません。

ここで問題になったのが、Rosettaの件です。
El Capitanにアップグレードするということは、PowerPC時代のアプリと訣別することを意味します。
MacBookでも頻繁にお世話になっていたので、いよいよ苦渋の決断を迫られることになりました。

自室には、G4搭載のMac miniがあります。
PowerPCなので、もちろんEl Capitanはインストールできません。
今まではMacBookを外へ持ち歩くことも多かったのですが、先日の電源アダプタの一件以来、外へ持ち出すことはなくなりました。
家で使うなら、Mac miniを併用すればクリアできる問題です。
緊急時のことも考えて代用アプリを探した上で、Rosettaとお別れする決断をした次第です。(><;)

MacBookはEl Capitanに生まれ変わりました。
64bit版Windows10もクリアインストールしました。
これで問題解決のはずでした。
ところが、この先に大きな壁が立ちはだかっていました。
肝心の「Windows サポートソフトウェア」が、インストールできないのです!

原因はすぐに分かりました。
BootCamp6がサポートしているのは、Mid 2012以降のモデル。
うちのMacBookは、そもそも対象外だったのです。
Microsoft社からは利用可能の通知が届いているのに、Apple社からは利用不可の宣告。
思わず「なんでやねんっっ!!」って叫びたくなりました。ヽ(`Д´)ノウワァァン!!


     * * *


一度決めたことをなかなか変えようとしないのは、発達障害の特性のひとつらしいです。
凶と出ることが多くて社会からハジかれた人ですが、たまに吉に転がることもあります。
今回はその貴重なケースのひとつらしいです。
あまりにも悔しくて、執念深くネットを探して回ったら、こんな素敵な記事をみつけました。

「BootCamp6を非対応のMacに入れる方法」
https://blog.lunasys.tk/2015/08/18/106/

Apple社が対応・非対応を線引きしたラインは、USB3.0の有無らしいのです。
確かにうちのMacBookはUSB2.0です。
Apple社の完璧主義精神は、Macの魅力のひとつではあります。
安定した動作を保証することで、無用なトラブルを避けつつ、今日のブランドを築いてきたのですから。
訳のわからないことをやらかしては無責任に後始末だけを持ち込む人が後を絶えないので、その対処法としては非常に正しい方法なのですが、僕みたいな人間としては面白くありません。
USB3.0なんてどうでもいいから、とにかくインストールを許可してほしいというのが本音です。
なので、自己責任の覚悟のもと、禁断のリンゴに手を出しました。

インストール中にRealTekで引っかかりましたが、これもサイトを探索してクリア。
「BootCampでRealTekオーディオのインストールが止まる対処方法」
http://pgalog.com/?p=1280

結果は大成功!!
ファンクションキーもイジェクトキーもescキーも復活しました。
トラックパッドも無事反応するようになりました。○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

最後に残ったのが、Macから「ことえり」が消えてしまった対策。
いきなりユーザー辞書が消えてしまったので、流石にこればかりは戸惑いました。
こちらも素敵ページを探し出して対処しました。

「Yosemite(OSX 10.10)アップデートで消えたことえりのユーザ辞書を復活させる」
http://poly-tan.com/598/

ひとつ前のOSの話になりますが、同じ方法で対処できました。
ユーザー辞書も復活して、再び安心してMacBookが使えるようになりました。
Snow Leopard時代と比べて表示できる文字の数も増えて、今までは文字化けして表示されなかった絵文字の類も正常に表示されるようになりました。
こんなところでも時代の流れを感じている一人です。(*´ω`*)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

新年度を迎えて


→pixivで見る

8日(金)、ほっとハウスに市の担当職員さんが来られて、利用者認定の面接調査を受けました。
一年ごとの更新なので、いわば恒例行事のひとつです。
ほっとハウスの職員さんも同席してくださいますし、就職活動のことを考えれば随分と気楽なものではありますが、今後の生活に直結する話だけに、緊張するなというのも無理な話です。

認定調査に使用するチェックシートは、身体・知的・精神の三障害共通のフォーマットなので、全部で80近い質問項目があります。
それを順番に埋めていくとなると、想像しただけでぐったりとなりそうになるのですが、僕が自分から日頃の状態を積極的(?)に喋っていると、その中から該当項目を拾い出してくださったので、一問一答式で確認されるということはありませんでした。

認定調査は一時間ほどで無事終了。
同席してくださった、ほっとハウスの職員さん曰く、
「日頃の困窮がしっかり伝わったので大丈夫」。
できることは全てやったので、あとは妙な心配をせずに、決定通知が届くのを静かに待つのみです。


     * * *


その、ほっとハウスですが、今年度から色々なことが変わります。
今年4月から3年間限定で自立訓練(生活訓練)事業を実施することになりました。
3年で区切る理由は、一人の利用者が利用できる限度が3年間だからです。

そもそも生活訓練とは、実家や病院などで暮らしていた人が、ひとり暮らしをできるようにするために支援するためのものであり、3年という数字には実は根拠がありません。
あくまでも「期限を決めて卒業させたい」という厚生労働省の思惑で決められた数字なのです。
実際のところ、3年が経過して生活訓練施設から出なくてはいけなくなった利用者さんが次の行き場所を求めて、ほっとハウスに見学に来られています。
それも施設単位で!
いかに制度が実情に合っていないのかを察してもらえれば幸いです。(>_<)

そんな事情で3年限定で始めた生活訓練ですが、仕事は増えても職員さんの数は増えません。
そもそも、支援制度の隙間からこぼれ落ちた人たちを支援してきたような施設なので、今までが無理をしていたのです。
苦肉の策として、開所時間を1時間縮めて、その1時間を増えた分の事務作業に割り当てることになりました。
なので、今まで午前9時から午後4時までだったものが、午後3時で終了となりました。

基本的に、昼食の時間帯をピークに午後は順次帰宅するという流れなので、夕方の1時間であれば利用者さんへの影響は少ないという見立てです。
午後4時まで居ることの多い利用者さんには、事前に承諾を得ています。
その救済策として、利用者さんが自分で後片付けをして帰るという約束で、「一室」を午後4時まで開放することにもなっています。


     * * *


その「一室」というのは、以前からお借りしている教会の会堂です。
喫茶コーナーの方は、午後3時までに片付けを終えることになっているので、こちらの問題はクリアしています。

昨年秋から始めた喫茶コーナーで一番大きな動きは、道具を置かせてもらえるようになったことです。
あくまでも教会の会堂なので、教会の集会の邪魔にならない場所と時間帯を守ることが大前提です。
今までは毎日道具を運んでは片付けていましたから、これで随分と楽になりました。

これで浮上して来たのがマイカップ問題。
今までは食器も毎日運び込んでいましたが、その必要もなくなります。
その代わり、食器を別個に管理しなくてはいけなくなります。
生活訓練との兼ね合いや、洗い場の確保の問題などもあり、色々な意見が出されましたが、昨年度の差益から紙コップ代を捻出できる見通しがついたので、提供価格は据え置きで紙コップに統一することで落ち着きました。

最初はコーヒー専業でスタートした喫茶コーナーでしたが、今は紅茶も提供しています。
紅茶だと、お湯だけ用意しておけば後は完全にセルフサービスなので、コーヒーが足りなくなった時の「スピードメニュー」としても、大変重宝しています。(*´ω`*)


     * * *

20160408_001a.jpg

本日のおまけ。
8日(金)の、ほっとハウスのお昼ごはんです。

パスタメニューは、強烈に支持する利用者群がいる一方で、栄養バランスが崩れがちの利用者さんが圧倒的に多いので、判断の分かれるところです。
野菜や魚を主体にしたメニューを続けたいところだけど、上記の通り職員さんが多忙気味なのもまた事実。
とある職員さん曰く「迎合と妥協の産物」とも。(;´∀`)

一人暮らしのひとにとっては、野菜や魚介類を手軽に組み込める便利メニューなので、むしろ生活訓練に組み込みたい献立というところでしょうか。
自宅では簡単であっても野菜などが加わる料理を自炊し、不足する栄養分をほっとハウスの昼食で補うという形に持って行ければ理想なのですが…。
この春からはじまる生活訓練でどこまでフォローできるのか、こっそり応援している一人です。(´・ノω・`)コッソリ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク