本日の手作りパン

20170131_001a.jpg

とうがらしハウス2階の奥の部屋
相変わらずの閑古鳥につき、今日もパンを焼いてみました。
前回、塩を入れ忘れてしまったので、今回ちゃんと塩を入れました。
あと、水の量も増やして100ccばかり加えてみました。

果たしてこれは一体、塩のせいなのか、水のせいなのか。
前回とほぼ同じレシピで作ったはずなのに、まるで別物のように膨らんでます。
果たしてこれは一体、塩のせいなのか、水のせいなのか。
大事なことなので二度言いました。

20170131_002a.jpg

膨らみ具合は文句なし。
むしろ、次回以降もこのレベルをキープできるかどうかが心配なぐらいです。

味の方は…ちょいと塩を入れすぎたみたいです。
1.5gを目安に目分量で加えたのですが…。
そもそも全体の量が少ないので、多少の違いがシビアに反映してしまうようです。
それでも前回の塩レスよりは、今回の方がダンゼン美味いです。

小麦粉もドライイーストもまだまだ残っています。
こうしてパン作りにハマっていく素人が、ここに約1名…。(*ノωノ)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

メスティンでパンを焼いてみた


→pixivで見る

稗田阿求「海の向こうの大陸の牛飼いたちは、毎朝焚き火でパンを焼いて食べている…って外来本に書いてあったって小鈴は言ってたけど、オーブンも使わずにパンなんて焼けるものなのかしら。もしかして、お餅のこと?」



     * * *



その昔、カウボーイたちは、焚き火の中にダッチオーブンを置いて、パンを焼いて食べていたそうです。
今でこそキャンピングカーとかフィールドキッチンとか野外炊具1号とか色々便利なものがある訳ですが、アウトドアクッキング120%の幌馬車時代の真っ最中に、そんな文明の利器の恩恵に与れるとも思えません。
水道もガスも電気もない場所で、小麦粉からパンをこしらえて焼いていた訳なのですから、実は特別な道具がなくとも簡単に作れるものなのかもしれません。

…なので、実際に挑戦してみました。

20170127_001a.jpg

ここは、とうがらしハウス2階の奥の部屋
今回は、オーブンの類は一切使わず、メスティンを使ってパンを焼いてみました。
メスティンとは、持ち手のついた小さな飯盒のような道具です。
安価かつコンパクトかつ軽量かつ万能。
ご飯も炊けて、食器としても使える、非常に頼もしいアウトドアの「相棒」です。

実はパン作り初挑戦。
もうビギナーなんて可愛いもんじゃありません。
なので、ごくごくシンプルなパンを作ります。
とりあえず食べられる代物が出来上がれば合格点…というラインで気軽に挑戦してみました。

20170127_002a.jpg

今回使ったドライイーストは、3gづつ小分けになっているタイプです。
手元にあったスティックシュガーも丁度3g包装。
同量使うので、非常に便利です。
ただ、今回は3gだと多すぎるので、それぞれ半量づつを、約80ccの「人肌のお湯」の中に投入しました。

20170127_006a.jpg

ダマが残らないように混ぜて、冷めないように気をつけながら放置(?)すること15分。
なんだか良い具合にシュワシュワ言ってます。
そして漂うイーストのかほり…。
なんだか一挙にパンに近づいてきたような気がします。

20170127_007a.jpg

強力粉を100g。
容積換算で約180ccなので、カップがあれば秤要らずです。
小麦粉を使った料理と言えば、どうしても秤がついて回るものなのですが、こんなに適当で良いのかしらん。

20170127_009a.jpg

もう後戻りはできません。
少しづづイースト湯を注ぎ込みながら、強力粉を捏ねていきます。
捏ね倒すことにだけは自信はあります。
なにせ、バタークッキーをこしらえるつもりが、捏ねくりすぎて「バターせんべい」にしちゃった黒歴史がある人ですから。(゜゜)☆\(ーー;バキッ

20170127_011a.jpg

案ずるより産むが易し?
なんだか良い具合に生地がまとまりました。

ここでいよいよメスティンの出番。
オリーブ油をメスティン内側に薄く塗っておきます。
もちろんバターの方が風味良く仕上がるのですが、今回は冷蔵庫が期待できない環境なので…。

20170127_012a.jpg

パン生地を二つに千切って、それぞれ丸めて、メスティンにインします。
蓋をして、40分ほど発酵させます。
ここでも人肌温度をキープ。
冬場のパン作りは、意外と気を使います。

20170127_015a.jpg

40分後。
寝かしつけてた本人が驚くほど、見事なまでに膨らんでます。
イースト菌、パネェです。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

20170127_016a.jpg

フィンガーチェック!!
指を突き刺して、元に戻らなければOKなんだそうです。

多分…。
戻らないので…。
これでOKなのかしらん。

20170127_018a.jpg

メスティンの蓋を閉めて、パンを焼いていきます。
この時、まともにコンロの上に乗せてしまうと、真っ黒な悲しい塊が出来上がってしまいます。
網焼き用のロースターを間にかまして、強火の遠火ならぬ「弱火の遠火」で焼いていきます。

火力は、あくまで弱火をキープ。
焦れば確実に黒焦げ確定です。
時間をかけて、じっくり焼き上げるのが勝敗のカギです。

もう一つ忘れてはいけないのが、一定時間ごとに上下を逆さまにすること。
いくら熱伝導の良いメスティンとは言え、一つの方向から加熱し続ければ、上は生焼け、下は黒焦げとなります。
5分ごとにメスティンの上下をひっくり返します。

20170127_022a.jpg

炊飯と違い、蒸気が逃げても問題ないので、何度でも蓋を外して中身を確認できるのは有り難いです。
結局、40分ほどかけて焼き上げました。
火加減のコツがつかめれば、もっと時間短縮ができるのだろうけど、それなら最初からオーブンで焼けば良い訳で、メスティンで焼くつもりなら、とにかく慌てないことが必須のようです。

20170127_023a.jpg

実はですね、今回、塩を入れ忘れたのです。
念のため、チョコレートホイップを別途用意していたのですが、結局出番なしでした。
思いの他ふっくらモチモチに仕上がっていて、それに感動するあまり味は二の次でして。(゜∀゜)☆\(−−; バキ

初めてにしては上手に焼けたと思います。(←自画自賛)
反省点や課題が見えてきたのが一番の収穫かも。
ゆくゆくは、ライ麦やグラハム粉を使ったパンにも挑戦してみたいです。

不肖かずやの闘いは、ようやく始まったばかりなのであります! (`・ω・′)キリッ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

新年のうごき


→pixivで見る

ミスティア・ローレライ
「静かな湖畔の森の陰から♪ 夜雀の歌う声がする♪
  いらっしゃいませ♪ 焼き八目鰻はいかがですか〜♪」




夜雀の屋台を発見した!
何をオーダーしますか?

→焼き八目鰻
→煮込み田楽
→伝説の雀酒

ちなみに我が家のおでんには鶏肉が入っています。
よく味の染みた玉子と一緒にご飯に載せて食べると、
普通の親子丼とはまた違った味わいで、ウマいです。



     * * *



20170108_001a.jpg

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

教会の庭先に出現した真新しいコンテナ。
今週から教会の会堂が改築工事に入るため、工事の間パイプオルガンを退避させるための仮設倉庫です。
少しの衝撃で壊れてしまうような代物だけに、移動距離に比例してリスクもコストも跳ね上がるので、安全かつ低コストな方法を選んだら、こうなりました

JRコンテナとも海上コンテナとも違います。
緊締装置がないので輸送用でないことがわかります。
フォークリフトで運ぶためのスリットはあるので、多少の移動は可能なようです。

業者さんが来て10分で設置して帰ったそうです。
道路とは高低差があり、斜面には電動車いすがギリギリ登れる程度のスロープがあるのみ。
クレーン車を使って運び込んだそうですが、わずか10分とはまさにこれぞプロの技というやつですね。(`・ω・′)



     * * *



20161228_001a.jpg

ほっとハウスの中にこっそり立ち上げた自称当事者活動スペース「河繰厨」。
年末の大掃除の時に、本棚を置く話から始まって、大規模な模様替えと相成りました。

文句や反対を唱えるのは簡単ですが、決して建設的な話にはなりません。
かと言って「長いものには巻かれとけ」では、僕たちマイノリティは決して幸せにはなれません。
強引な変革は後に続かないし、必ず反動が来るものです。
草の根のごとく、地の中に根を伸ばしていくことが肝要です。

僕たちがしないといけないことは二つ。
まずは、自分の考えや思いを心の中に仕舞い込まず、言語化すること。
そして、無理のない範囲の中で、自分にできることを実行してみることです。
仲間だとか成果だとかは、年単位の時間を経てようやく得ることができるものです。

本棚を置きたいと思ったのは、現在のほっとハウスに対する「提案と試み」です。
押し合いへし合い食事をしている利用者の現状を考えれば、供食スペースを改善するという試みは間違っていないと思います。
ところが食事対応に特化した結果、必要最低限の備品の他はすべて撤去されてしまい、食事以外の活動には完全に不向きな空間になってしまいました。
食事と喫煙のスペースこそ確保されていますが、それ以外は何もなくなりました。

何もしたくない人が相手なのだから、何も用意する必要はないという発想はあまりにも短絡的です。
食事以外の時間、一体何をして過ごせば良いというのでしょうか。
人間、暇を持て余すとロクなことをしないと申します。
妄想を膨らませて攻撃的になる人も居れば、暇つぶしに他人をからかって遊ぶ人も出てきましょう。

これらのことを指摘するのは簡単です。
職員さんだってとうに気づいています。
ではどうすれば解決できるのか。
そこで皆迷っているのです。
非難や中傷は憎しみ以外の何も産みません。
必要なのは、解決に向けて具体的に取り組む動きです。

そこで本棚を置いて自由に本を読める場所を「復活」させてみました。
少しでも時間を有意義に過ごせるようにという試みです。
もともと方向性としては間違っていないので、職員さんの賛同を得ることもできました。
自腹を切るつもりだった本棚も、備品として購入してもらうことができました。

しかも大掃除のついでにとばかり、模様替えすることになりました。
他に置き場所が無くて鎮座していたマッサージチェアが隣室へ移動し、
その代わりに隣室にあったソファーや座椅子が移動してきました。
物置代わりになっていた部屋が一挙にサロンルームに昇格した瞬間です。

KYOKAI喫茶を店じまいし、河繰厨として再スタートして約半年。
本当にありがたい話であります。( ;∀;) ウルル…



     * * *


20170101_3.jpg

今回のおまけ画像。
今年の年賀状はこんな感じになりました。(´・ノω・`)コッソリ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

あけましておめでとうございます


→pixivで見る

ミスティア・ローレライ「新しい年、はっじまっるよ〜♪♪」



あけましておめでとうございます。
いよいよ本格的な寒さが到来する季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
日々の暮らしの中から小さな喜びを見つけ出せる人は本当に幸いだと思います。
僕自身、たくさんの人に様々な形で支えて頂いていることを深く感謝しています。
相変わらずの低速モードではありますが、今年も何卒よろしくお願いいたします。
新しく始まる一年の皆様のご多幸をお祈りしています。

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク