大人の発達障害

20100912_1.jpg

すっかり忘れていましたけど、もう穣子さんの季節なのですね。
エアコン30℃に設定しててもグォングォン運転しっぱなしなので、あまり実感がありませんが。。。
今年も10月の中ぐらいまで暑い日が続いたと思ったら、11月になるといきなり寒くなるパターン?
今年は春らしい春がなかったような気がするし、こうなると秋の方も。。。

20100911_001.jpg

「大人の発達障害―アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本」
著者:備瀬哲弘 / 出版社:マキノ出版 (→Amazonへ)

とても読みやすい文章で書かれているので、1時間程で読み切ることができました。
この本の特徴は、具体的な事例を挙げて、発達障害はまだ治療法が確立していないながらも、軽度の発達障害であれば、周囲の人の配慮により安定した生活や就労ができるということを、たとえ話を交えながら丁寧に説明していることです。

この本では、発達障害を持つ人の心境を、
「言葉も常識もまるで分からない外国の街に一人で放り出されたようなもの」
と表現しています。
そして、
「社会とは多数派にとって都合が良いように構築されていくので、少数派は不利な立場に立たされることが多い。」
とも書かれています。
まったくその通りだと思います。

「こんなの常識だろ? なんで分からないんだ?」
「誰もそんなつもりでは言っていない。君が勝手にそう思い込んでいるだけだ。」
「君と話をしていると、こっちまで気が狂うよ。」
「誰だってやってるんだ。君が出来ないのは怠けているからだ。」
「何が不服なのか説明してもらわないと分からない。周囲が受け入れるかどうかは別だけどね。」
こんな言葉に何度傷つけられた来たことか。
そして、今も確実に追いつめられています。

病院は、まだ動いてくれません。
放っておいても大丈夫とタカをくくられているのです。
僕はいつまで絶え続けねばならないのでしょうか。
発狂したら、助けてもらえるのですか?

ダレカ… タスケテクダサイ…

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク