君子危うきに近寄らず?



秋分も過ぎて、日没時刻もすっかり早くなりました。
夕方6時を過ぎれば、もう真っ暗です。

十条油小路のコミュニティ・サロンからの帰り道、バイクで国道1号線を快調に南下して、久御山町内最後の交差点…田井交差点を越えようとした丁度その時です。
僕は前を走るワンボックス車の後ろをついて走っていたのですが、交差点の青信号を確認してそのまま走り抜けようとしたら、なんとまあ交差点の角地にあるガソリンスタンドから自動車が割り込んで来たのです。
こちらは60km/h(←道路、車両ともに法定速度内)で走行中、相手は直角方向から割り込んできたのですから、このままでは衝突間違いなしです。
警笛を鳴らす間もなく、慌てて急ブレーキをかけましたよ。
なんとか衝突は回避できたものの、相手の自動車は知ってか知らずか何食わぬ顔で加速して逃げていきました。

さて、僕はワンボックス車の10メートルばかり後をついて走っていた訳ですから、普通ならここで直角方向から割り込んで来るなんて有り得ないです。
考えられるとしたら、ワンボックス車の陰になってバイクの存在に気付かなかったとか。
ちなみにその車、何食わぬ顔で加速した後、第二車線の隙間を見つけるとそそくさと車線変更し、今度は前を走る軽自動車の真後ろにぴったりくっついて、まさに煽るようにして走り去っていきました。
余程慌てていたのか、頭が賢くないヒトが運転していたのか。。。
いずれにしても、いくら相手が全面的に悪かろうとも、怪我して痛い思いをするのはこちらですから、とことん警戒して回避していくしか方法はないです。
君子危うきに近寄らず。

それにしても、ああいう危険運転こそ、徹底的に取り締まってもらえないものなのでしょうか。
スピード違反や駐車違反みたく、客観的な証拠が得にくいからなのでしょうけどね。。。(;´ω`)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク