とうがらし通信より



いつもお世話になっている共同作業所で年2回発行している「とうがらし通信」に寄稿した文章です。
とりとめもなく書いた拙い文章でありますが、もし時間と興味と精神的余裕がありましたら、どうぞご笑覧ください。
コメントは不要です。(´・ω・`)

    * * *

「障害者は嘘つきなのか」

 今年9月、5年間お世話になった会社を退職しました。そもそもは鬱の悪化による休職だったのですが、診断書を添えて休職を願い出たところ、本人から休職を申し出たということで自己都合として扱われ、結果的に「自己都合による退職」を迫られる形となり、どうにか「病気理由による退職」を認めてもらうために辛抱を続けた1年間でした。8月になって「休職期間満了による自然退職の成立」という提示を頂いたので、これが妥協できるギリギリのラインだと感じ、提示を受け入れ自然退職が成立した次第です。まずは一区切りつき、ようやく養生に専念できる運びとなりました。
 この会社には、ハローワークの一般雇用で応募したのですが、前の会社をやはり鬱で退職していることから、隠すことは自分にとって利益にはならないと感じ、面接の時に正直に鬱病持ちであることを話しています。そして「病気であっても特別扱いしない」という条件で採用されることになりました。こちらも一般雇用で応募していますからその覚悟はありましたし、また、会社側での配慮やサポートが皆無だったとも思いません。
だからこそ5年近く無遅刻無欠勤で仕事を続けることができたのだと思います。なので、今さら恨み言を重ねるつもりはありませんし、5年間お世話になったことを素直に感謝したいと思います。
 今回のやりとりの中で、引っかかった言葉があります。
「障害者だったなんて知らなかった。騙された。」
 面接の時に病気のことを正直に話しているのですから、最初はどうしてこんなことを言われるのだろうと思っていたのですが、言われてみれば確かに自分で自分のことをはっきり障害者だとは言っていませんから、考えてみれば当然の反応とも言えます。そもそも当時は自分自身でも障害者であるという認識はありませんでしたから。
「障害者は嘘つきや。」
 むしろ、この言葉の方がショックでした。だって、こちらは嘘をついているつもりも騙しているつもりも一切なかったのですから。ただ懸命に働いて、少しでも期待に応えようとした結果、ストレスがオーバーフローして仕事が続けられなくなっただけなのですから。
 このことを、ある人に話しますと、このように言われました。
「それは仕方ない。『結果的に』嘘つきになってしまうのは、障害者にはよくある話。」
 本人は障害を克服するつもりで懸命に頑張っていても、障害がある以上、どうしても健常者のようにはいかない部分が出てきます。それが会社としては「最初聞いていたのと話が違うじゃないか」ということになるのです。こちら側に騙そうという意思が全然なくても結果的にそうなってしまうのだから、そう言われるのは仕方ないというのです。正直、愕然としました。障害者が働こうとする時は、嘘つき呼ばわりされることを覚悟しろと言うのですから。
 その後しばらくは、その言葉が引っかかって悶々としていたのですが、時間をかけて冷静になって考えてみましたら、その人は別に障害者のことを悪く言っている訳ではなくて、むしろ今の社会の在り方を痛烈に批判していただけなのだと気付きました。健常者はあくまでも健常者の物差しで判断するのだから、障害者もまた健常者の物差しで評価されてしまうのだということを。さらには障害者というだけで評価の対象にすらしていないという健常者までいるということを。なので、障害者は健常者の「ふり」をせねばなりません。健常者とて失業するご時世、無理して障害者を雇わなくても労働力は確保できます。そんな中を勝ち残ろうと思えば、障害者は障害を隠すしかない訳です。それでどうにか耐えられれば良いのですが、耐えきれずに告白すると今度は嘘つき呼ばわりされるのですから、これほど悲しいことはありません。
 では、ここで障害者の物差しを持ち出せば良いのでしょうか。答えはノーです。そもそも障害者をひとくくりで考えること自体が間違いなのですから。個々の人が持つ長所を見つけ出し、十分に活かすための仕組みに物差しは不要です。一人ひとりが違う個性を持って生きている人間なのですから、価値観や正義は一人ひとり違って当たり前なのです。「健常者」「障害者」という二極で考えるのではなく、お互いが個々の相手の立場を少しでも理解しようと努力し、少しずつ溝を埋めて行く作業を続けるしかないのだと思います。途方もなく地道な作業ですが、この積み重ねがなくして障害者をはじめとする社会的弱者、しいてはこの社会に未来はないと考えます。
 本人の能力と関係なく一律に利用料の1割負担を求める障害者自立支援法の在り方が問題となり、原則自己負担なしの障害者総合福祉法の制定が提言されています。障害者にとっては喜ばしい話なのですが、結果的に別の誰かが負担を強いられる訳ですから当然反対の動きもある訳で、制定には困難な道のりが予想されます。今こそ障害者が当事者として声をあげるのはもちろんのことですが、ただ障害者としての権利を要求するばかりでは、溝はますます深まるばかりだと思われます。まずは相手の立場を知ること。そしてお互いに理解しようと努力すること。そういう関係を数多く結べるようになれば、今の社会はきっと良い方向へ変わっていくのだと信じています。

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク