はぴねす

20120424_1.jpg
→pixivで見る

多々良小傘「そこの人、ちょいと驚いていかない? うらめしや~♪」

「東方神霊廟」にて命蓮寺の墓地という素敵な職場(?)を見つけた小傘ちゃん。
相変わらず巫女さんとかにボコいかれたりしているけど、ご当人はケロリとしたもの。
構ってもらえることこそが彼女にとっての最高のご褒美です。
さでずむ? いえ、まぞひすとです。
という訳で、勝手に転職の神さまに祭り上げ…うわなにこらやめて(ry


   * * *


午前中、ほっとハウス(いつもお世話になっている宇治市小倉の共同作業所…改め、地域活動センター)に寄ってから、午後より宇治市大久保にある障害者就労支援センター「はぴねす」に行ってまいりました。

準にゃんが出迎えてくれたりとかいうイベントは存在しません。
こんな可愛い娘が女の子のはずが(ry
同じことを連想された方は、正直にご申告願い…(゜∀゜)☆\(--; バキ

冗談はさておき、今回は発達障害者支援センター「はばたき」との連携の一環で、顔合わせと簡単な説明を受けてまいりました。
障害者就労支援センターとは、就労に向けての方向性を話し合い、必要に応じて訓練や実習を受けながら、最終的にはハローワークを通じて就職先を見つけ、就職後も継続して就労ができるようにサポートしてくださるというところです。
とりあえず、次回は一緒にハローワークへ赴き、発達障害者支援センター・障害者就労支援センター・ハローワークの三者連携体制を構築する予定となっています。

このように書くと、あたかも手取り足取りのベッタリ援助というイメージが湧いてきそうですが、基本的には後方での相談活動がメインで、可能な限り一人で活動できるように「訓練」するねらいもある模様です。
それでも、仮に一人で活動することになったとしても、常にバックに相談できる相手が控えてくれている訳であり、一般就職で完全ソロ活動していた時のことを考えると、はるかに心強いものであります。

今度の金曜日が京大病院の受診日なので、就職活動再開のために必要な書類を依頼し、一通り揃ったところで今後の日程を決めていく段取りとなっています。
焦るとロクな結果を招かないことは散々経験してきましたので、峠越えの蒸気機関車よろしく丁寧に砂を撒きながら、しっかりと踏みしめて一歩ずつ前へ進んでいきたいと思います。(`・ω・′)ゞ スチャッ


   * * *

20120424_001a.jpg

おまけ。
本日、ほっとハウスにて配食されたお昼ごはんです。
ご厚意で頂いたタケノコをふんだんに使った春の膳。
タケノコの天ぷら、タケノコご飯、まさに春の味覚です。(*´Д`*)ポッ

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク