色々と冷え込んでます


→pixivで見る

「子どもは風の子」なんて申しますが、かく言う僕自身も、小学生の頃は半袖半ズボンで冬を越した経験があります。
常夏の地に暮らしていたとか、着る服がなかったとか、そんなんじゃなくて、普通に平気だったというか。
今、同じことをしたら、一日で寝込む自信があります。(;´∀`)

人間にとっても厳しい季節ですが、バイクにとっても厳しい季節です。
家にガレージがないので、カバーをかけているとは言え、屋外で夜明かしすることに変わりはありません。
数日も乗っていないと、オイルが全部落ちてしまっている上にエンジンが冷えきっているので、エンジンを始動させる時が一番ハラハラドキドキの瞬間です。
キックスタータが付いていない機種なので、バッテリーが力尽きたら、家の前の坂道を使って押しがけせねばなりません。
もちろん帰宅後はバッテリーの充電作業という素敵な宿題付きです。

エンジンがかかったからと言って油断はなりません。
今度は電気系統のチェックです。
電球が切れることは滅多になく、電気接点の動作が一番の不安材料。
ウインカーのスイッチが冬場になると固まってしまうのです。
ショップに持ち込んでみたところ、KURE 5-56を差してやるだけで劇的に改善することが分かり、冬場は何度かお世話になってます。

最近、これにハイビームの切り替えスイッチが加わりました...orz
常点灯なので切り替えだけが目的で、ハイビームには難なく切り替わるので、すぐに危険に直結するということはないのですが、最近ロービームに戻らなくなってしまうことがあり、先行車や対向車の皆さまにご迷惑をおかけしています。
KURE 5-56を差しても目立った改善は見られず、押し込み式スイッチの内部で何かが引っかかるか何かしている模様です。
あと900kmばかりでオイル交換なので、その時にショップで相談してみようかとも思うのですが、先日もオイルシールで諭吉さんがデュエットで消えていったところですし、どうにも悩ましいところであります。(´;ω;`)

     * * *

バイクの耐寒性と比べれば、人間の方がまだマシ?
そんな風に自分を言い聞かせて、今日10日(木)も伏見のハロワまでバイクで往復してまいりました。
ほっとハウスよりは遠いですが、サロンよりは近く、もちろん京大病院と比べれば半分ほどの距離でしかありません。
気合いで性能を引き上げられるのも人間の特性なのか。
今回も白いものがチラチラ舞っておりましたが、どうにかなるもんです。

でも、機械だって酷使すれば壊れます。
人間もまた然り。
毎日ドーピングしてみても決して長続きしない訳で、焦りは禁物と自分を御しながら、求人票を閲覧してます。
昨年、はぴねすで色々とお世話になった経験が活きて来て、求人票を読み解く力も身に付いてきた模様です。

ところで今日は一般雇用の求人票端末から、八幡市内と枚方市内の求人に絞って閲覧していたのですが、なぜか1件だけ羽曳野市内の求人が混ざっておりました。
読み違いかなと思って読み直してみるも、通勤経路に近鉄南大阪線の古市駅からと記載がありますし、これは「テルマエ・ロマエ」よろしく、どこかにワープスポットが隠されているのかとワクワクしてみたりw Σ(゚Д゚;)☆\(--; バキ

種明かしをすれば、本社の所在地が枚方市で、データベースに登録する際に関連付けをミスった模様です。
いくら優秀な検索システムを用意しても、人為的なミスは完全に防ぎようがありません。
完璧に近づける工夫はいくつかありますが、果たしてそこまで完璧さを要求する必要があるのでしょうか。
完璧を求めることでストレスを溜めていくぐらいなら、些細なミスなら笑って済ませられるぐらいの方がずっと健全だと思うのです。

固いものほど簡単に折れると申します。
品質や規則に縛られるがあまり、柔軟な発想や対応が疎かになり、やがては重大なミスやトラブルに発展していくことの方がはるかに恐ろしいです。

柳の木とまでは申しません。
油粘土ぐらいには柔らかく粘っこく長持ちするような人生を歩みたいものであります。

     * * *

パソコンと言えば、暑さに弱い機器の代名詞でありますが、もしかすると寒さにも弱いのかもしれません。
昨日9日(水)サロンにて、電源を入れても起動しなくなったというノートパソコンを預かりました。
BIOSすら立ち上がらず、HDDが動いている気配もないと言いますので、電源ユニットの不具合を疑ったのですが、取りあえずメインスイッチを押してみましたら、何の問題もなくWindowsが立ち上がりました。

不具合が再現しないことには、手の打ちようがありません。
持ち主さんが戻ってきたところで、ご本人にも操作してもらいましたが、やはり問題なく動きます。
さてさて、一体これはどういうことなのでしょうか。

話を伺うと、そのパソコンが置いてある部屋はとても寒いのだとか。
暖房の利いているサロンでは問題なく動いているので、もしや寒さのせい?
いくらなんでも、その程度の寒さで挙動不審になるとも思えないし…。
でも他に心当たりもなく、とりあえず部屋を暖めてからパソコンを使おうという方向で話が落ち着きました。

いや本当、あれはなんだったのでしょうね。
あれから一日原因を考えていたのですが、ふと気になることを思い出しました。
問題がないと分かったので、シャットダウンの操作をしてからカバンに直したのですが、その時、終了動作が完全に終わってしまう前からディスプレイ部をパタンと閉めていたような…。

もしや、無意識にフタをしてHDDスリープを作動させてしまっていたとか?
そして、何らかの理由でHDDスリープを解除できなくなっていたとか??

謎は深まるばかりです。(´・ω・`)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク