幸運を招く白兎


→pixivで見る

因幡てゐ「私の年齢? あんたも酔狂だねぇ。世の中、知らない方が幸せなことは沢山あるんだよ?」

カップ式自販機は、夜になるとGの天国。
赤十字に集まった募金は「必要経費」を差し引いた額が支援に回る。
日本の国会議員の「給料」は、アメリカの約1.5倍、イギリスやドイツの約2倍。

そして因幡の白兎は、神話のご当人であれば推定1,800,000歳ぐらいだそうで。
かつて京都駅の山陰ホームから出ていた急行「白兎」は、特急「あさしお」への格上げ統合で廃止になって久しいですが、今は智頭急行経由の特急「スーパーはくと」として、京阪神地区と鳥取県東部を結ぶ速達列車として大いに活躍しております。

サロンにてハガネさんと因幡てゐを描きっこすることになりました。
まぁ、僕から誘ったのですけどね。(。-∀-) ニヒ♪

無茶ぶりしたかなと思っていたのですが、快く描いてくださいました。
感謝です。m(__)m
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=32833925

集団行動は苦手なのですけど、ひとりぼっちが好きな訳ではありません。
目立つのは嫌いですけど、自己顕示欲は結構強い方です。
なので、共同作品を作るのは苦手だけど、他の人と作品の見せ合いっこするのは楽しみの一つです。
むしろ、他の人の絵を見るのが大好き。
家に居ながらにして、ディスプレイ越しながらも色々な絵を見て回れるとは、実に良い時代になったものです。

でも、やはり身近に共通の趣味が居てくれることほど心強いことはありません。
まさに幸運。○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

もしや、幸運を招く白兎をせっせと描いていたおかげ?? ( ゚Д゚)

     * * *

42歳は、男子の厄年のひとつとされております。
ただし、これは数え年でカウントせねばなりません。
普段、満年齢で暮らしているので、いきなり数え年で言われてもピンと来ないものです。

そろそろ厄年だなぁ…とか、ぼんやり意識はしていたのですが、そもそもキリスト教に厄年という概念は存在しませんから、ほったらかしにしておりました。
それで、先日たまたま厄年の話が出ましたので、あらためて数え年で計算してみたところ、今年は「43歳」であることが判明しました。
はい、本厄、完全にスルーしてました。( ̄∀ ̄*)イヒッ

クリスチャン的には全然OKなんですけど、だからと言って安心という訳でもありません。
そもそも厄年とは、ただの迷信ではなく、身体の急激な変化が起きる時期なので、いつも以上に病気や事故に気をつけなさいという先人の知恵でもあります。
なので、ここで前厄の2011年と本厄の2012年の日々の生活を振り返ってみます。

…見事に仕事してないですね。(;´∀`)
2010年7月に職場でキーボードクラッシャーして、8月に京大病院にて「広汎性発達障害」の判定を頂き、9月から休職に入りました。
その後は障害者手帳と自立支援医療の申請から始まり、障害者年金の給付が決まり、ようやく就職活動が再開できるまでになり、現在に至ります。
結構ドラマチックな日々でありましたが、やはり休養メインだったことに間違いはありません。
この休養のおかげで、本厄を無事に抜けられたのかもしれません。

厄除けこそ行ってないのですが、毎週せっせと教会に通っていたので、もしかすると、そのおかげとか??


→pixivで見る

鍵山雛「うふふ…♪」

もしや、厄神さまをせっせと描いていたおかげ!? (((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

今年は後厄に当たるので、まだまだ油断なりません。
用心するに越したことはないという方向で。(´・ω・`)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク