甜茶の季節



最近、絵を描く枚数が減っています。
平穏な毎日が続くことで、インスピレーションと申しますか、絵に描き出したいことと申しますか、そういうものが不足しているようです。
いやいや、平穏なのが何よりなので、これは随分と贅沢な悩みなのではありますが。

それより、絵を描くことの「しんどさ」みたいなものが大きくなっているみたいな。
単純に言えば、描ききる…正確に言えば、満足がいくまで描き消しを繰り返す時間が随分と伸びてきているのです。
以前ならば、途中で用事が入って中断することはあっても、のべ2日もあれば十分でした。
それが最近では、2週間近くも延々とゴリゴリと描き消しを繰り返していることも珍しくありません。
なので、余計に描き出すまでの腰が重たくなり、いよいよ枚数が減っていくという状況です。

これも単純に悪いことではなく、以前にも増して「こだわり」が強くなってきていることの表れだと思います。
一本の線を引くにも、一つの色を乗せるにも、納得がいくまで試行錯誤を繰り返すようになったと言うべきか。
まあ、それでも本当に満足ができた試しは皆無なのですけどね(笑)

せいぜい日記の更新頻度が落ちるぐらいのことなので、こういう時期があるのもアリかなと思っています。
便りがないのは良い便りとも申しますし。(。-∀-) ニヒ♪

     * * *

月替わりの頃から花粉症の症状が出始めて、今年もいよいよヤバいかなと危惧していたのですが、最近はむしろ楽になってきました。
1月から飲み始めていた甜茶が効いてきたのか、実はただの風邪だったのか。
基本的に春は好きな季節なのですけど、花粉症がねぇ…。
温かい日々に憧れつつも、スギやヒノキの花粉の到来はノーサンキューな典型的花粉症患者のひとりです。(´・ω・`)

精神科でお願いすれば、花粉症の薬も追加で処方してもらえるのだけど、できればこれ以上薬を増やしたくないので。
費用的な意味ではなくて、肝臓的な意味で。
肝臓やられて急死した人を何人も見て来たので、とても他人事とは思えなくてね。(つд`)

毎日の甜茶とマスク装着で、今年も花粉症シーズンを全力で乗り切る所存であります。(`・ω・′)ゞ スチャッ

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク