イースター2013



29日(金)の朝、マイマシーンの走行距離が31,000kmを超えました。
場所は、久御山町を南北に縦貫する第二京阪道路の側道。
あと700mで京都市内。
と言っても、周囲は田んぼが広がるばかりで、境界を感じさせるようなものは皆無。
道路標識だけが、その境界の存在を知らせt…八雲紫「呼んだ?」…滅相もありません。(;´Д`)

20130329_001a.jpg

3,000kmごとのオイル交換を指定されている機種なので、今日の教会の帰りに行きつけのバイクショップでオイルを交換してもらいました。
計算が合わない?
初回のみ1,000km点検と同時にオイル交換をしましたので。

中学の技術の授業の時に聞いたように記憶しているのですが、自動車等で1,000km点検を行うのはメーカー側の都合なのだそうです。
部品というものは新しければ良いというものでもなく、ある程度使い込むことで馴染んでいくものです。
エンジンのような精密な機械だからこそ、部品同士が馴染むまでに時間がかかり、お互いに角がとれて丸くなる頃合いが丁度1,000kmぐらいなのだとか。
その時点で再調整してオイルを交換しておくと、エンジン的にベストな状態にできるのだそうです。

あとは、初期不良の洗い出しとか。
リコールを未然に防ぐために、こっそり改良部品に交換することもあるそうで。
まあ、ユーザーとしては心地よく乗れるのが一番です。(*´ω`*)

   * * *

20130331_001a.jpg

一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。
「取りなさい。これはわたしの体である。」
また、杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。
彼らは皆その杯から飲んだ。
「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。はっきり言っておく。神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい。」
(マルコによる福音書14:22-25/新共同訳)


「最後の晩餐」という言葉を耳にされた方は多いと思います。
これはその中での出来事を語った箇所で、キリスト教会での聖餐式の由来ともなっています。
パンとぶどう酒を使う教会が多いですが、うちの教会ではぶどう酒の代わりにグレープジュースを使っています。
以前はうちの教会でもぶどう酒を使っていたのですが、アルコール依存症の方や未成年者等への配慮もあって、グレープジュースに変更されました。

聖餐式の「杯」を用意するのが、僕の役割です。
もともとこういう作業は得意ですし、対人関係で困ることもないので、僕としても実にありがたい役目です。

20130331_002a.jpg

春分の日を過ぎて最初の満月から数えて最初の金曜日が「受難日」とされます。
弟子たちとパンと杯を共にした後、イエスは十字架刑に処されます。
その日から数えて3日目…つまりは次の日曜日。
イエスの遺体を収めていたはずの墓が、空っぽになっているのが発見されます。
この日が復活日…「イースター」とされています。
そして今年のイースターは3月31日、つまり今日ということになります。

20130331_003a.jpg

イースター礼拝の後、愛餐会を持ちました。
昼食にちらし寿司と桜餅を頂きました。

クリスマスと並ぶ重要な祝日だけに、出席者もいつもより多め。
対人恐怖の傾向が強い僕は、部屋の隅に離れて食事を頂きました。
以前なら輪の中に入るように強く言われたものですが、僕の障害について理解してくださるようになってからは、自然と受け入れてくださるようになりました。
しかも今日は、同じ部屋で食事をするよう頑張ったことを褒めて頂きました。

こんな風に自分を受け入れてくれる場所を与えられていることに感謝です。
あたたかく見守ってくださる教会の皆様と、この場へ導いてくださった方々に感謝です。

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク