バザーを終えて


→pixivで見る

多すぎる情報は人を迷わせると申します。
人間が一度に処理できる情報量はたかが知れていますから、たちまちオーバーフローを起こします。
多角的な分析よりも取捨選択が優先されるようになり、結果として自分にとって都合のよい情報だけを集めて満足するようになります。
そこには他者に対する思いやりはありません。
その一つの結果が、今問題となっているヘイトスピーチなのでしょう。

僕自身、決してコミュニケーションが上手な訳ではありません。
かと言って、自分の部屋の中に閉じこもって安穏とできるような身分でもありません。
不器用なりに頑張って、社会の中を懸命に生きている訳です。
ところが、心ない人はその頑張りを平気で踏みにじります。
悪意の有無は関係ありません。
自分勝手な理屈は、相手にとっては苦痛でしかないのですから。

予防策として注意書きを考えるも、書いては消すの繰り返し。
結局のところ、注意書きというものは読んでほしい相手に限って読まないものです。
悪意のある人は無視しますし、無頓着な人は最初から読もうともしません。
虫を捕らえられない殺虫剤なら、最初から撒かない方がマシです。
虫除けのハーブのようなものを植えられたら良いのでしょうけど、そういう妙案はなかなか思いつかないものです。

     * * *

20130609_002a.jpg

9日(日)教会にて、東日本大震災の被災地支援バザーがありました。
以下、個人的観点に基づく個人的まとめ。

今回のバザーに参加するにあたって、教会の方々と何度か話をしました。
発達障害があるため、臨機応変な対応を苦手とすること。
なので、バザーのような非日常的な環境が非常に辛いこと。
一方で、明確な役割や範囲を与えられた方が自発的に動きやすいこと。
与えられた職務は責任もって全うすることは、これまでの20年間の教会での働きで実証済みです。

教会の方でも新たな人手を必要としていました。
食堂・喫茶コーナーでは食券方式を採用していましたが、動線的な問題もあり食券は廃止することになりました。
食事提供に携わる人が現金を触ることは、衛生上好ましくありません。
そこで、現金を扱う人を専属で配置する必要が生じました。
ギリギリの人数で回していますから、食堂・喫茶コーナーから人間ひとりを捻出する余裕はありません。

幸運とはこういうことを言うのでしょう。
会計係という重要任務を拝命することと相成りました。
バザーの規模からして、行列ができるほど混雑することもありません。
商品が限られていますから、計算で困ることもありません。
調理係が接客係を兼ねているので、いつでも助けを求められます。
一人で切り盛りできる代わり、正確さと責任感を必要とするポジションでもあります。

結果から申せば、どうにか職務を全うすることができました。
不器用なりに誠意をもって対応したのは当然のこと。
教会の中という、ある意味守られた空間であったことも幸いしたように思います。
スマートさを要求されれば、たちまちペチャンコです。
実際、それでペチャンコになることの繰り返しでした。
だから、今すぐレジ係として働けるという類いの話ではありません。
今後、どういう働き方なら続けることが可能なのか…という判断材料の一つを得られたという意味合いが強いです。
机上の話ではなく実際の成果なので、とても貴重な判断材料だと思います。

長髪と無精髭で心理的な壁を作ればいい…なんて言う人が居ますが、とてもじゃないけど笑えぬ冗談です。
「これだけ働けるのだから大丈夫」みたいな無責任な褒め言葉や、「考えすぎ」や「気にしすぎ」等の安易に苦しみを否定するような言葉も受け入れがたいものがあります。
就職しては退職に追い込まれるの繰り返しだった人間に対して、まさに傷口に塩を塗り込めるような言葉なのです。
ここまではっきり書いても、考えなしに言葉を投げてくる人は相変わらずです。

悪意の有無は関係ありません。
ほんの少しの想像力をお互いに働かせることができるのなら、もっと暮らしよい世の中になるだろうにと思います。
もちろん、自分自身に対しての自戒も込めて。

     * * *

20130609_001a.jpg

おまけ。
今回の支援バザーで提供された夏野菜チキンカレー(300円)です。
東日本大震災の被災地でもある福島県いわき市から取り寄せた食材を中心に調理、提供したものです。
大好評(?)につき、ほぼ完売でした。
ごちそうさまでした♪ ヾ(*´∀`*)ノ

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク