その後の経過


→pixivで見る

メディスン・メランコリー「もう要らないからって捨てちゃうの? じゃあ、捨てられた私たちはどうなるの?」

     * * *

こどものきょうかいの夏キャンプにおける「てるてる坊主50個」の効果は、それなりにあった模様です。
一日目の夕方までは晴天に恵まれたようで、川遊びは存分にできた模様です。
日が暮れる頃から雨が降り始め、キャンプファイヤー以降のスケジュールは全部変更になってしまったそうですが、保険のつもりで押さえておいた体育館のおかげで二日目の遊び場も無事確保でき、キャンプそのものは無事に終えることができたとのことです。
マイクロバスで教会に帰り着いた時には、おとなも子どももグッタリしていたそうですが、車中で居眠りしていたところを起きてきたので、寝ぼけていただけだろうという話です。
昼も夜も遊びすぎて睡眠不足というのは、まぁ、いつもの話です。
誰しも心当たりありますよね。((*ノ∀`))クスクス
とりあえずは、無事に夏のキャンプが終わったことに感謝します。(ー人ー)

     * * *

以下、個人的なひとりごと。
ここのところ情緒不安定気味なようで、ちょっとしたことでイライラするようです。
もしくは、ちょっとしたことの積み重ねで情緒不安定になっているのか。

この世の中に居る人間は、大まかに3種類に分類できるようです。
【A】周囲に迷惑をかけぬように、気を使って生きている人。
【B】周囲に迷惑をかけたことを注意されるたびに、次から気をつけようと努力する人。
【C】周囲に迷惑をかけようが注意されようがおかまいなしの人。

例えば、車の中で煙草を吸う人が居ますよね。
同乗者に気遣いながら携帯灰皿持参で後始末も完璧な人が【A】なら、灰皿満タン放置や車内を灰だらけにして叱られるのが【B】、汚れひとつない車内から火がついたままの吸い殻を投げ捨てる人が【C】というところでしょうか。
バイクに乗ってる時に、こういう車がそばに居ると最悪です。
吸いたくもない煙草の煙を吸わされ続けた後、とどめとばかり吸い殻を投げつけられるのですから。

僕は一応【A】に相当すると思われるのですが、根っからという訳でもなく、本性は【C】に近いのかもしれません。
子どもの頃は、さんざん周囲に迷惑をかけたクチです。
高校に進む頃になると、流石にこのままではいけないと本気で考えるようになり、どうにか【A】になろうと努力した結果、日常的に迷惑をかけることこそは激減しましたが、所詮はメッキなのでたまに剥がれます。
最近は圧力容器に近いものがあり、メッキが剥がれることがなくなった代わり、今度は大爆発を起こすようになりました。
爆発と言ってもエネルギーは内側に向かうので、ニュースで話題になるような「突然刃物を持って暴れ出す」なんてことはなく、ひどい抑うつ状態になるのが通例です。
実際のところ、精神病や精神障害で苦しんでいる人は後者の方が多いのですが、どうにも前者のイメージが一人歩きしているようです。

本当のところは【B】のような生き方が一番よいのかもしれません。
ところが人間というものは、日頃から意識していることほど気になるものです。
迷惑をかけないことを意識するあまり、いつしか周囲の言動に過敏になってしまったようです。
そのため、良識やマナーをわきまえない人…普段から文句ばかり言ってる人や、威圧的だったり一方的だったり攻撃的だったりする人が非常に苦手です。
直接自分に関係なくても、そばに居るだけで苦痛です。
そして、それは怒りへと転じます。
でも、それを外に出すことは滅多にありません。

だから、良識に欠ける行為を平気で繰り返す人との相性は極めて悪いです。
自分が我慢していることを、目の前で見せつけられることほど不愉快なことはありません。
甘いものが好きでなければ、目の前でケーキを食べている人がいたところで気にする人はいないでしょう。
ところが、洋菓子好きだけどダイエット中という人の前で、わざわざケーキを美味しそうに食べられたらどうでしょう。
最低限の配慮がある人であれば、知っててそんなことはしないはずです。
もしくは、ケーキが出てくるような場所に近づくことはしないでしょう。
ところが世の中には、ところ構わず、やりたい放題の人だって居る訳です。
野良犬に噛まれたと思って諦める他ないのですが、それが日常的に顔を合わせる相手となれば最悪です。
ましてや、職場や教室など、自衛のためであっても勝手に離れることが許されない場所であれば!

     * * *

ほっとハウスの方で、就労支援施設への橋渡し役を引き受けてくださることになり、準備作業をはじめて2ヵ月ほどになりましょうか。
スタッフさんが要支援の概要を文書にまとめてくださいました。
こちらが期待している支援が受けられるという確証はどこにもありません。
「空振りだったら二人してヘコんで帰ってきましょう」という慰め(?)の言葉も頂戴しています。
一人でヘコんで帰ってくることを考えれば、一緒にヘコんでくれる人がそばに居るだけでも大変心強いのですが、だからと言って何かが解決する訳でもありませんから(苦笑)

過去の経緯を考えれば、職種より「職場」の選択の方が重要であることは明らかです。
ところが、求人票に書かれているのは仕事内容がメインであり、どういう人間関係が築かれている場所なのかは皆目見当がつきません。
なので求人票を選び出してはみたものの、一番肝心なところが見えて来ないので、どうにも一歩も前に歩き出せない自分が居ます。
若い時分には勢いに任せて飛び込めたものですが、悲しい思いを重ねてきた今は辛い記憶がフラッシュバックするばかりです。
そのことを汲んでくださり、ほっとハウスの方で支援を申し出てくださったのですが、では就労支援施設にそのことを投げかけてみたところでどうなのかと推測すれば、就労支援施設もまたどんな支援をすれば良いのか対応に困っているというのが実情ではないのかということです。

トントン拍子で進む話とも思いませんから、これが情緒不安定の原因になっているとも思いません。
やはり、日頃のストレスの蓄積なのかなぁ…。

     * * *

とりあえず、幹線道路でせっせとネズミ捕りするのもいいけど、違法駐車や放火未遂を繰り返しているヒトビトもどうにかしてほしいものです。
火のついたままの吸い殻もだけど、車線を塞ぐようにして駐車場代わりにしている大型トラックとかって、本当に迷惑なんです。
彼らもまた荷主の我がままに振り回されている犠牲者だということは承知しています。
鉄道みたく時刻表通りに走れない以上、時間厳守を指定されたら早めに着いて時間調整する他ありません。
でも折角の優先・専用レーンや左折レーンが事故の名所に化けるのですから、そろそろ本気で対策を考えてほしいものです。

中には駐車車両を避けて中央寄りの車線を走り続ける車も居ますが、これが低速車だったりすると本人は楽でも他の車にとっては非常に迷惑です。
二車線を仲良く並んで走る車に目の前をブロックされた経験があるのは僕だけじゃないはずです。
でも法律的には右折車が存在する関係もあって、高速道路みたく明確に追い越し車線が区分されていない以上は、ドライバーのマナーと思いやりに期待する他ないのですよね…。

もらい事故も悲惨だけど、不必要な車線変更を強いられて事故るのも悲しい話です。
何か妙案はないものでしょうか。(´;ω;`)ブワッ

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク