やわた黒カレー


→pixivで見る

因幡てゐ「私、黒くないYo♪ ウサウサ」

こんなこと言って来るひとに限って、まずは黒いものですよね。
主に腹のナカ的な意味で。((*ノ∀`))クスクス

     * * *

今日は、いつものごとく京大病院の精神科へ。
いつものようにサックリ問診、いつもの薬を処方してもらって終了。

そうそう、自立支援医療の受給者証の有効期限が10月末で切れるので、会計の時に更新用の申請書を渡されました。
今回は診断書免除の回なので、申請書のやりとりだけで済むそうで。
来週にでも市役所に手続きに行かなきゃ…。

     * * *

以下、先日頂いた黒カレーの話なぞ。

20130820_001.jpg

まちおこしブームの一環と申しましょうか。
おらが町の名産物と言えば、竹と梨。
梨をカレーに入れても面白くないので、代わりに竹を混入した模様です。

竹をダイレクトに投入しても固くて食べられないし、タケノコではインパクトに欠けます。
そこで思いついたのが竹炭(たけずみ)。
木でも炭が作れるのですから、竹でだって炭は作れます。
でも、普通は食用しないです。

竹炭の使い道としては、燃料として燃やすより、活性炭として水を浄化するのに良いそうです。
ペットボトルの中に竹炭を入れ、その辺の蛇口から水道水を注ぎ込んで冷蔵庫で一晩寝かせておくと、あまり評判のよろしくない琵琶湖水も美味しく飲めるのだとか。
水をきれいにするのだから、ヒトの身体だってきれいになるはず!

…なんてことを目論んだかどうかは定かではありませんが、実際にこうして登場しちゃいました。
「京都・やわた 黒カレー」

20130820_004a.jpg

開封してみます。
中から出て来たのは、隅の方に識別記号と賞味期限が刻印されただけの真っ白なレトルトパウチ。
聞くところによると、こういう地域限定のレトルトカレーを専門に請け負って製造しているメーカーがあるらしくて、商品の品質や価値に影響しない部分では、仕様や工程が標準化されているようです。
「やわた産たけのこ使用」ではなく「京都産たけのこ使用」となっているのが御愛嬌。
いい加減な表記をしていると、ツッコミ入って叱られますからね。((*ノ∀`))クスクス

でもそこは土産物クォリティ。
お店で買うと結構なお値段なのですよね。
かく言う僕も、その存在は知りながら購入には躊躇していたクチです。
ところが日頃の行いと申しますか、以前、散髪してもらってる時にその話をしていたら、マスターがサービスしてくれたのです。
なんでも、商工会の人が宣伝を兼ねてか何かの折りに置いていったものなのだとか。
商工会も必死なんだなぁ…。(´;ω;`)ブワッ

20130820_006a.jpg

悦いぞ悦いぞー!!
この黒さ! まさにドS!!

(cv.杉田智和)


(゜∀゜)☆\(--; バキ

説明書きの通り、5分ばかり湯煎してから頂きました。
(※ライスはオプションです。)
電子レンジで温めると、具材が爆発するとか書いてありましたから。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

その可爆性具材とは、おそらくタケノコのことだと思われます。
割と大きなタケノコが、ゴロンゴロンと5つばかり入っていました。
お肉にも遭遇しました。
他にも色々と入っているみたいなのですが、とにかく黒いしカレーだし、追求するだけ無粋なのかもしれません。((*ノ∀`))クスクス

お味の方ですが、
ちょっと酸味のあるボンカレー
といった感じでした。
普通に美味しかったです。

やっぱり、観光土産的な何かですよね。
「名物に旨い物なし」と申しますが、そういう意味では割とアタリな部類?
もし機会がありましたら、京都やわたの味覚をぜひご賞味ください。 (*´ω`*)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク