鎮痛剤から全力で逃げ切ってみた


→pixivで見る

ルナチャイルド「口みたいな栗って、一体どういうことなのよ~。」

サニーミルク、スターサファイアと続いたので、久しぶりにルナチャイルドも描いてみました。
日の光、星の光、月の光。
光の三妖精、コンプリート♪ ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

     * * *

あれは2週間前の金曜日のことでした。
京都市内で所用を済ませた帰り道、バイクで走行中にゲリラ豪雨に襲われました。
一応レインコートは積んであったのですが、あれよあれよという間にズブ濡れになってしまい、今さら感120%だったので、観念してそのまま走り切りました。
南区の国道1号線上で豪雨に捕まり、伏見区から久御山町へ抜けた頃には雨はあがってしまいました。
八幡市内ではほとんど降らなかったということですから、本当に運の悪い時に、運の悪い場所へ突っ込んでしまった模様です。
ズボンのポケットに入れていたタオルが、軽く絞るだけで水がジャーっと溢れる程度の濡れ具合。
帰宅中だったのは不幸中の幸いでした。

その日も朝から頭痛気味だったのですが、翌日には本格的な頭痛にクラスチェンジしました。
起きても痛い、寝ても痛い。
継続して痛い訳でもなく、何かの拍子にズキっと痛む…まさに腰痛のような痛さ。
寝てても痛いだけですから、普通に過ごして週末はやり過ごしました。

さて、月曜日。
痛みは相変わらずです。
さて、病院に行ったものか、どうしたものか。
こういうタイプの頭痛は、実は今度が初めてではないのです。
10年程前にも似たことがあり、念のために病院で診てもらったら、レントゲンやらCTスキャンやら散々検査されまくった挙げ句、姿勢のせいだろうという見立て。
ちょうど、柄にもなく哲学書なぞ読み漁っていた時期でしたので(笑)
結局、鎮痛剤を出されただけで終わり。
とにかく姿勢に気をつけて安静にしていたら、結局、日にち薬でようやく治りました。

多分、寝違えだと思うのです。
放射線やらレーザー光線やら浴びたところで、出されるのは鎮痛剤だけ。
病院に出かけるのも馬鹿らしいので、痛みと天秤にかけて、薬に頼らず自力で治すことにしました。
自力と言っても、そもそも日にち薬なんですけどね(笑)

首の動かし方さえ気をつければ、痛みもなく、日常生活にも支障はなかったので、そのまま様子を見ておりました。
そのうち、身体の方が勝手に覚えてくれたというのか、痛みを伴うような動きを自然と回避するようになり、痛みが走る機会は徐々に減っていきました。

そして2週間経過。
無理な姿勢を続けなければ、痛みに襲われることもなくなりました。
一応、治ったということで良いのかな??

     * * *

やはり季節の変わり目と言うのは怖いですね。
思いのほか、身体にダメージが蓄積していたようです
そうでなくても、今年の夏は異常だったし…。
猛暑が落ち着いたかと思えば、今度は豪雨と突風と落雷のオンパレード。
もう、雹が降って来ても驚かないですよ。
ファフロッキーズの奇跡で、空から蛙とか降って来るのも時間の問題かなぁ…。

皆様も、どうぞご自愛ください。(´;ω;`)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク