年初め恒例の…


→pixivで見る

少名針妙丸「いやぁ〜、これはなかなか良いですね。私の大きさにぴったりですよ!」

年初め恒例の年賀状ネタ晒し。
今年は一寸法師の末裔こと、少名針妙丸にご登場願いました。

一寸法師と言えば、打ち出の小槌。
実際、東方輝針城のカットインでは、彼女も小槌を手にしています。
描かなかった理由は、レイアウトを考えた時に小槌がない方が収まりが良かったから。
…というのは表向きの理由で、本当は描くのが面倒だったからです。(゜∀゜)☆\(−−; バキ

冗談はさておき、打ち出の小槌と言えば、おめでたいもの。
かの一寸法師の昔話をハッピーエンドで締めくくるのに欠かせない重要なアイテムです。
どんな願いも叶えられるという、まさに夢のような道具。
これさえあれば幸せになれると考えたことがある人は、決して少なくないはずです。

でも得られるものが大きければ大きいほど、本当は何かが代償として失われているはずなのです。
その代償を最小限に抑えることで、人間は文明という名の道具から様々な恩恵を手にしてきました。
代償の存在を忘れて便利さに溺れれば、いずれ大きなしっぺ返しを食らうことになりましょう。
一寸法師の末裔は、代償の存在を忘れて無節操に能力を使い続けたため、その代償として元の大きさよりも小さくなってしまいました。
それもこれも、天の邪鬼の甘い誘惑に乗せられてしまった結果です。

悪魔は常に甘い言葉で近づいて来ると申します。
「あなただけに特別に教えます」なんてスパムメールが毎日大量に届きますが、まず間違いなく詐欺かブラック・ビジネスです。
好奇心で手を出したが最後。
後は地獄が待つのみです。
甘い話には必ず罠があります。
皆様も十分にご用心を。

以前より小さくなってしまった針妙丸は、その後とある神社の暢気な巫女さんに保護されて、今は虫かごの中で平穏な毎日を送っているとか。
虫かご? いえ、あれはどう見てもドールハウスの域です。(`・ω・′)

東方鈴奈庵の本編にも登場しているらしいです。
はやく東方鈴奈庵の2巻が読みたいです! ○o..*ヾ(*′∀`*)ノ*..o○

20140101_2a.jpg

     * * *

今年のお正月は、自宅でのんびり過ごしました。
3日(金)に家で飼っている猫を病院に連れていくために自動車を運転したのが、今年最初のまともな外出。
別に体調を崩したとかじゃなくて、いつもの定期診察です。
かかりつけの歯科と動物病院は、元日から開いているので利用する立場としては心強いのですが、ちゃんと休んでいるのかなと余計な心配をしたりもしています。

昨日5日(日)に教会で今年最初の礼拝に出席してまいりました。
初詣? 一応、クリスチャンですから(笑)
その日の午後は、向島のKさん&Yさん家へ。
本当は年内に「とうがらし通信」を片手に顔を出すつもりだったのですが、僕自身がバタバタしていたために、図らずもお年始のご挨拶になりました。
お休みに邪魔するのも悪いと思い、5日のお昼まで待ってKさんにお伺いのメールを送りましたら、「今からおいで」という話になりまして。(;´∀`)
挨拶に伺いましたら、ちょうどYさんが編集担当の方と今度出す予定の本の打ち合わせ中。
いよいよ邪魔になるかと隅に逃げようとしたら、いつの間にか手繰り寄せられて話の輪の中へ。
ちょっと挨拶のつもりがとんでもなく話が盛り上がって、気がつくと既に陽も暮れておりました。
楽しい時間を頂いた上に、お土産に山形産の大きなリンゴまで頂き、もういくら感謝しても足りません。

今日6日(月)は、朝からほっとハウスへ行ってまいりました。
バイクのエンジンをかけるのは今年はこれが最初。
バッテリーが不安なので、最初からおとなしく坂道を転がして押しがけしました。
へばったバッテリーより坂道の方が確実という見立ては大正解。
冬場の冷えたエンジンは回転が安定するのに時間がかかるものなのですが、今朝は割とすんなりと動いてくれました。
バッテリーは帰宅時の起動用と割り切って、春までこのまま様子を見ようかと思います。

ほっとハウスでは、昼食にお雑煮の用意をしていました。
僕はお餅が苦手なので、弁当代わりに持ち歩いている袋入りパンを頂きました。
いえ、お餅が嫌いという訳じゃないのです。
一個食べただけで御飯一膳分という感覚が、どうにも馴染めなくて…。
つまりは美味しさに釣られて、ついつい食べ過ぎちゃうというやつで(苦笑)

皆様も美味しいお餅にはくれぐれもご用心を。(´・ノω・`)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク