雪の日の学習会

20091209_1.jpg
→pixivで見る

先週の春を先取りしたかのような日和が嘘のよう。
一週違うだけで、今日は本格的な冬の一日。
しかもドカ雪です。

こういう日は家でおとなしくしているのが一番ですが、こういう時に限って大事な用事があったりします。
ドカ雪とは言っても、雪国に暮らす人にしてみれば、ほんの芝生の植え込み程度です。
大丈夫だ、問題ない。

朝は買い出しから始まります。
年老いた母に一人雪道を歩かせる訳にもまいりません。
早朝の雪は、出かける頃にはみぞれに変わりました。
自動車を走らせる分には、アイスバーンよりシャーベットの方がマシです。
そう思って駐車場まで行きましたら…。
…自動車の上にこんもりと積もってました(汗)

雪の中に埋まっている訳でもないので、ウインドウに着氷した霜を落とすためのヘラで簡単に落とせるのですが、自動車全体ぐるりとコーティングされていますので、作業が終わった頃には靴の中がびっしょり…。
シャーベットだけに、染み込み具合は抜群です。
しかも、靴に穴が開いていた模様で…。

サクサクと買い物を済ませ、母を家に送り届けてから自動車を駐車場に戻し、今度は最寄りのバス停まで徒歩移動。
大阪や京都の市バスみたく、バスロケーションシステムなんて素敵なマシンがバス停にある訳もない片田舎なのですが、嬉しいことに地元を走る京阪バス(男山営業所)では携帯電話を使ったバスロケを配信してくれています。
今日みたいな雪の日には時刻表がアテにならないので、こんな日には時刻表以上に頼りになる存在です。
ところがシャーベットが良かったのか、土曜日のおかげか、ほぼ定刻通りの運行。
大事をとって早めに出たので、京阪樟葉駅まで予想以上に早く着いてしまいました。

本日の行き先は、京都市の堀川今出川。
天気が良ければ、終点の出町柳駅から今出川通をテクテク歩いていくところなのですが、今日は雪…というより、みぞれです。
ある意味、雪よりタチが悪いと言えましょう。
三条京阪駅から地下鉄東西線と烏丸線を乗り継いで、今出川駅から歩いたものか。
三条京阪前から市バス59系統でダイレクトに堀川今出川までお世話になったものか。
でも時間だけはたっぷりあるので、早く着きすぎても困ります。

樟葉駅前にそびえたつ、くずはモール。
氷水でキンキンに冷えた足も痛いので、思い切って長靴を買うことにしました。
今の靴は既に穴もあいてますし、家に帰れば事前に用意していた新しい靴もあります。
二軒まわって、長靴GET。
その場で古い靴の処分を依頼したら快く引き受けてくださり、長靴の箱から一切合切処分してくれた上に、さらにエコ値引きで2円引いてくれました。
買い物袋を使わなかったとは言え、手間ばかり取らせた上に値引きまでしてもらって、なんだか申し訳ないです。
しかもレジにうっかり傘を忘れそうになったのを教えてくれて…いやもう、ここまで親切にしてもらったら、このお店のファンにならざるを得ない!

万全の装備で京都市内入りを果たしたので、最初の計画通り、出町柳駅から今出川通をテクテク歩くことにしました。
よく京都市内の天気は丸太町通を境にして変わると言いますから、いよいよ本格的な積雪を覚悟していたのですが、一歩地下駅から地上にあがってみると、ここもみぞれで足下は当然のシャーベット(笑)
それでも流石は長靴です。
効果は抜群だ!

途中、烏丸今出川の松屋で牛めし(並)を頂き、久しぶりに食べた牛丼の味に妙に感動したりとか。
考えてみれば、ここ一年近く牛丼を食べていない人です。
いえ、牛丼も食べられないほど経済的に困っていたという意味ではないです。
外食時は、いつでもどこでも食べられる袋入りパンがデフォルトのひとなので。
いやいや、寒い日にはやはり温かいものを食べるに限ります。ヾ(*´∀`*)ノ

こうして無事、学習会の会場に到着。
学習会についてのお話は、一つ前の日記にて。
http://kazuya075.blog12.fc2.com/blog-entry-337.html
時間軸的に掲載の順番が逆じゃないかって?
お察しください…。(´;ω;`)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク