クロハ69形という車両

20100219_1a.jpg

pixivにて前回のイラストに対して付けられたコメントより

>>橙は手荷物扱いですww。

…橙を、…荷物室にだと? Σ( ̄□ ̄;

たとえ大鉄局が許しても、おいらは許しません!!
むしろ1等室でしょう!

なので、宮原電車区からクロハ69形を召還してまいりました。(`・ω・′)キリッ

   * * *

クロハ69形は1937年に新製された2等・3等合造の3扉セミクロスシート車です。
前半分が3等室(現在の普通席に相当)、後半分が2等室(現在のグリーン席に相当)となっています。
11両全車が宮原電車区へ配属され、モハ51形などと共に東海道本線・山陽本線の京都~明石間普通電車(通称、京阪神緩行線)で使用されました。

しかし歴史の荒波は、彼女たちを翻弄し続けることとなります。
翌1938年には戦時体制強化により普通電車への2等車連結を廃止。
クロハ69形は僅か1年で3等車代用となってしまいました。

そして戦争の激化により、モハ42形やモハ51形を始めとするクロスシート車は「大量輸送に適した車両」へ改造されることになり、クロハ69形も1943年より2等室とクロスシートが撤去され、クハ55形へ編入されてしまいました。
この時、69001と69002の2両は皇族用の予備車に指定され東京鉄道局へ転属したため、クハ55形への編入改造を免れています。

戦後の混乱期から復興期へと移り変わる1951年、戦時改造で悲惨な姿になっていた車両の「復旧」が始まります。
復旧工事と平行して、関東へ行っていた69001と69002も呼び戻し、クロハ69形は再び京阪神緩行線に返り咲きました。
そしてこの後の10年間、クロハ69形は京阪神緩行線の花形車両として活躍を続けました。

1961年、年々増加する利用客へ対応するため、同区間の快速電車(モハ80系電車)への1等車(サロ85形)の連結が始まります。
(※1960年の等級制変更により、旧2等車は1等車、旧3等車は2等車に変更)
そして普通電車はモハ72系電車を中心とした輸送力重視体制へとシフトチェンジしていきます。
1962年、同区間の普通電車への1等車の連結が廃止され、クロハ69形はお役御免となりました。
クロハ69形は再度クハ55形へと改造され、その後は他のロングシート車に混じって活躍を続け、1976年を最後にその波乱に満ちた生涯を終えました。

   * * *

今は幻想郷で余生を過ごしておられるのでしょうか。(´・ω・`)
どうか、その日々が平安なものでありますように。。。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク