愛と勇気のハイキング

20100323_1a.jpg
→pixivで見る

愛と勇気と言えば、このお方。
多少、補正が入っておりますが、細かいことは気にしない方が良いという方向で。

子どもの教会(教会学校)の子どもたちに「カッコイイ男のひととか描けへんのん?」と質問されたところなんで、このひとをプリントアウトしておけば良かったと思っても後の祭り。
「なんかの真似して描いてるひと」という形でインプットされている模様です。

二次創作という表現の在り方について小一時間ばかり語ってみたかったのですが、結果は5秒で終了致しました。
まあ、世の中こんなもんですね...orz

本日、子どもの教会のハイキングで京都水族館へ行ってまいりました。
ハイキングというよりは遠足そのものだったのですが、案内チラシがそうなっていましたので、やはり細かいことは気にしない方向で。
ここ4年ばかり、絶賛人見知り中なので、引率なんて大それた真似はできません。
せいぜい、「歩くカラーコーン」程度の能力。
イメージとしては、こんな感じ。

20100413_1a.jpg
→pixivで見る



ヘ(_ヘ)☆\(--; バキ



実際のところ、子どもたちと直接会話することができない肝っ玉プチサイズのひとなので、今回は「切符係」としての参加です。
主に鉄道駅にて乗車券の購入と、その配給。
あとは、経費の清算や交差点での安全確保等。
直接子どもたちと関わることもなく、粛々と任務を遂行して終了…となるはずでした。

ところが、世の中には常に不確定要素というものがウロウロしているものです。
早い話がアクシデントですね。
笑い話で済む程度のこともあれば、人生を左右しかねない大事件に発展することもあります。
今回は、きっとボーダーライン上だったかもしれないヒヤリハット的なアクシデントです。

京阪樟葉駅に所定の時刻に集合して、京阪電車と近鉄電車を乗り継いで京都駅へ。
八条口から油小路ガード下を抜け、JRの線路群を眺めながら歩くこと15分、梅小路公園に無事到着しました。
既にお昼下がりなので、水族館に入る前に公園内の木陰でお弁当を広げることにしました。
事件は、そろそろ全員が昼食を食べ終わった頃に起こりました。

いつものごとくカロリーメイトで手早くチャージを済ませた僕は、子どもたちが休憩している間に水族館の入場券の購入に同行することになりました。
水族館への入場に障害者割引があり、障害者手帳所持者本人とその同行者1名がそれぞれ半額になるのです。
入場料金2,050円の半額の2人分ですから、使わない手はありません。
割引の適用を受けるためには障害者手帳を提示する必要がありますから、当然僕も同行せねばなりません。
日頃滅多と出番のない障害者手帳ですが、今日ばかりは大活躍です。
偶然、子どもたちに「それ、なに?」と尋ねられたので、「病気の人なので助けてあげてくださいという手帳」と説明しました。
当然のことながら「どこが悪いのん?」と尋ねられましたので、そこは要領を得たもので「頭が悪い」と答えました。
そもそも発達障害なんで、嘘はついていないですよ? (゚Д゚)ノ

さて、落ち葉の上に敷いていたシートから立ち上がると、どうにも右足の様子が変です。
ジーンズの中で、何かがモゾモゾ動いている気配がするのです。
木陰で落ち葉の絨毯ですから、虫の一匹や二匹潜り込んできたところで何の不思議もありません。
特に気にせず、ジーンズをパタパタとはたきました。
ところが妙に頑固な虫らしく、なかなか外に出てこようとしません。
かと言って、虫を連れて歩く趣味もありませんから、徹底的に追い出しにかかります。
しばらく格闘していると、ようやく観念したらしく、ジーンズの中から出てきてくれました。

体長15cm近くあるムカデが。

先述のように肝っ玉プチサイズな人なのですが、その後の動きは自分でも驚くほどに冷静でした。
とにかく子どもに危害が及んではいけないの一心で、偶然手にしていた500mlペットボトルを何度も叩き付けました。
相手はムカデです。
靴で踏んだぐらいでダウンしてくれる相手ではありません。
怖がっていたら返り討ち必至の強敵です。
一心不乱に空のペットボトルを叩き付けたら、ようやく敵の胴体が千切れてくれました。
敵が戦闘不能になるのを確認してから、チケット購入に同行しました。

幸い、そのムカデには噛まれずに済んだみたいです。
ただ、右足がヒリヒリと痛むので油断はできません。
本当であれば流水で洗い流したいところなのですが、それができるような環境でもありません。
腫れなどの異常はなかったので、とりあえず手持ちのメンタムを塗って様子を見ることにしました。
真田さんの名台詞じゃないですが、まさに「こんなこともあろうかと」ってやつです。
鞄にメンタム、お出かけの必須アイテムですね。(`・ω・′)キリッ

20140525_007.jpg

いや本当、ムカデに襲われたのが僕だったので助かりました。
もし子どもの誰かが襲われていたら、それこそ大変な騒ぎになっていたはずです。
救急車ぐらいでは済まなかったかも…。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

かくして「歩くカラーコーン」は、「身体を張って子どもを守った先生」にクラスチェンジしてしまいました。
だからと言って、何かが変わった訳でもないのですけどね。
いやいや、何事も起こらなかっただけで御の字です。
下手すりゃ新聞沙汰にもなりかねなかったのですから。
結局のところ、僕の右足はこの記事を書いている今の時点でも無事っぽいですし。

ムカデ事件とはきっと関係ないところで変化が一つ。
行きしなから、抱っこをせがむ男の子がいたのです。
歩くのが嫌とかじゃなくて、純粋に甘えてくる子どもの姿。
思えば、ここ5年ばかり、こういう関わりを求められた経験がなかったのです。
面倒どころか、舞い上がる心地だったのはここだけの話。
少し事情があるので手放しで喜ぶ話でもないのですが、必要とされることは本当にありがたいことです。

今年も夏休みに子どもの教会の夏キャンプがあります。
同行しようかどうか毎年悩むのですが、今年は悩むこともなさそうです。
別のことで悩みそうですが、必要とされての悩みならば悩み甲斐もあるというものです。

とりあえず、虫除け対策は本気で考えることにします。( ;∀;)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク