王様の涙


→pixivで見る

フランドール「しゃぼん玉って、どうしてすぐに壊れちゃうの? まるで人間みたい。」

長い間、赤い液体でグラスに注がれて出される"人間"しか見たことがなかったお方。
人間基準が彼女なりの優しさ。
多分。

ワインなんて見せたら、きっと、こういうのでしょうね。
フランドール「まあ、なんて素敵な飲みもの! まるで人間みたい!」



嗚呼、ワインとなってフランちゃんに飲み干して頂けるのならば…。

わが生涯に一片の悔いなし!



(゜゜)☆\(ーー;バキッ



    * * *

20140923_001a.jpg

こちらは人間…もとい、スペイン産のワインです。
名前は「王様の涙」。
ほっとハウスにて、人気赤丸急上昇中の一本です。
ちなみに、ほっとハウス内では飲酒は厳禁ですので、念のため。

ほっとハウスで出す昼食の材料を買い出しに出かけるスーパーマーケットで取り扱っていることが一番大きな要因なのですが…。
これがまたリーズナブルな割に美味という評判なのです。
普段でもワンコインでお釣りが出る額なのですが、特売の時には300円台で売られています。

安売りのたびに、ワインボトルがレジ袋の中から見え隠れしていますので、好奇心旺盛なオトコノコとしては非常に気になります。
昔、偉い人は言いました。
飲まずに後悔するなら、飲んで反省する方が遥かに良いと。
なので僕も実際に飲んでみました。

ふむ。
ライトボディーと名乗るだけあって、口当たりは良いです。
きちんと冷やして飲めば、くいくい飲めてしまいます。
注意点を上げるならば、ワインだけにアルコール濃度は12%。
ビール感覚でがぶがぶ飲むと、後からガツンと来ちゃいますよ?

20141002_001a.jpg

さて、家の近くのスーパーマーケットでは扱っていなかったのですね。
代わりに見つけて来たのがコレ。
ネーミングからして怪しいのですが、お値段たったの税込み300円。
販売元こそ大手ビール会社なのですが、国産品を名乗るのに原材料が「輸入ワイン」という、どこか法律のスキマ的な香りが漂う一品。
原産国の記載はないのですが、こういう場合は大抵ルーマニア産だってTさんが言ってました。

ほっとハウスで報告したら、ぜひとも感想を聞きたいと言われました。
話を振った以上は、自らの手でケリをつけるのが漢の道。
という訳で、早速飲んでみました。

はい、普通に飲めました。
そりゃ、大手ビール会社が販売している訳ですから、スタンダードグレードは十分に確保している訳ですね。
ソムリエや海原雄山に飲ませるのは絶対にお勧めしませんが、安く酔いたい向きには良いかも。
コストパフォーマンス的には、缶入りアルコール飲料よりも優れている訳ですから。
飲み続けた時の不安は残りますが、どんなお酒だって飲み過ぎは禁物ですからね。(。-∀-) ニヒ♪

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク