白は黒より怖かった



今朝の中国自動車道下り線の上月PAです。
まずはコメントスルー希望のデリケートな状況説明から。

先の記事をアップした数時間後、その電話は入りました。
16日(月)の夜、叔父が入浴中に心臓発作で急逝しました。
冬場の風呂場がいけなかったのか、飲酒後の入浴がいけなかったのか。
ただ、その死に顔は心地よく眠っているようで、苦しむことなくポックリと逝ったのが、何よりもの慰めと言えましょうか。

母の兄にあたる叔父は、親切で世話好きなことで有名でした。
母にくっついて鳥取へ出かけた折りには、
「かぁーずや、かぁーずや、遠慮せんと、どんどん食べないけんがぁ。」
と、てんこ盛りの焼き肉をご馳走してくれるのが、小学生時代の夏休みの楽しみの一つでした。
まだまだ牛肉が高価だった時代なので羊肉の焼き肉でしたが、一般にはクセが強いと言われていたマトンに、たっぷりとタレを付けて大喜びで食べていた子ども時代を今でも鮮明に覚えています。

以上の状況説明につきましては、コメントを頂いても返答に困りますから、くれぐれもコメントには含めないようにお願い致します。m(__)m

20100927_1.jpg
→pixivで見る

ここからが今回の本題です。
ここから先はコメント大歓迎であります! (゜゜)☆\(ーー;バキッ

公共交通機関を使って、京都から朝9時に鳥取県米子市に隣接する某町某所に到着しようと思えば、前日のうちに鳥取入りしておくか、大阪から出ている夜行バスに乗る他は選択肢がありません。
かつては、大阪駅から福知山線経由の急行「だいせん」の夜行便が出ていて、ナハネ20形のB寝台に一度だけ乗ったことがあるのが、今となっては貴重な体験です。
今年3月に定期運行のブルートレインは全滅してしまうことになったのですが、一足先に電車化していた「サンライズ出雲」は「サンライズ瀬戸」ともども引き続き運行されるのは嬉しい限りです。
ただし、東京行きは深夜に大阪に着いてしまいますし、出雲市行きに至っては京都も大阪も通過してしまいますから、京都在住の人間にはどうにも使えないというのが悲しいところでありますが…。

そんな訳で、日帰りで参列しようと思えば、家から自動車を走らせるしかありません。
幸い、自宅の近所に名神高速道路の大山崎ICがありますから、名神高速道路~中国自動車道~米子自動車道と、ほぼ高速道路だけで行けてしまうという実に恵まれた環境にあります。
日の出前の朝4時すぎには京都を出発しないといけないことを除けば…。

前回、従兄の葬儀…実は今回の叔父の長男さんなのですが…の時は、照明も街の灯も何もない山中の高速道路を走るのが怖くて、父に運転を任せきりにしてしまったという苦い記憶があります。
その後、四十九日法要、一回忌法要と立て続けに同じルートをなぞる機会があり、いよいよ道の勝手も分かってきたので、今回は勇気を持って夜明け前のドライバーを名乗り出た次第です。

ところが、事態は予想外の方向へ。
まず父が体調不良でダウン。
看病の必要もあって参列自体を見合わせようかという話まで出たのですが、どうにか参列できる程度には回復しました。
つまり、この時点で僕一人でハンドルを握らなくてはいけない状況が確定したのですね。

その上、ちょうどこの日を狙ったかのように、中国山地の真上に雪雲が鎮座。
前日の時点で道路上の積雪こそはなかったものの、当日は降雪に見舞われるのは確実でした。
ノーマルタイヤしか持っていない都会っ子。
でも、今回のためだけに雪用タイヤを買える程裕福な訳でもありません。
前日にタイヤチェーンを購入して、保険をかけることにしました。

そして、最初の写真の状況を迎えます。
もうね、暗闇をビビっていたのが嘘のようです。
暗闇以上に怖いものが目の前に迫っていたのですから。
この先で、兵庫県から岡山県に入ります。
県境の峠で、悪夢は到来しました。

吹雪で前が見えねぇ ww
路面がシャーベットでざわっざわっ状態 www
そもそも、どこが車線の端か分からねぇっっ wwwww


それでも行きの方が良かったのです。
岡山県から鳥取県へ抜ける峠道では、雪が小康状態で、割と難なく越えられましたから。
そう、本当の悪夢は帰り道。
行きで懲りたので、前倒しの初七日の法要が終わった時点で、挨拶もそこそこに京都へとんぼ返りです。
そして、その読みは大当たりでした。

すげぇ!モノホンの除雪車が走ってる ww
つか、道路がみるみるうちに雪に埋もれていくのですが www
陸橋の上でブレーキ踏んだら、確実に谷底行きかと wwwww


ええ、もう暗闇なんて怖くないですよ。
ハイビームかましゃ、それなりに見える訳ですから。
白銀の怖さは半端ないです。
前が見えない! 前が見えても路面が見えない!
急ブレーキや急ハンドルなんてやらかしたら、これはもう絶対に制御不能!!
いまだかつてない勢いで速度制限と安全運転を遵守して、蒜山高原を横断する米子自動車道をじっくりと攻略してまいりました。

20110212_1a.jpg
→pixivで見る

夕方、どうにか無事に帰宅できました。
なんかもう、一皮むけて生まれ変わった気分です。
今日から「ネオかずや」とお呼びください。(゜゜)☆\(ーー;バキッ

いや本当、雪国に暮らす方々の苦労を垣間見た思いです。
できれば積雪は当分見たくないなって感じた都会っ子のひとりです。(´;ω;`)

急行「だいせん」かんばぁぁぁぁぁっく!!
ヽ(`Д´)ノウワァァン!!


(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク