わちきおどろいた


→pixivで見る

注※これはイメージ画像です。実物とは異なります。

ホットサンド街道まっしぐら中。
第三弾の「レトルトハンバーグ&チーズ」は、今回スルー致します。
普通に美味しかったので、話のネタ的には面白くないので。(゜゜)☆\(ーー;バキッ

第三弾をとばして第四弾。
今回のテーマは「ブルーベリー」です。
お目めに優しいアントシアニンが話題沸騰中の健康食材。
京都市内の某球場の命名権を買い取る程度の能力。
若狭とは関係ないだろうに「わかさスタジアム」とはこれ如何に。
気になる方はgoogle先生に質問してみましょう。((*ノ∀`))クスクス

最初は、ブルーベリージャムだけをはさんでホットサンドにしてみましたが、結果は今ひとつ。
ケーキにしてもパイにしても油脂的なナニカが組み合わさることで絶妙な美味しさになる訳ですから、これはちょっと安直すぎたようです。
こういう時は、彼の地の文献を漁るに限ります。
パンとブルーベリーをHAPPYな関係に結び合わせる重要アイテムとは??

行き着いたのは、ピーナッツバター。
とある文献に、サンドイッチの具材として「ピーナッツバター&ジェリー」が提示されていました。
ゼリーと言えば冷蔵庫で冷やして食べるアレを連想しますが、この場合のジェリーはジャムのことを指すようです。
日本じゃあまりお目にかからない組み合わせですが、言われてみると普通に美味しそうな組み合わせです。

なので実際に試してみました。
本来は、この辺りで実物の写真を挿入したいところですが、今回は割愛させて頂きます。

デロデロデロォ~ン

どうぞ擬音でお察しください。
ビジュアル的に相当ヤヴァイ仕上がり。
出来上がった瞬間は普通に美味しそうだったのですが、何気に持ち上げた瞬間に惨事に変わりました。

ジャムを加熱したら、どうなるでしょうか。
ピーナッツバターを加熱したら、どうなるでしょうか。
この二つが、突如パンの中から溢れ出したら、果たしてどうなるでしょうか。
「ウルトラQ」のオープニング的なナニカが、ホラー映画さながらの登場です。

わちきおどろいた。

でもこれは、とても簡単な方法で回避できることが判明しています。
冷やして食べるのも手ですが、普通にナイフとフォークで食べれば良いのです。
考えてもみましょう。
メイプルシロップをたんまりと注いだホットケーキを鷲掴みにして食べる人は居ないでしょう。
そもそも上品なカフェ等では、サンドイッチにナイフ・フォークが添えて供されると噂に聞いております。
そんな高級なお店にはトンと縁がない人なので、実見したことはありませんが…。

ナイフとフォークで食べれば、実に美しく食べることができます。
お箸は万能と申しますが、何事にも例外は付きもの。
きっと、その例外に属する料理の一つなのかもしれません。
…多分。

味の方は普通に美味しかったです。
でも決してアウトドア向きではないです。
ハム&チーズがデフォルトとされる理由がよくわかりました。
何事も、経験って大事ですよね。(o・ω・)(・ω・o) ネー

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク