雨天決行!大雨強行!?


→pixivで見る

小鈴「台風よりも強い妖怪が居るなんて、外の世界も案外危険なのかもねぇ…。」

外の世界から流れ着いた「外来本」で、今日も元気に絶賛誤解中の小鈴ちゃん。
読みかじりや聞きかじりって、本当に怖いですよね。(o・ω・)(・ω・o) ネー
ただし、小鈴ちゃんなら許す!(゜゜)☆\(ーー;バキッ

     * * *

先週は自宅の方がバタバタで、今週も引き続きバタバタする予定。
面白い話でもないので、代わりに先日の台風11号の話なぞ書いてみます。

京都に最接近したのは17日(金)の午前中。
実はこの日、祇園祭の山鉾巡行の当日だったのですね。
幸い台風の直撃は免れたのですが、京都市内は朝から大雨警報発令中。
果たして山鉾巡行は無事なのかドキドキものだったのですが…。

とあるラジオ番組のDJさんが、「山鉾巡行は、だいたい雨天決行・大雨強行」と話していました。
これまた幸いなことに暴風警報が発令されなかったので、今年もセオリー通り「大雨強行」と相成った次第であります。
大雨の中の山鉾巡行は大変の一言な訳ですが、唯一「辻回し」だけは路面が適度に滑ってくれるので、山鉾を交差点で方向転換する助けにもなってくれそうですが、人間の方も足下が滑るので、やっぱり晴天の方が有り難いですよね。
とにかく無事に終わって何よりです。

昨年から後祭が復活しているので、実はもう一度山鉾巡行があるのですけどね。
後祭の山鉾巡行は24日(金)です。
今度は晴天に恵まれてほしいものであります。

さて、普通ならこれで話が終わるのですが、今回はこの先があります。
むしろ、ここからが本番です。
台風が離れていった、この日の午後。
暴風圏にかかることもなく、肩すかしを食らった雰囲気だったのですが、そんな暢気な空気は消し飛んでしまいました。
続々と発令される大雨警報、そして洪水警報。
風はすっかり落ち着いたのに、雨脚は激しくなる一方。
夜10時頃には、携帯電話から聞き慣れない着信音が鳴り響き、八幡市内の一部でも避難準備情報が発令された旨のエリアメールが届いていました。

18日(土)朝には雨も落ち着きましたが、なんと近畿圏のJR在来線が壊滅状態。
大阪環状線すら止まっていました。
新幹線や私鉄各線は概ね通常運行なのに、なぜJR在来線だけが…。
明治期に作られた盛り土区間が多いがゆえ、大量の雨が降り続けたことで道床が緩んでいる危険があり、事前に点検して回る必要があったというのですから仕方がありません。
それに汽車時代の名残で、駅や信号の間隔が長いので、無理に動かすと、とんでもない場所で立ち往生してしまうリスクも私鉄各線以上です。
実際、前日の豪雨時、東海道本線の新快速電車が京都と大阪の府境付近で緊急停車して、千人以上の乗客が4時間近く閉じ込められるというトラブルもありましたし…。
ただ、組織が大きすぎるがゆえに、融通が利かない点は以前より気にはなっています。
仮に非はなくとも、改善の余地は大いにありそうです。

さて、JRが止まるような大雨の中でも、果敢に行われる祇園祭の山鉾巡行。
太平洋戦争で中止になり、戦後再開されて以来、山鉾巡行が中止されたのは僅か一回だけだそうです。
それは1962年、京都大宮駅が終点だった阪急京都線を河原町駅まで延伸する工事の影響で、山鉾が四条通を通過することができないための措置だったそうです。

台風にも負けない山鉾巡行。
不幸にも、それを阻止してしまった阪急電鉄。
陰陽道からiPS細胞までバラエティ豊かなラインナップ。
歴史と革新が入り交じる混沌の街。
これもまた京都の魅力の一つなのかもしれません。(`・ω・′)

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク