ユッケ&ホッピー



タイトルから即座に居酒屋の話だと直感された方は、きっと僕と同類項です。
昨晩は、久しぶりに中高生時代からの友人たちと集まって、一緒に夕食してました。('▽')ノ

ここのところ、肉好き人間には受難の日々が続いています。
生レバーに続いてユッケまで”御法度”になってしまい、もっと他にも規制すべき料理があるだろうに闇で食べる度胸もなく、悶々としている小市民の一人です。
毎年死人が出ているというのに、正月恒例の例の白いヤツが規制されないのは何故なのか…コンコンコン…おや誰か来たようです。( ゚Д゚)

基準をクリアしようと思えば価格が跳ね上がり、いよいよ庶民から遠い存在になってしまった牛ユッケでありますが、マグロや馬肉であればOKというのが有り難いです。
今回は馬肉のユッケを頂きました。
牛肉のような甘みもなく、鉄臭さを薬味で消さないといけないという難点もありますが、栄養価的には馬肉の方が優れているそうで、夏のスタミナ補給には打ってつけの一品であります。
添えられたスライスオニオンが良い仕事をしてくれます。

こいつぁ、元気が出るぞぉ~~~! (・∀・)

20150815_004a.jpg

庶民の味方と言えば、コレ。
税制上の事情もあり、ビールが高級酒にカウントされていた時代、安価な「甲類焼酎」は庶民の強い味方でした。
そして、お子さまも安心して飲むことができる、麦酒様清涼飲料水「ホッピー」。
この二つを掛け合わすことにより、ビールのような素敵な飲み物をリーズナブルに楽しめるという仕掛けです。

今でこそビールも相対的にはリーズナブルになりましたが、甲類焼酎の安さには勝てません。
5Lペットボトル入りが普通に市販されている訳ですから、今でも人気があることは間違いありません。
ペットボトル回収日に空の5Lペットボトルを発見する度、仲魔…もとい、仲間の存在を確信する日々であります。ヾ(*´∀`*)ノ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
広汎性発達障害があることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク