水負け年賀状


→pixivで見る

秦こころ「おとしだま? なにそれ? おいしいの? だったら頂戴!!」

今年もとうとうお年玉を上げずじまいの不肖かずやです。
別にケチってあげなかった訳じゃないです。
あげる相手がいなかっただけです。

親戚縁者が皆遠方に…正確には我が家だけが離れたところに住んでいますし、教会でお年玉をあげるというのも変な話ですし。
子どもの居る友人が来訪する予定もなければ、来訪する度胸もないし。
お財布事情も厳しいので、出費がないに越したことはないので、助かると言えば助かるのでありますが。(;´ω`)

20160101_5a.jpg

その代わりに(?)、今年の年賀状の評価と反省をしてみたいと思います。
自画自賛しても面白くないので、ひとり反省会という方向で…。

一言で言えば、やっつけ感が漂う仕上がりです。
現物を受け取られた方で気付かれている方も居られると思いますが、印刷後の発色が良くないのです。
ちょうど、墨版だけが「水負け」したような感じ。

ちなみに「水負け」とは、平版オフセット印刷において湿し水によるインクの乳化が進んでしまい、インクの乗りが悪い部分ができてしまう現象です。
印刷の仕事をしていた時には、これで何度も泣かされました。
最悪、全量返品なんてこともありましたから…。(´;ω;`)

でも今回は自宅のインクジェットプリンターです。
水負けが発生する訳がありません。
もちろんプリンタヘッドも掃除してみましたし、データ不良を疑ってデータを作り直してみたりもしました。
でも一向に現象は解消されず。
いよいよプリンターも寿命なのか、幸いイラスト部分は無事だったので、諦めて印刷してしまいました。

後になってから気付いたのですが、どうやら給紙設定を「インクジェットはがき」に切り替えた時にだけ発生する現象でした。
以前はこんなことはなかったので、やはり機器的なトラブルが発生しているのは間違いないのですが、普段は「普通紙」設定にしているので、不調に気付かなかったようです。
…そうなんです。
先にイラスト部分だけ印刷してしまい、文字部分だけ後から「普通紙」設定で印刷すれば、面倒ながらも回避できたトラブルなのです。(><;)

以下、言い訳コーナー。
これまで伏せていましたが、昨年の夏からすっかりバタバタモードなのです。
実は、母が急に歩けなくなり、家事や送迎で介助が必要になったのです。
原因は不明なのですが、長年服用してきた薬が原因かと思われます。

30年近く飲んでいて、何ともなかった薬が、突然牙をむくことがあります。
僕らはこれを「悪変」と呼んでいます。
ほっとハウスでは決して珍しい話ではなく、これで命を失った方も何名か知っています。
副作用と言えないこともないのですが、これほど長期間服用し続けることを見越した治験は不可能ですし、他の要因も複雑に絡み合うので一概に薬のせいと言い切れない面があるのです。

もちろん医者も確定こそは避けるものの、まともな医者であれば要因として疑うのは当然であり、原因と思われる薬を減らして様子をみることになりました。
これと平行して、介護保険の区分認定を申請したり、病院に通ってリハビリをしたり、もちろん家の中での介助もありました。
お陰さまで、先月ぐらいから容態が好転し、今では車いすがなくても移動できるようになりました。
杖と介助者が必要なことには変わりませんが、介助する側としても随分と気持ちが楽になりました。

最後に、ちょこっといい話。
お年玉つき年賀はがき。
3等の切手シートが当選しました。ヾ(*´∀`*)ノ

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : メンヘル人間の日常
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク