米粉パン



ようやく小麦粉遊びを再開できる程度にまで復活してまいりました。
ただ今回は小麦粉ではありません。
米粉です。
米粉と言っても、もちろんメリケン粉(American flour)ではありません。
お米を製粉したRice flourです。

今回の米粉パンは、残念ながらグルテンフリーではないです。
イースト発酵させるために、グルテン粉を加えているからです。
ゆくゆくはグルテンフリーにもトライしてみたいところですが、それは次の機会ということで。

今回使った米粉ですが、見た目は上新粉みたいな感じ。
小麦粉と比較すれば薄力粉に近いようです。
早速、一次発酵を済ませたイーストと、グルテン粉と、塩を少々加えて捏ねてみます。
捏ねてみた感触は、小麦粉というよりは白玉粉を捏ねているような感じ。
ただ、水の加減もありますから、あくまでも初心者の感想です。

いつもと同じようにオリーブ油を塗ったメスティンの中に収めて二次発酵の後、携帯コンロの上で弱火の遠火で5分おきにひっくり返しながら時間をかけて焼いていきます。
30分ほどするとメスティンの中からパンの香りが漂ってくるのですが、果たしてどんな香りがするのだろうと期待していましたら、いつもと同じような香りだったので、いささか拍子抜け。
そしていつもと同じく40分ほどで焼き上がりました。

焼き上がった米粉パンは、見た感じ小麦粉で作ったパンと違いはありません。
そして実際に食べてみると、やっぱり普通のパンと同じです。
どうやらグルテン粉とイーストの香りの方が強いので、米の香りが消えてしまっている模様です。
どっしりとした食感は、いつも作っているパンと同じ。
これもイーストの配合や焼き方の問題なので、米粉とは関係ないようです。

米粉から作ったパンということで、一体どんなパンが出来上がるのかとドキドキしていたのですが、出来上がったのは至って普通のパンでした。
正直がっかりした面もありますが、安心した面もあります。
普通のパンと同じなのであれば、普通のパンを使った料理がそのまま作れるということです。
ジャムやバターを塗って食べても美味しいですし、サンドイッチやハンバーガーだって作れます。

いずれはグルテンフリーにも挑戦してみたいところですが、今回は米粉を使ったパンが無事に焼き上げられたことを素直に喜んでいます。
ごちそうさまでした♪

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク