ハイリー・センシティブ・パーソン



最近、玄米にハマっています。
白米は柔らかすぎて食べた気がしない上、そのせいで食べすぎてしまう傾向にあります。
玄米だと適度な歯ごたえに満足感があり、しかも白米だと失われてしまうミネラルがしっかりと残っています。
好みがはっきりと分かれる食材なので、複数の人で共用する炊飯器だと、どうしても白米を選ばざるを得ません。
そこへいくと、ほっとハウスでお昼を作る時には毎回一人分だけ炊いて食べているので、玄米を楽しみたい僕には好都合です。

子どもの頃は、玄米が苦手だったのですけどね…。
これもやっぱり歳のせい??


     * * *


先日、ネット上で興味深い記事を見つけました。
【日本人の5人に1人が該当する「HSP」って?】
https://ddnavi.com/news/396370/a/
とても気になったので、自分なりに調べてみたことや考えたことを、ちょこっと簡単にまとめてみました。

生まれつき、高度な感覚処理感受性を持っている人のことを、HSP(Highly Sensitive Person)と呼びます。
全人口のうち、5人に1人がこれに当てはまるとされています。

特徴としては、音や光、匂いなど刺激に敏感に反応することが挙げられます。
より多くの情報を受け取ることができるので、察知や観察に優れていて、ちょっとした変化にもすぐに気づくことができます。
その反面、受け取りすぎる刺激は負荷にもなり、驚きやショックを受けやすくなってしまいます。

また、五感を通して得られた情報は、より深く徹底して処理しようとします。
たとえば、相手が「何気なく」発した言葉であっても、相手の仕草や言葉の裏などを深読みして、その言動の「真意」を探ろうとする等です。
洞察や考察が豊かなので、ひとつの物事にじっくり取り組むような仕事に向いているとされます。
その一方で、短い時間にたくさんのことを同時にやろうとすると、処理が追いつかなくなり混乱を来たすこともあります。

このような事情を知らず、驚いたり混乱したりする姿ばかりに注目して、神経症などの疾患や精神的な障害だと決め付ける人も居ます。
でも、これはとんでもない誤解です。
欠点ばかりを取り上げて、その人の持っている「良さ」を見つけ出そうとしていないからです。
生まれつき高度な感覚や処理能力を持っていることが、短所なんかであるはずがないのですから。

今の社会は、「異物」を排除しようとする傾向が強い社会です。
でもそれは果たして本当に異物なのでしょうか。
多数派の人にとって理解ができないものを、異物だと決め付けているだけではないでしょうか。
人は生きている限り、病気や怪我などとは無縁ではいられません。
住むところが変われば、多数派と少数派が逆転することだってよくある話です。
少数派に「転落」することを恐れて、多数派に残ることに執着する社会。
果たして、こんな社会が生きやすい社会と言えましょうか。

人は、ひとりひとり違って当然です。
多数派も少数派もありません。
ましてや異物と決め付けて排除するなど、決して許されることではありません。
皆が同じように考え、同じように行動することを要求する社会は、いずれ行き詰ります。
人と違った考えや行動を完全に封じ込めてしまうことは、客観的な判断や成長の機会まで奪ってしまうからです。

ひとりひとりが持っている良さをお互いに認め合い、それを十分に活かす事ができる社会。
それこそが、誰にとっても生きやすい社会なのではないかと僕は考えています。

(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク