FC2ブログ

歴代1位?

20180618_1.jpg
→pixivで見る

地震、豪雨と来て、今度は猛暑です。
京都の38℃超え連続日数が観測史上最長記録を更新。
7月20日に連続7日という記録を打ち立ててしまいました。
最高気温の方も7月19日が観測史上最高記録と同じ39.8℃。
猛暑日も14日連続となりました。

ラジオで「気合いや根性で乗り切れる暑さではない」と警告されるほどの暑さ。
自宅療養中の身なので、外出する機会がほとんど無いのは幸いでした。
エアコン完備という申し訳ないぐらい贅沢な環境下で、無事に乗り切ることができました。

台風12号の接近で暑さは一段落しましたが、今度はこの台風がまたとんでもない曲者でした。
鎮座する高気圧に行く手を阻まれた台風12号は、なんと北上を諦めて西へ向かったのです。
東から台風が近づいてくる中、西には見事な夕焼け空。
そりゃもう不気味の一言でした。(><;)

前回アップした分の続きで、3週間分の日記をまとめてアップさせて頂きます。


     * * *


7月9日(月)
起床時の体温は35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
終了後、路線バスと京阪電車を乗り継いで、京大病院へ向かう。
先日の地震のためか、昨日までの豪雨のためか、屋根をブルーシートで覆っている家を、車窓から何軒も見かけた。
祇園祭が始まっている京都市内は、空一面に青空が広がり、じっとしていても汗ばむほどに蒸し暑かった。
京大病院西病棟の前を流れる鴨川は、川岸の遊歩道が通れる程度にまで水位が下がっていた。
岸辺の草は下流に向けて一斉に倒れ、水面でくつろぐ水鳥の姿を見かけることもなく、轟々と水音が響くばかりの不気味な光景が広がっていた。
午前10時40分から精神科を受診し、いつもと同じくセルトラリン(抗うつ剤)を処方してもらい、電車とバスを乗り継いで帰宅する。
久しぶりの本格的な外出に足が痛み、帰宅後は自室で安静にして過ごす。
今日、梅雨明けが発表されたが、午後から急に曇りはじめて雷雨となり、一時は大雨警報が発令された。


7月10日(火)
起床時35.5℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
朝から真夏を思わせる晴天となり、気温もぐんぐん上がる。
昨日の外出で筋肉痛を覚悟していたが、いつもの関節痛程度で済んでいる。
浮腫みと薬疹による痒みは相変わらず続いているが、日常生活に影響が出るレベルではない。
今日は一日、自室で安静にして過ごす。


7月11日(水)
起床時36.1℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
肩の骨を折り自動車での移動を余儀なくされていたIさんから、医師からバイクでの移動が許可された旨の話を聞く。
終日、自室で安静にして過ごす。


7月12日(木)
起床時36.1℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
終了後、近所のスーパーへ買い物に出かける。
帰宅後は自室で安静にして過ごす。


7月13日(金)
起床時35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
今日は一日、自室で安静にして過ごす。


7月14日(土)
起床時35.1℃。
午前10時10分から内科を受診。
採血があるので、1時間前に病院へ着くように家を出る。
今日の京都は、照り付ける太陽と最高気温38℃の予想。
路線バスで病院へ向かうことを考えるも、炎天下の徒歩移動や時間待ちによるダメージ、そして病院までの距離を勘案して、効率良く移動できる自転車で向かうことにする。
血液検査の結果、白血球数が1,760/µl(基準値4,000~9,000/µl)まで下がっていたものの、赤血球や血小板は基準の範囲内。
6月25日の採血当日には検査待ちだったIL-2レセプター(腫瘍マーカー)も基準値内の352U/ml。(基準値122~496U/ml)
全体的には良好な経過なので、引き続き今まで通りに様子を見ることになる。
今日の京都は午後から最高気温38.5℃を記録したが、どうにか正午前には帰宅することができた。
水筒代わりにお茶を入れて持ち歩いていた500ml入りペットボトルは、帰宅前に空になった。
帰宅後は、自室で安静にして過ごす。


7月15日(日)
起床時35.4℃。
今日の京都は、昨日と同じく炎天下と最高気温38℃の予想。
昨日の状況を考えると教会を休んだ方が良いようにも思えるが、諸々の事情でしばらく教会へ行く機会を逃している上、今後のスケジュールを考えると今日を逃すといよいよ次回はいつになるか分からない。
無茶をしないよう用心するという前提で、教会の主日礼拝に出席する。
路線バス利用だと経路の関係で昨日にも増して徒歩移動が長くなるので、今日も自転車を利用する。
京都の最高気温は昨日を更に上回る38.7℃を記録したが、正午すぎには帰宅した。
帰宅後は、自室で安静にして過ごす。


7月16日(月)
起床時35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
祇園祭の前祭(さきまつり)宵山を迎えた京都は、いよいよ3日連続になってしまった38℃超えw/炎天下。
エアコンを上限の30℃に設定しているにも関わらず、夜までフル稼働だった。
流石に今日は外出を控え、終日自室で安静にして過ごした。


7月17日(火)
起床時35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
4日連続の38℃超え。
夕方になり雷鳴が聞こえてくる時間帯もあったが、天気が崩れることはなかった。
終日、自室で安静にして過ごした。


7月18日(水)
起床時35.9℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
今日の京都の最高気温は、今年最高の39.1℃。
夕方、雷鳴が聞こえてくる時間帯もあったが、今日も天気が崩れることはなかった。
終日、自室で安静にして過ごした。


7月19日(木)
起床時35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
終了後、近所のスーパーへ買い物に出かける。
帰宅後は、自室で安静にして過ごす。
今日の京都の最高気温は、観測史上最高記録に並ぶ39.8℃。
6日連続の38℃超えとなり、こちらは観測史上最長記録を更新してしまった。


7月20日(金)
起床時35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
今日の京都は、7日連続の38℃超え。
観測史上最長記録を再び更新した。
終日、自室で安静にして過ごす。


7月21日(土)
起床時35.9℃。
今日の京都は38℃にこそ届かなかったものの、命にかかわるレベルの暑さが続いていることに変わりはない。
終日、自室で安静にして過ごす。


7月22日(日)
起床時35.7℃。
こどものきょうかい夏キャンプへ出発するため、普段は姿を見せない子どもたちやその家族が大人数で教会に集まることになっている。
感染症へのリスクから、大勢の人で混み合う場所へは出かけないように言われているので、今日の主日礼拝は欠席させてもらう。
終日、自室で安静にして過ごす。


7月23日(月)
起床時35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
熊谷では41.1℃まで気温が上がり、国内観測史上での最高気温を更新したらしい。
京都でも38℃超えの日々が続いている。
今日は一日、自室で安静にして過ごす。


7月24日(火)
起床時35.8℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
終了後、近所のスーパーへ買い物に出かける。
帰宅後は、自室で安静にして過ごす。
薬疹に加え、暑さや湿度も関係しているのか、相変わらず痒みが続く。


7月25日(水)
起床時35.5℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
今日は一日、自室で安静にして過ごす。
最近、毎晩の飲酒量が減ってきている。
昨年の今頃であれば、ビール(という名の発泡酒)であれば500ml缶で3本飲んでいたものが、今は350ml缶1本でも満足している。
食事は普通に食べているので、これは良い傾向だと思う。


7月26日(木)
起床時35.5℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
終日、自室で安静にして過ごす。
夜、久しぶりに雨が降る。
雨脚は激しかったが、すぐに止んでしまった。


7月27日(金)
起床時35.5℃。
午前8時00分から訪問看護を受ける。
終了後、近所のスーパーへ買い物に出かける。
帰宅後は、自室で安静にして過ごす。
今日で14日連続の猛暑日となった。


7月28日(土)
起床時35.5℃。
今日は一日、自室で安静にして過ごす。
台風12号の接近により、猛烈な暑さは一段落。
午前中は久しぶりにエアコンなしで過ごすことができた。
それでも今日の京都の最高気温は34.1℃。
今までが暑すぎたというのが正解の模様。
夕方から暴風警報が発令される。
今回の台風は、東から西へ抜けていくという通常とは逆のコース。
湿り気を帯びた風が吹き付ける中、日没前の空を夕焼けが染めていた。
普段では考えられないだけに、不気味な光景だった。
日没後、まだ雨は降り出していなかったが、暴風警報に続いて大雨警報と避難準備が発令される。


7月29日(日)
起床時35.3℃。
午前2時頃、激しい風雨の音に目が覚める。
家が揺れるほどの暴風に恐怖して、なかなか眠ることができなかった。
朝になると雨風もすっかり収まり、警報等もすべて解除になった。
朝こそ台風一過の青空が広がっていたが、たちまち雲が広がる。
自宅に被害は無かったが、市内では店先のポール看板が倒壊する等の被害があったらしい。
終日、自室で安静にして過ごす。


     * * *


今日から6回目の抗がん剤治療が始まります。
これで第一段階目の治療が終了します。
当初の話では次に造血幹細胞移植を受ける計画だったのですが、抗がん剤が良く効いているので、方針を見直すような話も出ています。
いずれにしても、まだ完治した訳ではありません。
白血球の数値が回復していないので、感染症のリスクも相変わらずです。
無茶は控えて、養生に専念したいと思います。


(※この記事へのコメントは、SNS上にて受け付けています。)

テーマ :
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク