PS13形パンタグラフ

20100317_1a.jpg

にとりさん。。。
それ、のびーるアームと違う。。。

20100218_1a.jpg

■ PS13形パンタグラフについて ■

PS13形パンタグラフは、物資が極度に欠乏した太平洋戦争末期に設計された戦時設計のパンタグラフです。
限られた材料で、できるだけ簡便な工作で組み立てることを目的としており、管材の代わりに板材を曲げ加工した下枠や、斜材を廃した独特のスタイルが特徴です。
戦時設計のモハ63形電車やEF13形電気機関車に採用されましたが、本格的に使用されるようになったのはむしろ戦後。
運輸省規格形電車にも採用されたため、規格形電車の製造しか認められなかった戦後混乱期は、私鉄各社でもPS13形パンタグラフを搭載した電車が登場しました。
戦後製の標準形電車を特徴づけるアイテムであり、新性能電車モハ90形(のちの101系電車)にも引き続き採用されました。

国鉄初の特急形電車モハ20系(のちの151系電車)では、長時間の高速運転に適合したパンタグラフの開発が間に合わず、当初はPS13形パンタグラフを暫定使用していたことも特筆に値します。
その後、長時間の高速運転に適合したPS16形パンタグラフが開発されたことにより、以後製造された新性能電車はPS16形パンタグラフへ変更され、PS16形パンタグラフの時代へと突入します。

関東では使用機器の標準化が強力に推進されたことから、戦前製の車両もPS13形パンタグラフへ交換され、旧形国電の代名詞とも言える存在でありました。
一方関西では阪和電気鉄道からの引継車(クモハ20形等)がPS13形パンタグラフに統一された他は積極的に交換される事はなかった模様で、逆にPS13形パンタグラフを装備した101系電車を長らく見ることができました。

私鉄で使用されたPS13形パンタグラフは、戦後の混乱期を抜けるとそれぞれの会社で普通に使用しているパンタグラフへ交換されるケースが多かったですが、相模鉄道では引き続きPS13形パンタグラフを装備した電車を登場させ、アルミ車体とPS13形パンタグラフという独特のコラボを楽しませてくれました。

20090514_2a.jpg

PS13形パンタグラフよ、永遠なれ!

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク