仕事を休みました

20100805_1b.jpg

氷の妖精が居たので、冷たくしてみた。
まずは冷たい水を与えてみる。
持つ手の感覚が麻痺するほど大量の氷が入っているやつだ。
しかも、シロップを加えた上、ミントの葉を浮かべてある。
(以下省略)


   * * *


一度ヒントが見つかると、今まで見えて来なかったことが次々と見えて来るようになります。

今までは自分は「うつ」だと思っていました。
医者から出される抗うつ剤を、すがるようにして飲んでいました。
しかし、気分はますます悪くなる一方でした。

「うつ」というのは、症状のほんの一部だった。
そう考えると、思い当たる節がいくつも浮かび上がってきます。

コミュニケーション障害。
相手の真意が読み取れず、不安や不信が雪だるま式に拡大していく状態。
つまりは、相手のちょっとした動作や言葉に激しく振り回される状態。
肯定の言葉を聞きたいがために無理を重ね、最後は爆発してしまう。
内側に向かって爆発すれば「うつ」となり、
外側に向かって爆発すれば「パニック」となります。

相手に嫌がられているんじゃないかという不安感。
馬鹿にされているんじゃないかという劣等感。
仲間外れにされてるんじゃないかという疎外感。

実は、ほんの少しでも好意的な言葉をかけてもらえれば解消できるものでもあります。
なので、そういう人間関係が出来上がっている場所では、状態が悪くなることはありません。
でも仕事中は、なかなかそういう配慮はしてもらえず、状態は日に日に悪くなっていきます。
そこまで分かっているなら、自分でそう思い込めばいいと言う人がいるかもしれませんが、それでは駄目なんです。
思い込もうとすればするほど「疲労」がたまっていくのですから。

月曜日から始まり、水曜日までの3日間。
「疲労」はピークに達し、いつパニックを起こしてもおかしくない状態になりました。
なので、今日は仕事を休むことにしました。
一旦「疲労」をリセットできれば、明日からまた仕事が続けられると考えたからです。

どうやら、その読みは正解だったようです。
会社を休み、いつもの共同作業所に身を寄せ、一緒にお昼ご飯をたべて、しばらくお喋りしたら、3日の間に積み重なっていた「疲労」がみるみる消えていきました。

明日は再び仕事に戻ります。

テーマ : 広汎性発達障害
ジャンル : 心と身体

プロフィール

かずや(京ヤワ)

Author:かずや(京ヤワ)
河津屋京柔/かずや(京ヤワ)は、京都府下在住の東方好きなMacユーザーです。
昔は電車小僧。今は鉄道おじさん。多分この先も?
発達障害の一つ、ASD(自閉症スペクトラム)であることを知ったのは、40歳手前のことでした。
開き直るほどタフじゃないけど、生きるのが随分と楽になりました。
毎週日曜日にキリスト教会に通う程度には信心深いようです。
ちまちまとパソコンでお絵描きしたりしていますが、最近は寡作気味です。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク